Air-Gのラジオ番組「NIKKA Bottoms up!CONNECTION」に出演します!

Air-Gラジオの収録にいってきました!

 

こんにちは、
文章アドバイザーの
藤本研一です。

 

8/1(火)は
ドキドキの1日でした。

 

13:30-17:00は
今年春から準備を続けてきた
「夏休み わくわくワーク」
を開催しました。

将来の仕事を一緒に考えよう!夏休み わくわくワーク開催!

 

その後、
Air-Gに収録に行ってきました!

 

 

「NIKKA Bottoms up!CONNECTION」
という番組です。

 

DJの森基誉則さんとの
出演です。

 

「NIKKA Bottoms up!CONNECTION」とは?

 

この番組は、
ニッカウイスキー(アサヒビール)の
提供によるもの。

 

ニッカウイスキーを
飲みつつ、
専門家の話を楽しく聞くという
番組です。

 

後半は
ニッカウイスキーの飲めるお店紹介が
行われています。

 

今回のラジオ出演も
「ウイスキー片手に」
収録しました。

 

ディレクターさんから聞かれた一言

 

はじめにディレクターさんから
こう聞かれました。

「どうお飲みになりますか?」

 

 

てっきり
コーヒーか何かを
いただけるかと思いきや、

いきなりウイスキーの飲み方の
質問だったのです。

 

 

私はそこで、

「ロックでお願いします!」

と頼みました。

 

チェイサーなしで、
ブラックニッカのロックを飲む。

 

ありがたい機会でした。

(竹鶴12年あたりだともっと嬉しかった、
と思ったり、思ってなかったり)

 

作文教室ゆう、なんでこんな名前?

 

DJの森さんの質問に
お答えしながらの会話となりました。

 

 

「なんで【作文教室ゆう】という名称にしたんですか?」

との質問です。

 

私はこう答えました。

 

 

3つ理由があります。

1つ目
英語で「あなた」(you)を意味すること。

あなたのための
作文教室です、というために付けました。

2つ目
「ゆう」という漢字の多様性です。

勇気の「勇」も
悠々との「悠」も、
遊ぶの「遊」もあり、

いずれもいい言葉なので
「作文教室の意味を自分で見つけてもらう」
という意味を持たせています。

3つ目
うちの妻の名前が
「ゆうか」なので、
そこからです。

 

 

 

すかさず森さんは

「いや、3番めが
一番の理由ですよね!」

と、非常に的確な
ツッコミをしてくださいました。

 

 

さすがプロです。

 

 

8/18(金)のオンエアの際は
この掛け合いにも注目していただけると
うれしいです。

 

 

放送は
8/18(金)17:50-18:00。

 

おそらく番組前半
5分ほどなので
お聴き逃しの内容にお願いします!

 

北海道以外の人は・・・

 

なお、北海道以外の人も
ラジコ」の「エリアフリー」設定で
お聴きいただけます。

 

 

また、

 

「この時間、仕事だわ……」

 

という方も
「ラジコ」の「タイムフリー」を
使用頂くと

8/24まではお聴きいただけますので
ぜひよろしくお願いします。

 

Air-Gとの「縁」

 

それにしても。

まえの高校勤務時代、
Air-Gのディレクターさんと
たまたま
バーで知り合いました。

 

繋がった縁で
生徒を出させていただきました。

 

 

いつか、自分も出たい!

 

そう思っていました。

 

それだけに
すごく嬉しい仕事となりました。

 

 

 

おまけに、
ウイスキー片手に
ラジオ収録するなんて
「大人」じゃないですか。

 

 

ラジオ収録中も
ウイスキーロックの
氷がグラスにぶつかる
カチンという音も
マイクが拾っているかもしれません。

 

 

「NIKKA CONECTIO」という
ジャズの音楽が全体を漂う
「大人」な番組。

ウイスキー片手に
行った対談。

「格調高い」番組に出させていただき、
感謝でいっぱいです。

 

 

こんなつながりも、
私がブログを365日書き続けてきたから。

ブログをディレクターさんが見つけ、
私に出演依頼を送ってくださったのでした。

 

 

「書く」ことは
人生を変える!

 

 

私がいつも言っていることですが、
今回も実感しました。

ではまた!
 


☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください