「ヤル気がしない…」自分におさらばできる!ポモドーロ・テクニックで集中して仕事・勉強に取り組む方法




今回のポイント
「25分集中+5分休憩」のセットで
集中した学習・仕事が可能になる!
集中を高めるアプリを積極的に試してみる! 

 

「せっかく時間を取れたのに、集中できなかった…」という悲劇

 

☆本日の内容は動画でもお伝えしています。
動画にしかない内容もありますので
気軽に聞き流してみてください。

 「なんだか、なかなか集中できない…」

 

「まとまった時間を取れたのに、
ついついダラダラして
結局何もできなかった…」

 

こういうことって
ありませんか?

私も時折あります(笑)。

 

 

忙しいときは
イヤでも集中できるのですが、

忙しさが少し収まったあたりの時期だと
あっという間に「やる気」が下がってしまう。

 

こういうことって
けっこうありますよね。

 

やる気がカンタンに高まる!ポモドーロ・テクニックを使おう!

 

 

そんなとき、オススメな方法があります。

それが
「ポモドーロ・テクニック」
と呼ばれる手法です。

 

ポモドーロとは
「トマト」の意味です。

元は
トマト型のキッチンタイマーを用意し、
時間を区切りながら仕事・勉強に取り組むことを
指していた方法です。

 

 

やり方としては
キッチンタイマーで25分を測り、
その時間集中して仕事・勉強に励む。

 

そして、25分後は
5分を測って休憩する。

 

 

これをセットにして取り組むと
疲れること無く仕事・勉強に
取り組んでいける、というテクニックです。

 

 

これ、私も最近活用していて、
効果を実感しています。

 

25分だとイヤイヤながらも
集中できますし、

5分休憩することで
再び新鮮な気持ちで
仕事・勉強に向き合うことが出来ます。

 

 

このポモドーロ・テクニック、
とても使えますよ!

 

 

(だまされたと思ってやってみてくださいね!
ホント、意外なほど集中できますので!)

 

 

キッチンタイマーのセットが面倒なら、このスマホアプリを使おう!

 

 

ただ。

 

 

キッチンタイマーを毎回設定するのが
面倒だと思っていました。

 

「自動で25分の設定と
5分の設定をやってくれるアイテムって
ないかな…?」

そんなとき出会った
あるスマホアプリがあります。

 

それが

「Focus to do」

というアプリです。

 

 

iPhone用のアプリですが、
アンドロイド用のものも出ているようです。

 

 

このアプリの便利なところは
「25分」経ったらタイマーで教えてくれるだけでなく、
次の5分休憩も
キチッと測定できるところです。

 

このアプリだと
25分経った後は
勝手に「5分」の休憩タイマーが
表示されます。

 

 

おまけに
1日何セット(25分+5分休憩が何セットだったか)
取り組んだのかを
カレンダーでまとめてもくれます。

 

なので
「今日は何セットがんばれたか」
がひと目で分かるのです。

 

 

Focus to doで気合が入る!

 

私のように
ふだん1人で仕事していると、
「どれだけ仕事したか」
「どれだけ集中して勉強したか」
が曖昧になりがちです。

 

 

そういうときに
スマホの「Focus to do」を
使うだけでだいぶ気合の入り方が変わります。

 

 

「疲れたから、
もう休もう」

と思うときにアプリを見ると、
あと7分と表示されていることがあります。

 

 

「よし、あと少しだから
このまま頑張ろう!」

そんな思いで
最後まで勉強や仕事に取り組めます。

 

 

そんな意味で
「Focus to do」、
便利ですよ!

 

☆こちらからダウンロード可能です↓

アップストア版
Google Play版

 

今回のポイント

 

今回のポイントです。

 

「25分集中+5分休憩」のセットで
集中した学習・仕事が可能になる!
集中を高めるアプリを積極的に試してみる! 

 

 

自分が集中できるアイテムを見つけよう!

 

 

スマホアプリには
「スマホゲーム」のように
時間をひたすら食うアプリがあります。

 

 

これ、下手に取り組んでしまうと
仕事や勉強時間を
膨大に奪うものになってしまいます。

 

 

なので私、
スマホゲームは
「一切やらない」
と決めています。

 

 

そうじゃないと、
私は意志が弱いので

「徹夜でスマホゲームをやってしまった・・・」

などという現象が
起きかねないのです。

 

 

スマホアプリには
ゲームのようにただ時間を奪うだけのものも
多いですが、

今回ご紹介した「Focus to do」のように
学習や仕事の効率を大幅に高めてくれるものも
多数あります。

 

 

こういったものを
適時試して

「自分の集中力を高める工夫」

を多く取り入れてみることが
仕事・勉強の効率アップに繋がります。

 

 

こういう工夫で仕事の効率を高めるだけでなく、
勉強効率も上げていくと
大学院合格も見えてくるはずです。

 

 

ぜひ試してみてくださいね!

 

ではまた!