作文の書き方㊱「体験」こそが何より大事!

作文のコツにおいて「作文のために映画・本を読む!」ことを書きました。

映画や本は、読んだ内容をまとめるだけで作文・ブログになります。

ただ、映画や本は所詮「代理体験」なのです。

何よりも大事なのは直接の「体験」です。

ダイエットに挑戦した体験。

入試の体験。

そういった体験は「あなた」しかできないことです。

自分しかできないことは他に人に訴える力があります。

石井貴士『1分間時間術』では「代理経験」と「直接経験」を明確に分けています。

41fcJEj25vL._SX319_BO1,204,203,200_

「映画を観る」「テレビで野球を観る」のが間接経験。

一方、「映画を撮る」「野球をやる」が直接経験です。

「間接経験」は結局自分の蓄積にはなりません。
下手なりにやってみて「直接経験」を積むと、自分への投資になります。

そしてこれこそ時間を有意義に過ごす事になるのです。

自分でやってみる。

すると、失敗したり、上手く行かなかったりすることがたくさんあります。

そのときに「どうして上手く行かなかったのだろう?」と考えます。
そのときの思考プロセスを書きます。
自分なりに結論をつけます。

それだけで文章になるのです。
しかも、人に響く要素があります。

なぜか?
人は他人の失敗談が好きなのです。

その上で、失敗からの学びがあれば読み手にとっても学びにつながります。

もっとも、読み手にとってはしょせん「間接経験」なのですが・・・。


☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください