夏季休暇は普段やらないことに取り組んでみませんか?

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

今日のポイント
—————————–
たまには、
別の場所に行ってみよう。
普段やらないことに取り組むと、
仕事のアイデアも出てくる!

講座を開催することもあり、
いま本州に来ています。

私の出身・兵庫県の多可町と
そのとなりの西脇市に来ているんです。

多可町サイト
外は30度半ばの気温。

 

本当に暑いです。

 

札幌がいかに涼しかったかを
実感しています。

 

普段仕事している場所を離れると、
いろいろと発見があるものです。

 

特に、今回は
自分が生まれ育ったふるさとを
歩いて回っていきました。

 

そうすると、
小さい頃の思い出が蘇ってきました。

 

久々に会う友人とも、
有意義に話せました。

 

今日のポイントです。

・・・・・・・・・・・・・・・・
たまには、
別の場所に行ってみよう。
普段やらないことに取り組むと、
仕事のアイデアも出てくる!
・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

人間、同じ場所にずっといると
発想が固定的になります。

 

同じようなことしか
気付けなくなります。

 

発見がなくなります。

 

だからこそ、
旅に出ると有意義な発見が
多くあります。

 

普段いる場所を離れることで
気づけることが多くあるのです。

 

 

夏の休暇などで
別の場所にいくのには
仕事を良くする意味があるのです。

 

決して
ただ休むだけではないのです。

 

普段と違う場所に行き、
普段と違うことに取り組んで見る。

 

すると新たな発見があるものです。

今回の兵庫帰省の際も、
地元・多可町で紙漉き体験をするなど
「普段と違うこと」に取り組んでみました。

☆多可町での紙漉き体験はこちら

普段と違う経験をする。
そうすることで
新たなアイデアがわきます。

やる気も出てくるのです。

 

ぜひ夏の休暇がある方は
ふだんとは違うことに
取り組んでみてはいかがでしょうか?

 

ではまた!

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


one × 2 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください