日本の優秀な学生がアメリカで「バカ」と評価される裏の理由とは?





今日のポイント
—————————–
「理由→結論」方式で書いていけ!
—————————–

 

この4コマ、あなたはどう説明しますか?

 

 

 

こんにちは、
文章アドバイザーの
藤本研一です。

いま、
『納得の構造』という本を読んでいます。

 

 

これ、実に面白い本です。

 

 

例えば、下のような4コマ漫画があります。

 

 

少年野球でピッチャーを務める
ケンタ君のある休日を描いた漫画です。

1コマ目:夜遅くまでゲームするケンタ君

2コマ目:「寝坊した!」と叫ぶケンタ君

3コマ目:「乗るバス間違えた!」と社内で言うケンタ君

4コマ目:試合開始に間に合わず、しょんぼりベンチに座るケンタ君

 

 

 

なんとなく、
様子がわかりますでしょうか?

 

 

 

 

この漫画の下に、
次の質問がついています。

「ケンタくんはどんな1日を過ごしたか、
説明してください」

 

 

こんな質問です。

 

 

さあ、
あなたも4コマ漫画、
内容を頭のなかで説明してみてください。

 

 

終わりましたか・・・?

 

 

この4コマ漫画の説明問題を、
日本とアメリカの小学生に
問題として出しました。

 

 

実は答え方に、
日本とアメリカで大きな違いがあったのです!!!!

 

日本人は「時系列」で説明する

 

日本人の小学生は
「時系列」で答えます。

 

つまり、
「起きた順」です。

 

1コマ目から順番に説明します。

 

 

例:
「ケンタ君は夜遅くまでゲームしていました。
そのため、朝寝坊をしてしまいました。
おまけに、あわてていたので
乗るバスを間違えてしまいました。
結局、試合開始時間に間に合わず、
ケンタ君は一日しょんぼりして過ごしてしまいました」

 

 

 

昨日の夜→朝→バスの中→試合と、
「時系列」で答えているのです。

 

アメリカでは「結果→理由」で説明する!

 

 

では、アメリカの小学生はどうでしょう?

 

半数の生徒は
日本人同様、
「時系列」で答えました。

 

 

ですが。

なんと、残り半数の生徒は
下の順番で答えたのです!

 

例:
「ケンタ君にとって、この日は最悪の日だった。
なぜなら、大事な試合に出ることができなかったからだ。
試合に出れなかったのには理由がある。
乗るバスを間違えてしまい、
試合に遅刻してしまったのだ。
昨日夜遅くまでゲームをしていたため
朝寝坊をしてしまい、慌ててしまったのだ。」

 

これは日本人とは大きく違います。

 

まず「試合に出れなかった」という結論を述べています。

 

その後、「なぜ試合に出れなかったのか」という
説明をしていくのです。

 

いわば、
「結論→理由」
方式です。

 

 

こうしてみると、
日本人とアメリカ人、
「説明」の仕方が全く違うことがわかりますね!

 

日本の優秀学生がアメリカで「バカ」と思われる裏の理由

 

この説明の違い、
実は小学生だけでなく
大学生も社会人も当てはまります。

 

 

日本で成績優秀だった学生が
アメリカに留学に行く。

アメリカで出したレポートが
全く評価されない。

「バカ」と言われる。

 

そんなことってザラにあるそうです。

ひどい時は

「知能が低すぎる」
「学力が低い」
「キミは大学に来るべきではない」

そんな悪い評価をされてしまいます。

 

 

相当、ヘコミますね。

 

 

でも、
これ、単に
「説明の順番」が違うというのも
理由なようです。

 

 

先程も見ましたが、
日本人の答え方とアメリカ人の答え方、
順番が全く違いますよね?

 

アメリカ人は

「結論→理由」
で説明してほしいのです。

 

でも日本人は
「時系列」で説明します。

 

そのため、
聴いているアメリカ人は
「早く結論言えよ!」
といらいらしてしまうのです。

 

結果、
「この学生は低能だ」
と思われてしまうのです。

 

 

こういう説明の違い、
シッカリ見ていくことが必要なのです。

 

 

ただ、日本国内においても、
だんだん「アメリカ」的な説明の仕方が
求められるようになってきています。

 

日本でも「結論→理由」で説明しよう!

 

日本的な「時系列」の説明ですと、
最後の最後まで結論がわからないのです。

 

 

先程の4コマ漫画ですと、
「野球の試合に間に合わずしょんぼりする」
という「結論」が、
最後の最後までわかりません。

 

でも、アメリカ的に
最初に結論を言ってくれる方が
聞く方はラクです。
分かりやすくなります。

 

「結論→理由」で説明せよ!

 

私の言いたいことはこうです。

学校教育では
日本流に「時系列」作文が重視されます。

「起きた順に書く」というものです。

 

でも、分かりやすく書くためには
順番を思い切って変えることが
必要になってきているのです。

 

 

さあ、あなたも一度、
自分の書いた文章を読み直してみてください。

 

 

おそらく、その文章は
「時系列」でしょう。

 

 

学校教育でそう習ってきたからです。

 

 

思い切って、アメリカ流の
「結論→理由」方式で書いてみては
いかがでしょうか?

 

 

はじめは抵抗があると思います。
ですが、より相手に伝わりやすくなるはずです。

 

 

「理由→結論」方式、
ぜひやってみてくださいね!

ではまた!


「文章、ぜんぜん書けない…」「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、【フジモトのカクロン】メルマガです。

文章アドバイザー・藤本研一が365日毎日【無料】朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

 

はじめての方はこちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


11 + seven =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SNSでシェア