過去問は学校からのメッセージである!出題された文献は自分で手に入れて読んでみる!

今回のポイント
過去問は大学/大学院からのメッセージである!
出題された文献を、
自分で手に入れて読んでみよう!

 

受験する際必ず見るべきものは?

 

突然ですが、
受験をする際、
必ず見るべきものは何でしょうか?

 

 

色々な回答がありますが、
一番に見るべきは
「過去問」です。

 

過去に入学試験に出題された
問題を「過去問」と呼んでいます。

 

 

この「過去問」、
大学/大学院によっては
ネット上で公開されていることもありますし、

学校側に請求をしたら
送ってもらえることもあります。

(もちろん、
市販されていることもあります)

 

過去問は大学からのメッセージである!

 

 

「過去問」を見てみると、
出題形式がわかります。

 

 

ですが、過去問というのは
「どんな問題が出るか」を知るためだけに
役立つものではありません。

 

 

過去問というのは
実は大学/大学院からのメッセージです。

特に小論文試験の過去問には
大学/大学院からの「思い」が詰まっているのです。

 

 

 

例えば、です。

 

 

小論文試験の過去問で
毎回新聞記事から出題される
大学/大学院があります。

 

 

 

こういう場合

「本学への入学を希望するなら、
少なくとも新聞くらいは読んでおけよ」

というメッセージを伝えているわけです。

 

 

 

なので、過去問で出題されるような
文献や新聞については
日頃から読んでいたほうがいいのですね。

 

 

大学/大学院の過去問を見てみると、
多種多様な文献から出題されているのが分かります。

 

 

新聞記事はもちろん、
新書や専門書など
種々あります。

 

 

もし大学/大学院の小論文入試対策をするなら、
引用されている文献について
自分で入手して読んでみたほうがいいです。

 

 

おそらくは
「受験する人には
 ぜひとも読んでほしい」
という本がセレクトされているはずです。

 

 

だからこそ、
小論文試験の際
「引用文」として出題された文章の
「出典」を探してみると、

大学/大学院からのメッセージに
気づくことができるのです。

 

 

今回のポイント

 

今回のポイントです。

 

過去問は大学/大学院からのメッセージである!
出題された文献を、
自分で手に入れて読んでみよう! 

 

 

 

 

何度か言及していますが、
うちの塾からいちばん近い大学院は

「小樽商科大学大学院
 アントレプレナーシップ専攻」

です(通称OBS。仕事をしながら通学し、MBAが取れます)。

 

 

このOBSの
過去問を見ると、

大学院からのメッセージが
極めて明快に描かれています。

 

 

小樽商科大学の「小論文」試験の 過去問には
毎回「日経新聞朝刊・経済教室」の欄から
出題されています。

 

 

毎回同じ場所から出てくるので、
過去問を解いていて

「うわ、また日経新聞の
 【経済教室】からの出題だ…」

などとイヤになってくるほどです 笑

 

 

 

 

…でも、これこそまさに
OBSからのメッセージなのですね。

 

OBSのメッセージは

「うちの大学院を目指すなら
 毎日 日経新聞くらいは読んでほしい」

というメッセージを示しているわけです。

 

 

つまり、日々の経済ニュースに親しみ、
自分なりの知見を持った人材に
OBSに来てほしい、という思いが表れているわけです。

 

 

 

他にも、大学/大学院の過去問を分析すると
先方がどのレベルの文献を普段から
読んでほしいと思っているかが
イヤでも伝わってきます。

 

だからこそ
学校側の思いを知るためにも
「過去問」、

特に小論文試験の「過去問」の出典元も
読んでみてくださいね!

 

 

 

ではまた!

 


☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください