「全然」を正しく使えていますか?普段の言葉を見直そう。





 

「全然、大丈夫」で大丈夫?

 

こんにちは、
作文・論文アドバイザーの
藤本研一です。

 

この間、
塾に来てくださった方とお話していて
はたと気づいたことがあります。

「あ、つい【全然、大丈夫です】って言っていた!」

 

無意識なのです。
無意識的に

「全然、大丈夫ですよ!」
「全然いけます!」

そういう言い方をしていました。

 

「全然」のあとは
「〜〜ない」が来るのが
ルールです。

 

「全然 問題ない」
「お金がぜんぜん足りない」

 

「全然」のあとは
「〜〜ない」という
否定形にする必要があるのです。

 

ただ。

 

確かに、
こういったサイトですと、
「全然」のあとに肯定形が来てもいい、
という言い方もしています。

「全然大丈夫です。」これって正しいの?

 

夏目漱石も
「全然」のあとに肯定形を
持ってきていましたし。

 

ですが、
どうせ使うなら
「正しいか正しくないか、不明確」
な使い方よりも

「正しい」と胸を張って言える使い方を
したいと思っています。

 

 

 

 

そんなわけで、
いま意識的に

「全然」を間違えて使わないように
気をつけています。

 

人間、
意識すればだいたいのことは
改善するものです。

 

やっていきます。

 

私がつい

「全然」の後ろに肯定形を付けていたら
ご指摘いただければ幸いです!

 

ともあれ、
普段から自分の言葉の使い方を
気にかけてみると、

意外と
「あ、この言い方間違ってるかも・・・」
と気付くもんです。

 

 

人から言われる前に、自分から直そう。

 

人から指摘される前に、
自分で自分を直す。改善する。

 

このことって、
すごく大事なことです。

 

教養、ということにもつながります。

 

哲学者・内田樹(うちだ・たつる)先生も、

教養とは誰かに知識の無さを指摘される前に
自分で知識を補える人だ

という趣旨のことを言っています。

 

作文・論文アドバイザーを
名乗っている以上、

「全然」の使い方を始めとして、
日本語の正しい使い方、
さらに勉強していこうと思います。

 

日本語って、
学び始めると本当に奥が深いんです(しみじみ)。

 

 

ではまた!

教育・学校 ブログランキングへ


☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください