「お客さんが全く増えない…」そんなときはできそうなことを片っ端からやってみよう!

今日のポイント
集客の裏ワザ!
ブログ【以外】にも、打てる手を
片っ端から打ってみる!

 

「藤本先生、
全然お客さんが増えないんです…。

どうしようもないんでしょうか…」

 

私は【文章アドバイザー】として、
文章のアドバイスを
社会人の方・企業様に差し上げています。

 

会社経営においても
【文章を書く】ことって
重要ですよね。

 

今後の会社の経営方針や
Webサイトの改訂、
補助金申請書類の際など、
【文章を書く】ことが必要になるからです。

 

そんなわけで、
私が文章を通した経営アドバイスを差し上げている方が
何人かいらっしゃいます。

 

 

あるとき、
そのお一人から電話がかかってきました。

Aさんとしましょう。

Aさんは、
プロの家庭教師をなさっている方からです。

「藤本先生、
   全然お客さんが増えないんです…。

   どうしようもないんでしょうか…」

 

悲痛な声でした。

 

慌てて話を聞いてみると、
次のような内容でした。

・生徒数がほとんど変化していない。

・新規の問い合わせがゼロ。

・毎日ブログを書いているが、
問い合わせが全くない。

 

こんな状況の方です。

 

このAさんには半年前に相談があったときから
   「集客のためにブログをはじめましょう!」
と伝えています。

 

Aさんは【毎日ブログを書くといいですよ】という
私のアドバイスを律儀に守ってくださっています。

 

 

毎日ブログを書くのって、
正直しんどいです。

 

 

平日はまだいいのですが、
土日やゴールデンウィーク期間には
【書きたくない】思いが
強まってしまうのです。

 

その上で、

「ブログを毎日書いているのに、
なんでお客さんが増えないんでしょうか?」

と、Aさんから質問があったのです。

 

話を15分ほど聞いている中で、
【あること】に気づきました。

 

Aさんは確かにブログを毎日書いていらっしゃいました。

それはそれで素晴らしいことですが
【それ以外】の集客をあまり行っていませんでした。

「Aさん、チラシの下校配(げこうはい)、
してますか?

チラシのポスティングはしましたか?

保護者の方がよく集まっている勉強会に
顔を出しましたか?」

☆下校配の詳細は後述。

 

 

私が思いつく限り、
ブログ【以外】の集客方法を
質問してみました。

 

Aさんはどうも
ブログ【以外】の集客を行っていないようでした。

 

これこそが、
Aさんの集客がうまくいっていない
理由のように感じたのです。

 

作文教室ゆうも、ブログ以外の集客にも取り組んでいます!

 

 

ブログを毎日書くのって、
【グーグル検索】のシステム上から見ても
とても有効な集客方法です。

 

現に【作文教室ゆう】へのお問合わせは
ブログ経由が8割を占めます。

 

でも、
作文教室ゆうへは【それ以外】の集客もあるのです。

 

カフェやお店に置いてもらった
パンフレットからの集客もありました。

Facebookイベントからの
集客もありました。

【イベント情報サイト】からの
お問い合わせもありました。

 

今はやっていませんが、
近隣の小中学校での下校配(げこうはい)もやりました。

下校配というのは
学校の前に立ち、
下校する生徒たちにチラシを配っていくという
方法です。

反応の良い生徒には
   「国語って、得意?」
などと話しかけていくことも出来ます。

 

直接お客さん「候補」の人と関われるので
塾・家庭教師関係の方にはオススメの方法です。

 

まあ、だいたいはスルーされるので
けっこう精神的に落ち込みますが…。

(下校配をする前には、
一度 小中学校の教頭先生に電話を掛けて
連絡しておくことをお忘れなく!)

 

 

塾・家庭教師と言っても、
集客の方法は色々です。

 

他にも
新聞の折込チラシを入れる方法もあります。

またフリーペーパーに広告を打つことも
できます。

 

 

集客には様々な「方法」があるのです。

 

Aさんは【ブログ集客】に力を入れていました。

【ブログ集客】は効果的な反面、
効果が出るのに時間がかかる側面もあるのです。

 

 

…であれば、
ブログ集客に平行して、
効果の有りそうな方法を【やってみる】。
効果があったことを【継続】していく。

 

この実践の先にさらなる集客があるわけです。

 

 

しかも、チラシやパンフレットを作る際には
これまで取り組んでいた【ブログ】を書く力が
120%活かされます。

 

 

すでにブログを書いている人でしたら、
チラシを作るのもラクになるのです。

「うちの塾のウリはこれです!」
と、明確に言葉にし、
書くことができるのです。

 

(チラシを作る際には
私もお手伝いできますし)

また、パンフレットを作ることも
すぐにできるはずです。

 

 

Aさんに関しては、
【ブログ】の継続ができているからこそ
こういう【チラシ】【パンフレット】などと言った
集客方法を提案したのです。

 

 

他にも
【月1回の公開講座】や
【住民センターなどで勉強を見る場の実施】
なども提案しました。

 

個人でビジネスをするなら、
まず【できそう】なことを
片っ端からやってみたほうがいいのです。

 

 

たくさん手を打てば、
1つくらい当たるはずです。

 

 

これは私のブログ仲間である
日報コンサルタントの千田さんがいうところの
【手数を増やす】ということです。

 

 

できそうなことを試すことなく
  「もうダメだ・・・。
   お客さんが全く集まらない…」
と絶望していても意味が無いわけです。

 

 

 

これも千田さんから聞いた話ですが、
ある町に団子屋さんがありました。

駅前なのですが、
そもそも駅にお客が少ないので
売上がイマイチでした。

 

団子屋さんは【できそう】なことを
片っ端から試してみました。

 

その結果、
【店の前でお店の旗を振る】と
お客さんがいつもより
2割多く来ることがわかりました。

それ以来、
売上が落ちるたびに旗を振るように
なったそうです。

 

ウソみたいな話ですが、
旗を振ることで実際に売上が上がるそうです。

 

 

団子屋の売上と「旗を振る」という行為は
一見、結びつきません。

 

 

ですが、
実際に効果があるなら
取り組んでみた方が良いわけです。

 

 

塾・家庭教師もエリアによって
集客しやすい方法は変わってきます。

あるエリアでは
【カフェにチラシを置く】で
集客できるかもしれませんし、

あるエリアでは
下校配が効果を呼ぶかもしれません。

だからこそ、
お客さんを集めるためには
【できそう】なことを
片っ端からやってみることです。

 

団子屋さんにおける
「旗を振る」という正解を
自分なりに見つけてみることです。

 

なお、今日の内容は
起業をしている人だけに当てはまるわけでは
ありません。

 

どんなビジネスでも、
「お客さんをいかに見つけるか」が
ポイントとなってきます。

 

 

効果的な集客の仕方を
見つけ出すことが
自分のキャリアアップにもつながるのです。

 

ぜひ集客のために
【できそう】なことを
片っ端からやってみることに
挑戦してみてください。

 

ではまた!

「文章、ぜんぜん書けない…」「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、【フジモトのカクロン】メルマガです。

文章アドバイザー・藤本研一が365日毎日【無料】朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

はじめての方はこちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください