札幌市の人口と全国の個人事業主の数、どっちが多いと思いますか?ネットで数値を調べると説得力が高まる!

今回のポイント
数字を知ることは事実を知ること。
自分が関わっている業界の人数が
一体どれくらいかを調べてみると、
業界の見え方が変わってくる!

 

日本全国に個人事業主はどれくらいいる?

 

最近調べていて
驚いたことがあります。

 

それが
日本にいる

  個人事業主の数

です。

 

個人事業主とは
要するに【自営業】の人のこと。

 

 

会社法人等を持たず、
個人で仕事をしていることのことを
いいます。

 

 

人を雇用している人もいますが、
大体は自分ひとり
(あるいは家族)で
経営をしている人のことです。

 

 

日本にいる
個人事業主の数。

 

 

一体何人くらいいるか
ご存知でしょうか?

 

 

そう思って2020年版の
小規模企業白書
(中小企業庁編)を
見てみました。

 

札幌市の人口と全国の個人事業主の数、どっちが多いと思いますか?

ちなみに。

札幌市の人口と
全国の個人事業主の数、

どっちが多いと思いますか?

 

なんとこれ、
【ほぼ同じ】
なんですね〜。

 

 

札幌市の人口は【196万人】
(2019年推計人口)なのに対し、

個人事業主の数は全国で【198万者】(2016年)です。

 

 

 

…厳密には個人事業主の方が
ちょっと多いわけですが。

 

むろん、この数には
私も入っています。

 

(開業届を出していない
「フリーター」
「フリーランス」は
この数には入っていません)

 

個人事業主は全人口の約1.65%

 

個人事業主の数198万者というのは、
【全人口の1.65%】
になります。

 

割合としては
めっちゃくちゃ小さいわけです。

 

このところ、
「フリーランス」や「起業」という言葉を
よく聞くようにもなっていますが、

実は【個人事業主】の数は
年々減り続けています。

 

これ、
割と世間一般の
イメージとは反しているかもしれません。

 

 

 

例えば、1999年に【319万者】だった
個人事業主の数は
2016年には【198万社】となっています。

 

約6割に減少しています。

 

「起業ブーム」なども
2000年代にあったように
記憶しているので、

この数字はちょっと不思議な気がしています。

 

 

…実は個人事業主の大部分は
昔ながらの商店街にあったような
「個人商店」なのです。

 

「個人商店」経営者の高齢化によって、
いま【個人事業主】は減り続けているわけです。

 

 

個人事業主の半分以上は70歳以上?

実際、
2018年には70歳以上の個人事業主が
【90万人】となっています。

 

先程の数に無理に当てはめれば
個人事業主の【半分以上】が
70歳以上、ということになるわけです。

 

 

 

…確かに、例年
確定申告する際、

 「やけに高齢者の方ばかりいるな・・・」

と思っていましたが、
そういうことだったんだと今気づきました。

 

フリーランスは300万人。

 

ちなみに、
開業届を出していない人も含めた
「フリーランス」は300万人、

副業でフリーランスをしている人は
140万人存在しています。

(リクルートワークス研究所 2018年調査)

 

 

自分の業界の人数、多めに考えてしまいがち。

 

私自身は高校教員を辞めて
【個人事業主】として
文章指導の塾を経営しています。

 

その縁で
同じく【個人事業主】の知り合いも多いです。

 

 

…だからこそ、
意外と日本全国の個人事業主が
少ないことを知り、
愕然としたのを覚えています。

 

 

何事も、
自分が関わっている分野の数を
多めに考えてしまうことがある。

 

それを実感しています。

 

今回のポイント

 

今回のポイントです。

 

数字を知ることは事実を知ること。
自分が関わっている業界の人数が
一体どれくらいかを調べてみると、
世の中の見え方が変わってくる!  

 

 

全国にいる高校教員の数は?

 

ちなみに。

私の前職は
高校教員です。

 

高校教員の数は全国で
23万1,342人(2019年)。

 

これは
札幌市中央区の人口と
ほぼ同じくらいです。
(中央区は24万5,997人)

 

 

 

高校だけでなく、
日本の学校教員の人数の合計は、
幼稚園から高校まで全部合わせて
約110万人。

 

 

これは仙台市と同じくらいですね。
(仙台市108万2,159人)

 

 

ネットで数値を調べてみる!

 

 

こういう数値はネットで調べると
すぐに見つかります。

 

ピッタリの数字が出ないときも、
政府統計や白書をめくり、
電卓で足したり引いたりしたら
すぐに出せるのです。

 

 

現に、さきほども
日本全国の学校教員数は
電卓で足して出した数ですし。

 

 

こういう数値って、
探せばすぐ出せる以上、

資料を作る時・
文章を書く時、
適切に書き込めると
読み手への説得力が高まります。

 

 

 

興味のある分野や
自分の業界について、
一度【数値】を出しているみることを
オススメしますよ!

 

そしてその数値を
日本の市町村人口などと
照らし合わせてみることです。

 

意外な発見があることも多いですよ!

 

 

ぜひあなたもやってみてくださいね!

ではまた!


☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください