「いま」役立つ本だけを読んでいてはダメな理由。業務の合間に、仕事よりも数倍難しい本を読むメリット。





今回のポイント
変化の時代こそ
専門書をじっくり読み解く!
難しい概念との格闘が、
自分の知能を磨いてくれる!

 

『ポピュリズムとは何か』を読んでいます

 

いま学生さんと
毎回本を決め、授業までに読んでいます。

 

講座の中で
感想や意見を
ディスカッションしているのです。

 

 

いま読んでいるのは
『ポピュリズムとは何か』という本。

 

 

 

アメリカ・ヨーロッパはもちろん
日本で広まりつつある
「ポピュリズム」についての
専門的な本です。

 

 

よく「大衆迎合主義」と言われる
ポピュリズム。

 

ですが本書では、
通常思われている認識と違い、
ポピュリズムも「民主政」を重視している、との指摘が
興味深いです。

 

 

ただ、それが「間接民主制」ではなく
「直接民主制」を重視するところが
ちょっと違うようです。

 

 

 

読んでいて
「そうだったんだ!」
という発見の多い本です。

 

たいへん勉強になります。

 

「すぐには役立たない」本だからこそ、将来的に役立ってくる!

 

ただ。

 

こういう本って、
別に読んだからといって
「すぐ役立つ」ことは
まずありません。

 

 

読んでみても難しくて
ちんぷんかんぷん…。

 

 

 

そんなときもあります。

 

頑張って読み解くなかで、自分の頭のOSがバージョンアップしていく!

 

それでもなぜ読むかと言うと
頑張って読み解く中で
「物事の見え方が違ってくるから」、です。

 

 

もっと言えば
「自分の頭」というOSが、
バージョンアップされるから、
と言ってもいいでしょうか。

 

 

 

専門書や思想書など
難しい本は
読んでもよく分かりません。

 

 

そのため、
じっくり考えつつ
読んでいく必要があります。

 

 

本の文字を追い、
「これはどういうことだろう」
「この部分は何を意味するのだろう」
と考えていきます。

 

 

 

すると、
本に書かれているような仕方で
物事を考える事ができるようになるのです。

 

 

 

その意味で思考力も磨かれますし、
物の見方も深くなります。

 

 

 

頭のOSが
バージョンアップされていくのです。

(OSというのはWindowsや
MacOSなど、
パソコンを動かすための中心的なプログラムのことです)

 

 

これは単に
「ハウツー本」や
「ビジネス本」などで

「やり方だけを知る」
「情報・知識だけを得る」

読み方とは全く異なります。

 

 

わかりにくい概念・
難しい言葉を目にしつつも、

「自分なりに、
なんとしても分かりたい!」

「読み解きたい!」

という想いを持って
文章に挑戦していく。

 

 

このなかで
思考力や発想力が
磨かれていくのです。

 

 

 

私は「文章」の塾を経営している以上、
受講生の方とこういう勉強が日常的にできるのが
ホントありがたいことだ、と思っています。

 

そうやって自分自身のOSを
「イヤでもバージョンアップする」機会を
頂いているからです。

 

 

学生さんからも好評です!

 

幸い、一緒に読んでいる
学生さんにも

「知らないことがわかってきて
本を読むのが好きになってきました!」

と言ってもらえているのが
嬉しいところです。

 

 

今回のポイント

 

 

今回のポイントです。

 

変化の時代こそ
専門書をじっくり読み解く!
難しい概念との格闘が、
自分の知能を磨いてくれる! 

 

 

「いま」必要な知識が求められるときだからこそ。

 

 

私、この所各種申請書類
作成のお手伝いなど、

「いま」必要な仕事のご依頼が
このところ多いです。

 

 

こういう「いま」必要な仕事に取り組む時間も
大事ですけど、

その合間で専門の本・
ちょっとむずかしい本を
じっくり読み解くひと時も
重要だと思っています。

 

 

時代に取り残される前に・

 

人間、「いま」のことだけに追われていると
すぐ時代に取り残されます。

 

 

「いま」役立つ知識ばかりを得ていると、
すぐに古びてしまうからです。

 

 

だからこそ、
わかりにくい概念・
難しい言葉と格闘しつつ

「将来的に役立てるための蓄積」をすることが
重要です。

 

 

そのために、
難しい概念が書かれた
専門書を読む時間を
大事にしたいです。

 

 

読書をすると頭がスッキリする理由

 

 

それに、
バタバタ忙しい業務の合間に
難しい本を読んでいくと

なんだか頭がスッキリしてきます。

 

 

 

 

 

仕事は「非論理」な所も多いですが、
本は「論理」でできています。

だからこそ、
本を読むだけで
頭がスッキリ整理されてくるのです。

 

仕事よりも数倍難しい本を読むメリット!

 

ポイントは今やっている仕事よりも
数倍「難しい」本を読んでみることですね。

 

 

するとなぜか仕事が
「簡単」に感じてくるものです。

 

 

忙しい合間にこそ
難解な本・
頭をフル回転する必要のある書物と
格闘するひと時を

つくっていってみてはいかがでしょうか?

 

ではまた!

☆読書のポイントをまとめました!

アウトプットにつながらない
インプットは無意味である!フジモト流読書術

アウトプットにつながらないインプットは無意味である!フジモト流読書術


「文章、ぜんぜん書けない…」「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、【フジモトのカクロン】メルマガです。

文章アドバイザー・藤本研一が365日毎日【無料】朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

はじめての方はこちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


one × five =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SNSでシェア