キャッチコピーで価値を伝える!作文講座@帯広開催!








帯広にて、キャッチコピーの書き方講座開催!

こんにちは、
作文・論文アドバイザーの
藤本研一です。

 

昨日12/11(日)は
帯広出張でした!

 

そして、北海道・帯広市にて
「キャッチコピーの書き方講座」
を開催しました!

作文で未来は変わる!作文・小論文講座
「キャッチコピーの書き方って?」

「お口の恋人 ロッテ」
「お、ねだん以上。ニトリ」

などなど、
世の中にはたくさんのキャッチコピーがあります。

 

キャッチコピーは一体、
なんのために書いているか?

 

どうやったら、
すぐに役立つキャッチコピーを作れるか?

 

90分に渡る講座でした。

 

「キャッチコピーを作る際、
読み手は誰かを意識することが大事です」

「お客様の性別・年齢はどんな人か。
その人にどのように伝えたらいいか、
その人が行動するのを邪魔しているものは何か、
真剣に考えましょう」

 

私が作文講座をする中で学んできたことを
お伝えする講座となりました!

 

 

価値とは
「ことば」で表されるものです。

キャッチコピーという
「ことば」で、
新たな価値が伝えられる!

 

そのことを、
実践を通して気づいて頂く機会となりました!

 

アンケートでも、
「すぐに役立ちそうだった!」という
ありがたいメッセージを頂戴しました!

少人数だからこそ、
お互いに意見交換をしながら
楽しく・気軽に学ぶ機会となりましたね!

     

 

単なる「作文」講座を超え、
「どうやったら人に伝わる文章がかけるか」
などもお伝えする講座となりました!

お越しいただいた皆さま、ありがとうございます!

 

☆ キャッチコピーつながりですと、
ちょうど道立帯広美術館にて、
商品・広告ポスターをテーマにした
美術展が行われています。

「グラフィックデザインの100年展」
です。

こちらも観てみますと
参考になるかと思います。

私も行きましたが、
十分楽しめました。

 

12/17(土)は札幌開催!

 

なお、同一の内容で
12/17(土)に札幌でも実施します!

12/17(土)
14:30-16:00 小中学生向け講座
16:30-18:00 一般・高大生向け講座

です。

 

会場は

札幌駅北口徒歩1分の
「作文教室ゆう/理数教室ゆう」にて
開催します!!!

 

作文で未来は変わる!作文・小論文講座@札幌編

 

こちらもご参加お待ちしております!

 

3枚の写真から見る、小樽の変化

 

小中学生向け講座では、
「3枚の写真から見る、小樽の変化」
というテーマ作文に取り組みました。

 

70年前(終戦直後)という
40年前、
現在の小樽の運河部の写真を元に、

「違う点はどこ?」
「同じ点はどこ?」

探して作文にまとめていきました。

違いと共有点を見つけるのは
作文を書く基本です。

楽しく学習できましたね!

 

この写真は、
Digital北海道様のイベントにて
頂いてきたものです。

小樽の街を航空写真と地図で見てみよう

 

実際の写真から
違いを見る。

 

そのことで
より実践的な作文の技術を学ぶことができますね!

 

 

社会人向け講座も、
小中学生向け講座も、

「すぐに役立つ」
ワザや知恵を学べる講座となりました!!!

 

次回は1/22、「インタビューを元に文章を書く!」

次回の講座は
明年2017年1月の開催です。

 

テーマは
「インタビューを元に文章を書く!」。

 

人の話をじっくり聞き、その内容を文にする。

 

演習を通して、

人の話を聞くスキル・ワザも学べ、
文章をキチンとまとめるワザも学べる、

お得な講座です。

 

ただいま申し込み好評受付中ですので、
ぜひお越しくださいね!!!

Facebookイベントの方はこちらから!↓
インタビューを元に文章を書く技術
【作文で未来は変わる!作文・小論文講座@帯広】

 

ではまた!

 


教育・学校 ブログランキングへ


「文章、ぜんぜん書けない…」「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、【フジモトのカクロン】メルマガです。

文章アドバイザー・藤本研一が365日毎日【無料】朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

 

はじめての方はこちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


sixteen + 14 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SNSでシェア