新聞の「タイムトラベル」読みで、「大きな時間感覚」を身に着けよ!





今日のポイント
—————————–
新聞を10年ごとにさかのぼって読む。
すると「時代感覚」が身につけられる!
—————————–

こんにちは、
文章アドバイザーの
藤本研一です。

最近の私、
「新聞ノート」づくりにハマっています。

新聞ノートというのは、
まいにち新聞の記事を1つは切り取り、
ノートに貼ったノートのことです。

記事を貼ったあと、記事についてのコメントを
一言でいいので書きます。

まいにち継続する中で
「社会を見る目」
「政治・経済への関心」が高まります。

「仕事に使える情報」が
勝手に集まっていきます。
毎日、ワクワクしながら書いています。

 

私は毎日
「日本経済新聞」と「別の新聞1つ」で
新聞ノートを作っています。

ここにたまに「英字新聞」を混ぜたり、
「タブロイド紙」「スポーツ紙」を入れたりすると
より面白さが増すのです。

  「こんな情報があるんだ〜」
「こういう風に説明するんだ〜」

新聞ごとの違いが出るのです。

それに、
だんだんと自分の「新聞ノート」が
完成していくと、
その分自分が賢くなった気がするのです。

☆詳しいやり方はこちら↓

Facebookにしか文章を書いていないと、書く力が低下する!新聞ノートで書く力を劇的アップさせませんか?

2017.09.17

 

◆頭が良くなる新聞の読み方は2つある

実は「頭が良くなる」新聞の読み方って、
あるんです。

方法は2つあります。

1つは私が今実践している
「新聞ノート」づくり法です。

「いま」「現在」のニュースを
毎日見ていくという方法です。

 

もう1つは「タイムトラベル」法です。

 

現在から過去にさかのぼる形で
新聞を読んでいく方法です。

 

こう聞くと、こんな意見を持つ人もいますね。
「過去の新聞を読んで、役に立つの?」と。

実際、私もそう思っていました。

でも、その考えをくつがえす本に出会ったんです。

それが『新聞の正しい読み方』です。

☆以前、私が動画で解説している本です↓

この『新聞の正しい読み方』は
元・日経新聞の記者が書いた本です。

記者として新聞を「作ってきた」側だからこそ
言える内容が多く、
勉強になる本でした。

 

◆新聞を「タイムトラベル」法で読む

 

この『新聞の正しい読み方』には、
タイムトラベル法が出てきます。

何かというと、
「10年ごとにさかのぼりながら
新聞を読む」
というやり方です。

やり方は次のとおりです。

(1)今日の新聞を読む

(2)大きな図書館に行く(大学図書館など)

(3)今日読んだ新聞と同じ新聞の「過去」の縮刷版を探す
☆縮刷版とは新聞社が出している、
過去の新聞を印刷し直した冊子のことです

(4)10年ごとにさかのぼりつつ、
同じ月の新聞をナナメ読みしていく

具体的にやり方を伝えましょう。
というよりも、
私が先日行った内容です。

 

私は日経新聞を読んでいますので、
今日の日経新聞を読んだ上で、
図書館に行きました。

 

作文教室ゆうそばの
北大図書館です。

(あまり知られていませんが、
北大図書館では使用申請をすると
北大生でなくても本を借りることができます)

さっそく、
日経新聞の縮刷版の置かれた
場所まで移動します。

北大図書館では4階です。

 

今日読んだ日経新聞の
ちょうど10年前の縮刷版を探します。

 

2007年11月の縮刷版を見つけました。

 

この調子で、
1997年11月(20年前)、
1987年11月(30年前)、
1977年11月(40年前)、
1967年11月(50年前)の縮刷版を用意します。

用意しました。

なかなかボリュームがあります。

この縮刷版で、
読んだ日の日付(11/2)の記事をすべて見ていきます。

その後、
ざっとナナメ読みしていくのです。

やってみると、
【10年という時間の流れ】を
実感することができます。

 

それでは「タイムトラベル」法で
新聞を見てみましょう。

 

◆2007年11月(10年前)

 

2007年11月は「ねじれ国会」がテーマでした。
当時は福田康夫首相です。

「新卒採用」の見直しなど、
当時学生だった私にとって、
「こういうことあったな〜」とリアルに響いてきました。

2007年の時点では
スマホはほぼ出ていませんでした。

 

iPoneの初代機が2007年の6月に
発売されたばかりです。

ジョブズもまだ健在の時期でした。

2007年11月はまだ
「2017年11月」と連続している感じがします。

 

◆1997年11月(20年前)

 

続いて、1997年11月の記事を見てみます。

1997年11月、
当時の首相は橋本龍太郎首相でした(懐かしい)。

「小沢新進党党首」のインタビュー記事が出ていました。

そう、新進党なんて党があったんです。
懐かしいですね〜。

「渋谷のオフィス街」への再生計画案も
報道されていました。

また、「学部縮小、院を中核に」という
大学審議会への諮問が出ています。

その記事では、
「2009年に大学全入時代になる」と指摘されていました。

同様に、
「少子化時代の大学像」をどうするかも
報道されています。

文化面では、
「もののけ姫が新記録」・「生きろ」に若者反応、
との見出しもありました。

「路上の若者たち ヘッドホンステレオ→PHSなど
孤立やめ交流の時代 かさむ通信・交際費」

…という記事にも時代を感じます。

他に、
「パソコンで家計簿をつけるやり方」の記事が
コラムで紹介されていました。

情報通信機器の記事で歴史を感じてしまいます。

 

◆1987年11月(30年前)

続いて1987年11月です。

この11月の5日までが中曽根康弘首相、
6日から竹下登首相に切り替わりました。
(竹下首相はDaigoのおじいさんです)

当時はバブル期です。
「地価高騰 新ビジネス続々と」という
地価高騰についての報道がなされています。

同時に、
「世界恐慌は再び来るか」という危機意識があったのも
意外な発見でした。

みんな「バブルで浮かれている」イメージでしたが、
「危機感」も当然持っている人がいたのですね。

他に、
「細川護煕」が
「有言実行、地方の”反乱児”」として取り上げられているのも
印象的でした。

 

◆1977年11月(40年前)

1977年11月は福田赳夫首相。

2007年11月は福田康夫首相だったので
ちょうど30年の間隔で
親子の首相経験者となったわけです。

(いまさらの発見です)

当時、
インタビューのなかで「民社党委員長」が
出てきていました。

新聞記事にも、
「幼稚園・保育所 バラバラ行政手直し」
とあります。

今、「認定こども園」や「幼保一元化」が
ようやく整理されつつある頃ですが、
こんな昔から話題として取り上げられていたことに
驚きを感じました。

他にも、
「国鉄ストで7時まで足なし 全国60万人に影響」
という「鉄道スト」があったのも
この頃らしいニュースです。

 

◆1967年11月(50年前)

この時は佐藤栄作首相。
実に7年間にわたって首相を務めていました。

この佐藤栄作首相でも
「第3次内閣」までしか続いていません。

いまの安倍首相が「第4次内閣」を
行うのはすごいことなんだな〜と実感します。

 

この時、まだ沖縄に日本に返還されていません。

「沖縄施政権の返還」がトップ記事になっています。

他にも、見出し自体が印象的です。

「ソ連”衛星爆弾”開発」
「羽田の乱闘」反日共全学連の学生の乱闘
「苦悩するEEC農業」
「外務省職員がスパイ 北朝鮮に情報を流す 工作員とともに逮捕」
「やはり社用族の天国 1年間の交際費ざっと6000億円 生活保護費の4倍半」

いずれの見出しも
現在とはかけ離れた内容のようです。

「50年」という期間は
日本も世界も全く別のものに
変化させていることを実感します。

 

◆10年ごとにさかのぼってみると…

 

さて、
ここまで10年ごとに
日経新聞の11月の記事をさかのぼってみました。

10年というスパンで見ると、
着実に社会も世界も
変化し続けていることに
気づくことができます。

いまならみんな使っているスマホも、
10年前はようやくiPhone初代が
登場したばかりでした。

20年前にから新進党を始めとした
「野党再編」がテーマとして
出続けています。

30年前の「バブル期」でも、
浮かれる反面
「世界恐慌」が恐れられていました。

40年前の頃から
「幼保一元化」が模索されていました。

50年前はまだ
沖縄はアメリカ占領統治下にありました。

 

10年ごとでみると、
社会・世界が変化している部分、
現在とつながっている部分がハッキリしてきます。

 

日経新聞の「タイムトラベル」法、
やってみたところとても興味深かったです。

 

1時間もかからずに、
「50年」という時代の重みを感じることができます。

10年ごとで変わる点・変わらない点を見ることができるのです。

 

今日のポイントです。

—————————–
新聞を10年ごとにさかのぼって読む。
すると「時代感覚」が身につけられる!
—————————–

ぜひ興味のある方は
日々新聞を読むだけではなく、
「タイムトラベル」法で読んでみてはいかがでしょうか?

さまざまな発見があるはずです。

 

ではまた!


「文章、ぜんぜん書けない…」「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、【フジモトのカクロン】メルマガです。

文章アドバイザー・藤本研一が365日毎日【無料】朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

 

はじめての方はこちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


9 + 5 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください