新聞を読んだら頭が良くなる!エリートになれる!





今日のポイント
—————————–
エリートは新聞を読んでいる。
エリートになりたいなら新聞を読もう!
—————————–

 

新聞ノートを作ると、頭がよくなる!

こんにちは、
文章アドバイザーの
藤本研一です。

ここのところ、
私のマイブームがあります。

それが
【新聞ノート作り】
です。

 

すでにこちらのブログ記事でも
書きましたね↓

Facebookにしか文章を書いていないと、書く力が低下する!新聞ノートで書く力を劇的アップさせませんか?

 

今年の9月から毎日、
時間を決めて新聞を読んでいます。

そして、「これは!」という記事を切り取り、
コメントをノートに書いています。

 

すでにノートも2冊め突入です。

 

 

今回の解散総選挙も
まいにち新聞記事の切り抜きをすることで
政治についてより深く考える機会となりました。

 

 

実は新聞を読み、
自分のコメントを書くのって
「書く力」を高めるのにめちゃくちゃ役立ちます。

 

何故かと言うと、
日々新聞記事を読むことで
「思考力」が伸びていくからです。

 

『プルーストとイカ』という
変な名前の本があります。

この本のサブタイトルは
「読書は脳をどのように変えるか?」
です。

 

本全体を通し、
  「人間の知能は字を読むことで
   高まってきた」
ことを指摘しています。

 

人間の知能は
文字を読み解くことで高まっていくのです。

 

 

…と、ここで考えていただきたいことがあります。

いまやネットコンテンツも
Youtubeを始めとした
【動画】メインになってきています。

実は【動画】というのは
人間の知能を衰えさせます。

 

動画メディアの場合、
脳には重要な「情報」としてではなく、
単なる「刺激」としてしか伝わらないのです。

 

一方、新聞のような文字メディアの場合、
単なる「情報」として捉えることはもちろん、
自分の「思考力」も高めることにつながります。

 

だからこそ、
自分の知能を高めたかったら
テレビや動画という「映像コンテンツ」だけ観るのでなく、
新聞や本のような「活字コンテンツ」にも触れるべきなのです。

 

新聞を読むとエリートになれる!

 

それに、新聞を読むと「エリート」になることもできるのです。

 

『新聞の正しい読み方』という本があります。

日経新聞の元記者が書いた本です。

新聞記者が書いたからこそ、
役立つ「新聞」の読み方が満載の本です。

 

ここに気になる一節がありました。

「新聞の購読者はものすごい勢いで減っているのですが、
実は新聞記者の多くはその実感をあまり持っていません。

私も新聞社にいたころは毎月、
日経を含む主要紙の発行部数の増減について
会議で聞いていましたが、
正直なところピンときていませんでした。

それは、記者が取材などを通じて付き合っている人たちの
ほとんどが、新聞を読んでいるからです」(122ページ)

新聞記者が取材を売るのは
大企業の幹部や写真・政治家・官僚・学者など、
いわゆる「エリート」です。

 

「「エリート」で新聞を読んでいないという人は
ほとんどいません」(122ページ)

とすら書かれています。

 

これ、ある意味「怖い」ことです。

 

新聞に取材をされるような「エリート」は
新聞をふだんから読んでいる。

でも、新聞記者から取材されることのない「非エリート」は
新聞を全く読んでいない。

 

二極分化がはげしく進んでいるのです。

 

☆『新聞の正しい読み方』については
こちらの動画でも解説していますよ↓

 

さあ、あなたはどうでしょう?
ふだんから新聞、読んでいますか?

 

 

ここで言っていることは
「エリート」=「新聞を読んでいる」
「非エリート」=「新聞を読んでいない」
という単純な図式です。

 

例外もいるでしょうが、
なんとなく「エリートは新聞くらい読むものだ」という
風潮があるのも事実でしょう。

 

もしあなたが「エリート」、
言い方が悪ければ
「できる人」
「稼げる人」
「出世できる人」
になりたいならば、
新聞を読まない理由はないわけです。

 

何故かと言うと、
「行動」「習慣」が
未来のあなたを形作るからです。

 

「エリート」=「新聞を読んでいる人」とするならば、
「新聞を読み続けている人」は
そのうち「エリート」になれる可能性もあるわけです。

 

逆に言えば、
もしあなたが
「エリートになりたい」
「できる人になりたい」
と思っていながら新聞を読んでいないとするなら、
あなたの夢は残念ながら叶いにくいことでしょう。

 

何故かと言うと、
新聞くらい読まないで
「エリート」の集団の話に加わることは
できないからです。

 

私もこの怖い現実を知ったのは
つい最近でした。

 

だから新聞を読んでいなかった期間という
「負債」を返済すべく
まいにち新聞ノートの作成に取り組んでいるのです。

 

新聞ノート、はじめませんか?

 

最近の私はこの
「新聞ノート」を作る人を増やすべく、
講座やイベントで
「新聞ノート、作りませんか?」
と呼びかけています。

 

賛同してくださる方も、
ぞくぞくと出てきています。

大体は
「新聞なんて、最近読んでいませんでした」
という方ばかりです。

でもやり始めると、
効果を実感して下さいます。

「新聞って、けっこう面白いんですね!」

「今回の選挙、新聞を通して
どこに入れるか考えました!」

そんな感想も
聞くことが多いです。

 

ともあれ、
もしあなたが新聞を普段読んでいらっしゃらないなら、
この機会に読み始めてみることをオススメします!

 

なんなら出勤する時に
新聞を1部、コンビニで購入するといいですね。

新聞なんて1部買っても
缶コーヒー代くらいです。

缶コーヒー代くらいなのに、
あなたの知性を飛躍的に高める
働きをしてくれます。

 

頭が冴える効果で言うと、
缶コーヒーのカフェイン以上でしょう。

 

ふしぎなことに、
人間は実費を払うと
「元を取ろう!」
とする傾向があります。

 

コンビニで新聞を買うと、
イヤでも読む気がしてくるものです。

ぜひ新聞を買って読み、
気に入った記事をノートに貼ってみて下さい。

1ヶ月も続けると、
「なんか頭が良くなった気がする!」
はずです。

 

☆新聞ノートの使い方講座、
リクエストが有ればいつでも開催しますよ!

ではまた!


「文章、ぜんぜん書けない…」「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、【フジモトのカクロン】メルマガです。

文章アドバイザー・藤本研一が365日毎日【無料】朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

 

はじめての方はこちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


nineteen + 8 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SNSでシェア