あなたが知っている情報なんて、どうせ価値がない。だったら無料で毎日、情報発信しませんか?それが未来の利益につながります!





今日のポイント
あなたの知っている情報は
「無料で毎日」ガンガン発信しよう!
それが次の仕事につながる!

 

2018年になりました。
新年、おめでとうございます!

どうぞ今年もよろしくお願いします!

さて、年末年始、
いろんな友人に会っています。

 

私の友人には
「〜〜の専門家」という人が
多いです。

先日は「コーヒー」に
めちゃくちゃ詳しい人にお会いしました。

仮にAさん、としましょう。

Aさん、
本当にめちゃくちゃコーヒーに詳しいんです。

コーヒーの豆・焙煎にこだわります。
毎回、コーヒー豆を挽いて淹れています。

コーヒーのドリップ法だけで
講座を行ったこともあります。

 

そのためAさんは
以前ブログやYoutube動画などで
どんどん情報を出していました。

バンバン情報をアップロードしていました。

 

ですが、
辞めてしまったそうです。

「なんでですか?」

と聞いたところ、こんな答えが返ってきました。

「いや、友人が
【こんな役立つ情報、無料で書いたらもったいない】
って言うんです」

その場では私、あまり何もいいませんでしたが、

「それって、もっともったいないな〜」

と感じました。

 

なぜなら、
情報なんて、
【無料でどんどん出したほうがいい】からです。

 

その理由を説明します。

 

・・・

いまの時代、
情報はネットで
いくらでも手に入ります。

しかも「無料で」。

「自分しか知らない」
情報なんて、そんなにありません。

 

私の知っていることも
Aさんが知っていることも、
ネットで探せばどこかで似たような情報が
手に入るはずです。

 

私がブログで毎日書いていることもそうです。

私がブログで書いている
「文章の書き方」なんて、
ネットで探せば
似たようなサイトなんて数千はあります。

 

私も文章の書き方は
数多くのサイトや本で勉強しました。

 

そのため、

「あれ、このブログ記事の内容、
あの本に載っている内容を
応用させてるんじゃないかな」

と気づく人もいるでしょう。

 

「私しか知らない情報」も、
むろん書いています。

 

わかりやすい例が
私の文章講座の際の記事です。

文章講座の際に受講者の反応から
気付くことを記事にまとめたものは
「私しか知らない情報」でしょう。

でも。
この情報でさえも
【日本中を探せば私と同じ体験をしている人は
きっといるはず】なんです。

 

そう。

あなたの知っている情報・
あなたの持っている情報なんて、
他の誰かが【必ず】持っているんです。

 

そんなに価値なんて、ないんです。

「あなたしか知らない」情報なんて、
そうそうないんです。

 

Aさんは
「そんなに情報を無料で出したらもったいない」
と言われていましたが、

いまの時代に【情報には
そもそも価値はありません】。

 

Aさんは確かにコーヒーの専門家ですが、
日本中を探すと
Aさん以上にコーヒーに詳しい人は
数百人はいるはずなのです。

 

・・・

でも。

ここからが本題です。

 

他の誰かが知っている情報であっても、
「毎日」発信している人は
そうそういません。

私のブログのように
「文章の書き方」を
「毎日」発信している人なんて
そんなにいないのです。

特に、
今日みたいに1月1日にも
「文章の書き方」を書く人なんて
ある意味クレイジーな人でしょう。

(自虐?)

 

ちなみに、
私のように
文章の書き方ブログを
「毎日」更新しているのは
ごく少数です。

30もないです。

 

もっと言います。

札幌で「毎日」文章の書き方ブログを
更新し続けているのは
私くらいでしょう。

 

当然、
私の書いている内容や
私の書いている内容以上の内容を
ブログに書いている人はいます。

 

本も出ています。

 

でも、「今まさに毎日書いている」人で
「札幌にいる」人は私くらいなのです。

それ以外の人は
「昔書いていた」人と
「思いついた時たまに書く」人だけです。

 

…ということは
札幌で「文章の書き方について講師を呼びたい」
と思った時、まず真っ先に声をかけるのは
私でしょう。

私に声をかけやすいはずです。

「いまもまさに情報を発信している人」に
講座を依頼するからです。

 

講演の依頼をしても

「昔はやってたんですけど、
いまはよくわからないんですよね〜」

となったら困りますしね。

あと、こんなケースも考えられます。

「東京から講師を呼ぶのは大げさすぎる。
それなりの予算で
札幌圏にいて
文章の書き方の講師を
勤めてくれる人はいないだろうか」

こんなケースです。

この場合、私に声をかけてもらえるのです。

(文章の書き方講習を
東進ハイスクールの「林修先生」に
お願いしたくても、
予算とスケジュールが合わなそうですよね?)

これも、
「無料」で情報を
毎日出し続けたから得られた結果です。

 

ですからAさんが詳しい
コーヒーの情報についても
「毎日 無料で」
情報を出し続けたほうがいいんです。

 

コーヒーに詳しい人なんて、
おそろしくたくさんいます。

数十万人いるでしょう。

 

でも、たとえば札幌にいて、
コーヒーについての情報を
【1月1日も含めて毎日】
ブログで書いている人は
数えるほどしかいないでしょう。

 

札幌でコーヒーについて
話をして欲しいときは
その「数えるほどしかいない人」に
依頼が来るはずです。

 

実際、なにか1つのテーマで
「毎日」ブログを書いている人は
グーグル検索をしても
上位に来ます。

私の例では
「作文 札幌」で検索すると
上位を私のブログがほぼ独占しています
(検索してみて下さい↓)。

 

(「慶應義塾大学小論文 札幌」で検索しても
上位は私のブログです↓)

 

仕事を依頼したい人は
ネットでまず調べます。

毎日情報発信している人はそれだけで
グーグル検索でも上位に来ます。

 

結果、
「無料で毎日」情報発信していることで
仕事がやってくるのです。

 

つまり。

 

「無料で情報発信した」モトを、
ネット経由できた仕事で
得ることができるのです!

 

そう、
ブログで
「無料で情報を出し続けた」
ことが未来の利益に繋がったのです。

 

この発想は
おそらく95%くらいの人は
知らないでしょう。

「無料で情報を出して
何が楽しいの?」

「何の得になるの?」

という人ばかりだらかです。

(お恥ずかしながら、
以前の私もそうでした)

 

まとめます。

 

あなたが持っている情報なんて、
日本中・世界中探せば
ネットなり本なりにすでにあるんです。

であれば、それを惜しげもなく
「無料で提供し続ける」ことです。

無料で提供し続けていると
必ず「もっと詳しくその話を聞きたい」
「お金を出してもいいから話をしてほしい」
人が出てくるもんです。

 

現に私も
さっきのAさんがコーヒー講座をするなら
数万円でも参加すると思いますし。

でも普段から情報を出していない人に
「数万円出す」のって、怖いですね。

ぜんぜん専門性が無いかもしれませんし、
「古い」情報しか言ってくれないかもしれないからです。

 

毎日「無料で情報発信」している人は
めちゃくちゃ専門性が高そうですよね。

 

実はこういうイメージ作りをするために
ブログを毎日更新しているわけです。

 

なお。

プロとして仕事をしている人は
ブログを毎日書いたほうが良いです。

プロとしての「修行」が
ブログだからです。

たとえば、
プロのピアニストは
「毎日」ピアノを数時間弾いて練習しています。

同様に、あなたもプロなら
「毎日」ブログを書いたほうがいいです。

私も、毎日1時間ほどはブログに費やしています。
たしかに面倒ですが、
プロとしての「修行」だと割り切っています。

このことで
次の仕事にもつながるなら
やらないともったいないわけです。

 

2018年、
あなたも無料で情報発信し続ける年に
してみませんか?

1年も続ければ
「お金を出してもいいからあなたの話を聞きたい」
人が出てくるはずですよ!

 

ではまた!

☆「スキ」を極め、
「スキ」なことで
「メシ」を食えるようになりたくありませんか?

「スキ」なことで「メシ」を食うための
最短距離な内容をお伝えする
オンライン学習サロン
「スキメシライティングクラブ」を
友人と作りました!

スキメシライティングクラブの詳細はこちら!
http://koji-ogawa.com/post_lp/writing-02

ぜひ見てみてくださいね!

 

☆別の記事も読めば、
さらに情報を得ることができます。

情報発信の仕方を
知ることができるのです。

こちらに「ゼロから始めるWeb集客の基本」を
まとめていますのでご覧ください↓

中小企業経営者・個人事業主・フリーランスに情報発信が不可欠な理由〜ゼロから始めるWeb集客の基本〜


「文章、ぜんぜん書けない…」「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、【フジモトのカクロン】メルマガです。

文章アドバイザー・藤本研一が365日毎日【無料】朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

 

はじめての方はこちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


five × 4 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SNSでシェア