大学受験・就職活動にも役立つ!同じような本を読み続ける、2つの効果








同じような本ばかり読むのって、そんなに悪いこと?

本を読んでいて、ふと「同じような本ばかり読んでいるな」と気付きませんか?
「なんか似たような本ばかり読んでる」
自己啓発本にも、同じような本が多いです。

本棚にも似たようなタイトルの本が並んでいることもあります。

bookshelf-413705_960_720

かくいう私もその一人。
本棚には「整理術」「シンプルライフ」「ノマドライフ」「お片づけ」「掃除」「断捨離」などという似たような「整理法」関係の本が並んでいます。

 

図書館や本屋でも、整理法関連のコーナーに目がいきます。

このことを見て、あなたは「同じような本ばかり買ってしまったり、読んでしまったりするのって、無意味じゃないの?」と思いませんか。

私もよく言われます。
「もっと違うのを読めばいいのに」などと。

同じような本ばかり読むのって、悪いことのように思われています。

ですが、調べてみると、どうも違うようです。
逆に、同じような本ばかり読むことの方が効果的・効率的な学習につながるのです!

同じような本ばかり読むことには、2つの効果があります。

効果1)記憶に定着する!その分野の専門家になれる!試験に受かる!

同じ種類の本を読み続けるのって、記憶に残ります。
心理学的に見ても正しいそうです。

人間は10%だけ違う本を読むとより記憶が強くなるそうです。
同じジャンルの本を読むことで、そのジャンルに詳しくなれます。

テレビのコメンテーターを務めている、
大学の教授や研究者を思い出してください。

彼らがやたら詳しいのは、似たような本を大量に読み込んでいるからです。

その分野の専門家・プロフェッショナルになるには、似たような内容の本を読みこめばよいのです!

同じような本・似たような本をずっと読むことで、大学受験にも合格する!

ちなみに早稲田大学受験も私は「同じような本ばかり」読む方法でクリアしました。
現役で早稲田に合格したのです。

現役で早稲田に合格するには、普通「国語」か「英語」で勝負をします。
「日本史」「世界史」で勝負をしたら、ほぼ落ちます。

なぜか?

それは「浪人生」というベテラン受験生がいるからです。

彼らは現役生の倍の時間、勉強しています。
「日本史」「世界史」のように情報量の暗記が必要な科目では、浪人生に勝てないのです。

それでも私は「日本史」で大学受験に勝負しました。

 

どうしてかって?

それは「日本史」が好きだから。

 

好きなら、ずっと勉強していも飽きません。

だから暇さえあれば「日本史」の本を何十冊と読みました。

『石川日本史B講義の実況中継』や『菅の日本史B実況中継』、『超速!日本史の流れ』や日本史系の新書をずっと読み続けていたのです。

ずっと読んでいると、いろんな作者の切り口から同じ内容を学ぶことができます。
すでに知っている内容に「少し」違う角度からの知識が入ることで、記憶に強く残るのです。

そういうわけで、イマイチ「国語」「英語」の点が取れなかった私も、無事現役合格できたわけです。

pc112369-500x375

効果2)効果的なプレゼン方法・情報の適切な伝え方が身につく

情報の伝え方について、自分なりに分析できる。

ちょっと前から整理法関連の本をよく読んでることは言いました。
整理術も断捨離本もシンプルライフの本も、どれも面白いです。

syougakkou_souji

そこで気付いたのが、結局はどの本も「同じ」ことを違う言い回しで言っているにすぎないこと。

でも、表面は違うことを言っているのです。

〈ちょっとずつものを片付けていっても、すぐにリバウンドするから意味が無い。やるなら一気に短時間で片付けるべき〉(『心がときめく片付けの魔法』)

「1日に一つだけ引き出しを片付けていく」(『持たない暮らし』)

また、「こうすると片付く!7つの習慣」のような「習慣」に特化したものや「読み物」に徹したもの、写真・ビジュアルにこだわったものなど様々です。

切り口の違い、イラストや図の入れ方、主張の根拠になる「専門家の発言」の書き方などなど。

チェックリストがついていたり、「試した人の声」が載っていたり。

どの本も、それぞれ工夫をしています。
似た内容を、別の方法で伝えようと努力している様子が伝わってくるのです。

 

これ、「同じような本ばかり」読むことで得られる発見でしょう。

 

まあ、どの本も、下のような項目ばかり「整理法」として出ているのですが・・・。

 

横に置くと書類や本はそのまま。縦に置く。
床に物を置かないこと。
まず捨てる。捨てて後悔したらまた買えばいい。

おまけ「整理法」「お片づけ」「シンプルライフ」「断捨離」ならこの7冊!

 

せっかくなので、私が読んできた整理法系の本のうち、「これは役立つ!」というものを上げていきます。

 

ドミニック・ローホー『シンプルに暮らす』

某ミニマリストいわく「シンプルライフはこれ1冊でいい」というのがドミニック・ローホーさんの本。
読むと、衝撃を受けました。

日本の伝統をもとに、モノを持たない豊かな暮らしを提示してくれました。

私がモノを減らしてシェアハウスに入ったのも、
札幌の地に行くことを決意したのも、
もとはこの本の影響です。

『心がときめく片付けの魔法』

近藤麻理恵さん(通称こんまり さん)の著書。
モノをすべて床にまず並べ、手に持った時「ときめく」「ときめかない」で分けていく。
そして「ときめかない」ものは全て捨てる。
すると理想の生活が手に入る。

この本、素敵ですね〜。

後述する『超一流の整理術』にある「自分を高めないものは捨てる」(つまり、自分を高くも低くもしないものもすべて捨てるということ)と近い考え方です。

 

『僕たちにもうモノは必要ない』

 

ガランとした部屋。
実はそれが居心地が良いということをこの本は教えてくれました。

大好きな本です。

『魔法使いのシンプルライフ』

生活を公開するタイプのシンプルライフ本。
服を厳選したり、家具を断舎離したり。

それによって楽しく生活しているエリサさん。

ご自宅も訪問させてもらいましたが、すごく居心地のいい空間でした。
その時のブログもあるので、ぜひ御覧ください。
『トランクひとつのモノで暮らす』を読む。〜著者のエリサさん宅を訪れて〜

 

『佐藤可士和の超整理術』

 

ユニクロのロゴを作ったり、SMAPのキャンペーンをしたりと、
多方面で活躍中の佐藤可士和さん。

その発想の秘密は「整理」にあるということを解説した本。
アイデア出しも情報をスッキリ整理することから見ていくこの本。

面白いです。

 

『超・整理法』

野口悠紀雄さんの本。
紙書類はすべてA4封筒に入れて本棚の一方の端から同じ順番で立てて入れていく。
こうやって時系列で紙は管理するほうがいい、という画期的な本です。

うちでも使っています。

 

『超一流の整理術』

中谷彰宏さんには、あとあと見ると「時代の先を行っている」本がたくさんあります。
誰も「断捨離」や「シンプルライフ」を言い出す前に、「超一流の整理術」をはじめとした著書を出しています。

学生時代からずっと私の家の本棚にある、希少な本。
(引っ越しの度に本は半分に減っているのに)
しかも、何度となく読み返しているのです。
今でも読んでいます。

ある意味、フルタイムの教員という「仕事」を捨ててしまう選択をしたのも中谷彰宏さんのこの本が原因です(感謝もしています)。

 

これらの本。
いまだに読む度心がときめきます。

 

今後もきっと、私はこの整理法関連の本を読み続けていくことでしょう。

そこからの気付きを、今後も大事にしていきたいと思います。

 



こちらもオススメ!

小論文学習サイト紹介。
作文のコツ⑦作文こそ、口ベタ人間の生きる道!
作文のコツ⑫「一人」を決め、その人のために書く!

おかげさまで、人気ブログランキング
「国語科教育」部門 第1位!1日ワンクリックを願いします!


教育・学校 ブログランキングへ

 


「文章、ぜんぜん書けない…」「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、【フジモトのカクロン】メルマガです。

文章アドバイザー・藤本研一が365日毎日【無料】朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

 

はじめての方はこちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


one + 10 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください