縦書きの良さを、今一度考えてみよう。




世の中、横書きばっかり・・・

 

こんにちは、
作文・論文アドバイザーの
藤本研一です。

 

 

前から思うのですが、
なんでブログ(というかウェブ全般)って
横書きだけなんでしょうかね・・・。

 

私、
エッセイ集は
「縦書き」
で読みたい人間なんです。

 

 

縦書きのほうが
スッと頭に入る気がします。

 

 

世の中のありとあらゆる書類は
いま横書きです。

 

ですが、
だからこそ
「縦書き」にしてみることで、
独自の味が伝わるように思います。
圧倒的多数の書類は「横書き」。

 

でも、
本や雑誌など
「ちゃんとした冊子」は
大体「縦書き」です。


企画や報告書、
広報紙などを
あえて「縦書き」にしてみる。

 

 

そのメリットって
あるかもしれません。

 

 

ちょうで先日行った
「広報紙・フリーペーパー作成→発行連続講座」でも
レイアウトの回にその話がありました。

 

縦書き・横書きで、
同じ情報でも
伝わるイメージが違います。

 

 

 

 

・・・ということで、
縦書き・横書きについて、
調べてみました。

 

▼気軽に読むには「縦書き」

 

フリーペーパーや本など、
気軽に読みたいものは
「縦書き」のほうがいいそうです。

それは
「圧倒的多数は右利き」
なので、右手で開けるほうが利点が大きい、
とのこと。

 

たしかにそうですね!!!

「横書き」と「縦書き」、広告で有効なのはどっち?

 

 

▼情緒性

 

情緒的な文章は縦書きのほうが
伝わりやすいようですね。

 

エッセイ集などが
縦書きのほうが
伝わりやすいわけですね。

逆に説明や論理性が
必要な文章だと
横書きの方がいいようです。

 

縦書きのメリット、横書きのメリット

 

 

▼テンとマル

 

ちなみに、
日本語のテン・マルって
縦書きと横書きで
書き方が違っています。

 

縦書きのときは「、」「。」ですが、
横書きでは
「 , 」「 . 」
になるのです!

(厳密に言うと。
いまはもうメチャクチャです)

 

日本語は、縦書きと横書きで文字が変わるめずらしい言語

 

縦書きの言語は世界でも珍しい!!!

 

個人的には
「縦書き」は
けっこう好きです。

 

 

実は
「縦書きで書ける言語」
って、

世界にはほとんどありません!

 

 

漢字の国・中国は
縦書きを捨てました。

 

 

これ、
知ったときはちょっとした
驚きでした。

 

習字の時間にしか
中国は縦書きで書かないそうです。

 

 

縦書きで書ける言語は
もう
モンゴル語
くらいじゃないでしょうか?

url

 

世界広しといえども、
縦書きの国は本当に少数です。

 

 

・・・であれば、
この強みを活かす方法を考えてはいかがでしょうか?

 

 

映画『マトリックス』を覚えていますか?

 

img_fc283fdcf9bd8574ba115bf096b4697c2dd488df

 

そうそう、
このシーンだけ
有名でしたね〜。

 

 

『マトリックス』には、
こんな緑のプログラム言語が出てきます。

 

47c2d8576f9b6021382ba591151581fc

これ、実は
カタカタの裏返しです。

 

「上から下」に
流れていくのは

日本語のプログラミングを
イメージしたそうです。

 

「日本人のプログラマーは、
縦書きでプログラミングをしているらしい」

 

そんなウワサをもとに
映像化してしまったそう。

 

「縦書きでプログラミングをしているわけ、
ないじゃん!」

 

・・・個人的にツッコミたいですが、
世界的に見ても
「縦書き」が珍しいと思われている
一つの証拠と思います。

 

せっかくなので、
この縦書きの
良さを生かしていきたいな〜と思っています。

 

「原稿用紙」
っていうのも、
良い文化だと思いますし。

 

☆ どこかに
縦書きのWebサイトって
ないもんですかね〜。

 

ではまた!

教育・学校 ブログランキングへ

「文章、ぜんぜん書けない…」「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、【フジモトのカクロン】メルマガです。

文章アドバイザー・藤本研一が365日毎日【無料】朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

はじめての方はこちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください