「勉強になった」と考えるだけで満足してません?セミナーや勉強会を120%役立てる方法とは?


今日のポイント
単に「勉強になった」と思うだけだと
もったいない!
「どう役立てていくか」を考えよう!

「勉強になった!」と言うだけになってませんか?

 

「○○について、
 たいへん勉強になった!」

 

セミナーや講演会、
勉強会などに出る際

「たいへん勉強になった!」

と言う人って多いです。

私自身もこう言うことがあります。

 

けっこう口癖のように
「勉強になった!」
と言っています。

 

ただ。

「勉強になった」と「言うだけ」で終わっている人も
けっこう多いです。

 

 

セミナーや勉強会において
「出るだけ」で何かを得た気になる人も
多いです。

 

かくいう私も
その傾向があるので
自戒の意味を込めて書いています 笑

 

単に「勉強になった」と感じているだけだと
自分にはほとんど「変化」が生じないのです。

ただ時間を過ごしただけで
「タメになる話を聞けた」
と考え、
結果何も身についていないということもあるのです。

 

勉強するって、要するにどんな意味ですか?

 

ここで1つ、
根本から考えてみたいことがあります。

 

それは「勉強する」ということの
意味です。

 

 

「勉強する」とは
本質的には何をすることでしょうか?

あなたはどう考えますか?

 

「勉強する」ということの意味、
考え出すとなかなか難しいですよね。

 

 

私の持論になりますが、
「勉強する」とは要するに
【変化する】、ということです。

勉強する前と勉強した後で
何らかの「変化」があるのが
「勉強する」ことだ、と考えています。

 

数学の例

 

たとえば数学の勉強の例で
考えてみましょう。

 

数学を勉強する、というのは
数学の公式を覚え、
問題を解けるようになることです。

 

数学を勉強した、と言えるのは
いままで解けなかった問題が
解けるようになることをいいます。

 

高校生にもなって
小学生の九九の問題を解いても
それは「勉強した」ことに
ならないのです。

 

 

できることをいくら行っても
勉強したことにはなりません。

 

ではどうしたらいいのでしょうか?

それが
【変化する】、
ということなのです。

 

数学の勉強をして
いままで解けなかった問題が
解けるようになる。

これは
「問題が解けなかった」自分から
「問題が解けるようになった」自分に
変化することにほかなりません。

 

英語の例

 

英語の勉強も同じです。

ある英単語を知らない状態から、
英単語を覚えて
その英単語の意味が言えるようになったとします。

 

これはある英単語を知らない状態から
知っている状態に
変化したことを意味します。

 

勉強するとは「変化する」ということ!

 

実は「勉強する」というのは
本質的には
なにか【変化する】ことと同じなのです。

 

 

ここで考えるべきは
冒頭に書いた内容です。

セミナーや勉強会に出て
なにか情報を聞く。

 

何かを知っただけでは
それほど自分自身に
「変化」は生じていないのです。

 

では何をしたらいいかと言うと、
セミナーや勉強会で学んだことを
自分なりに整理することが必要なのです。

 

要するに
「自分の言葉で説明できるようになる」
ということです。

また、
「自分の行動を何か1つでも変化させる」
ということです。

 

 

さいきん、私はセミナーや勉強会に出る際は
必ずノートを持っていっています。

 

セミナーや勉強会の内容を
ノートにまとめるだけでなく、
「これからどうするか」
「どう活かしていけるか」

という内容も書くようにしています。

 

これからの「行動」についても
書いているのです。

 

そうやって
セミナーや勉強会を出た後、
何らかの【変化】が起きることを
目指しているのです。

 

例えば、先日
情報発信の仕方についてのセミナーに参加しました。

Webサイトの書き方についての内容を聞き、
「今日習った内容で
 新たに自分のサイトを追加で作る」
とノートに書きました。

それだけでなく、
手帳にも予めスケジュールに
盛り込みました。

 

こうしたことで
イヤでも来週には
実行することになっています 笑

単に参加するだけでなく、「変化」していこう!

 

大事なのは単にセミナーや勉強会に出て
「なんかいい話を聞いた」
だけで終わらないことです。

 

セミナーや勉強会を受ける前から
何らかの【変化】をしていく必要があるのです。

 

だいたい、セミナーや勉強会に出るのって
絶対なんらかのコストがかかっているんですよ。

 

参加料の形でお金もかかります。

2時間のセミナーでしたら
自分の「時間」を2時間も投資したことになります。

 

2時間投資するということは
要するに寿命を2時間縮める、
ということと同じなのですね。

 

それに2時間セミナーに参加する分、
やる気というエネルギーも使用することになります。

 

 

お金も時間もエネルギーも使って参加する以上、
ただ「勉強になった」だけだと
ホントもったいないのです。

 

今日のポイント

 

今日のポイントです。

・・・・・・・・・・・・・・・・
単に「勉強になった」と思うだけだと
もったいない!
「どう役立てていくか」を考えよう!
・・・・・・・・・・・・・・・・  

 

セミナーや勉強会を役立てるのは、結局自分の問題だ。

 

よく
「セミナーや勉強会に出ても
 何の役にも立たない」
と言っている方がいます。

 

これ、大きな誤解です。

 

 

セミナーや勉強会が
役立つ・役立たないは
究極的には参加する側の
「思い」次第なのです。

 

他の人が「つまらない」と思っていることでも

「何か役立てることはないか?」

と考えていくと
とたんに役立つようになります。

 

私も最近は
単に「勉強になった」とだけ思うのではなく
「どう役立てていけるか」
考えるようにしています。

 

そのためのポイントは
【アウトプットを意識すること】です。

 

セミナーや勉強会で学んだことを
ノートにまとめたり、
ブログやFacebookなどのSNSに
書いてみたりすることです。

 

アウトプットとして文章にまとめると
「どう役立てられるか」
イヤでも考えることができます。

 

セミナーや勉強会の中身を
自分の言葉でまとめてみることで
ほんとうの意味で理解することができるのです。

 

 

かくいうこのブログ&メルマガも
私自身がセミナーや勉強会で学んできたことを
【アウトプット】する場でもあります。

 

ブログやメルマガで
アウトプットするようになってから
自分自身の勉強の仕方も
効率化したように感じています。

 

(最近はYouTubeへの動画投稿も
チャレンジしています)

 

ぜひあなたも
やってみてくださいね!

ではまた!


「文章、ぜんぜん書けない…」

「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、
キャリアアップ文章アドバイザー・
藤本研一がお届けする2つのメルマガです!

毎日届く
キャリアアップ文章アドバイザー・
藤本研一の書く技術か、

7日間限定の
7日間で文章の基礎が学べる
特別無料メルマガ講座か。

あなたはどちらを購読しますか?
あるいは両方 購読しますか?

どちらも【無料】
朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


two × 1 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください