イヤな仕事を好きになる方法。「その仕事が好きな人はどういうところが好きと考えているか」想像してみる!




今回のポイント

どんな仕事にも「その仕事が好き」な人は
大抵いる。
イヤな仕事も「どうやったら楽しくなるか」を
考えてみては?

「仕事があんまり楽しくない…」時は?

「あんまり仕事が楽しくない…」

「正直言ってツラい…」

仕事をしていると
時折こういう気持ちになることって
ありますよね。

今回はそんなときの
ヒントになるかもしれない内容を
まとめてみました!

スライド作りにハマっています

いま私は
地味にハマっているものがあります。

 

それが
パワーポイントのスライドづくり
です。

 

うちの塾の体験授業で使う
スライドづくりの他、

企業研修時に使うスライド資料を
作り直しているのです。

これまでも私はパワーポイントの
スライドをけっこう作ってきましたが、

本番直前に作ることも多く、
「文字ばっかり」で「見ずらい」スライドに
なってしまうこともありました。

…それを反省し、
見やすくわかりやすいスライドにしようと
再度作り直しているところです。

じっくりスライドを作っているとだんだん楽しくなる不思議。

セミナーや講義前に
バタバタ急いでスライドを作るときと違い、
じっくりスライドを作っていくと
少しずつ楽しくなっていくものですね。

 

「こうまとめてみたら
 もっとわかりやすくなるのでは…?」

スライドづくりって、
毎回発見があるのでけっこう面白いんです。

 

…なので、今やるべき業務ではなく
気づけばスライドづくりばっかり
取り組んでいることも(笑)

 

ある意味「趣味」のようにも
なってしまっています。

 

 

こうやってスライドづくりが楽しくなってくると、
そのスライドを使う際にも
落ち着いて説明することが可能となります。

 

スライド作りが楽しくなってきたこと、
良かったなあ、と思っているところです。

(もちろん、
 他の業務もちゃんとやっていますので、
 念のため…)

以前はスライド作り、キライでした…。

実は私、
以前はパワーポイントの
スライドづくりって
あんまり好きじゃなかったんです。

 

スライドって
ビジュアルも大事ですし、
説明を短くまとめるスキルも求められます。

 

私は口頭でまとめて話したり
詳しく説明したりするのが好きなので
スライドづくりがけっこう苦手だったのですね。

 

なので塾の開業から数年間、

「できればパワーポイントでの
 スライドづくりをしないで
 仕事をしていきたい…」

と思っていました。

 

実際、周りにも
「スライドづくりが苦痛…」
と何度も相談していました。

 

勉強すると楽しくなる!

 

…ところが、
スライドづくりの方法を勉強し、
イヤイヤながらもスライドを作っているうちに、
だんだん楽しくなってきたのです。

 

何事もやり続けると
楽しくなるのだなあ、

というのに気づいた次第です。

 

今回のポイント

どんな仕事にも「その仕事が好き」な人は
大抵いる。
イヤな仕事も「どうやったら楽しくなるか」を
考えてみては?

どんな仕事にも「好き」な人は大抵いるもの。

どんな仕事にも
「その仕事が好き」という人は
大抵いるものです。

 

一方、
自分のやっている業務が
イヤでしかたないという人も
いるはずです。

 

そういうときに考えてみるといいのは

「この仕事を好きな人がいたとして、
 その人はどういうところが
 好きだと考えるのだろうか」

と想像してみることです。

 

私もスライド作りについては
「スライド作りのプロ」と言える人の本を読んで
勉強するうちにだんだん楽しくなってきました。

 

「この仕事、どういう部分が好きですか」と聞いてみる!

 

ほかにも、自分と同じ仕事をしている人に
「この仕事のどういう部分が好きか」
を聞いてみるのもいいかもしれません。 

 

イヤだなと思っている仕事でも、
視点を変えると意外と楽しくなることも
あるかもしれないからです。

 

 

今回のまとめ

今回のまとめです。

 

仕事がツラい時やイヤな時って
どんな人にもあるものです。

 

そういう時こそ
「この仕事を楽しんでいる人はどうやっているのか」

考えてみるのがおすすめですよ!

 

そう考えると仕事が楽しくなるヒントも
見つかってくるはずですよ。

(ちなみに、キライな人が多い
 大学院進学の「志望理由書&研究計画書作り」、
 私はけっこう好きです。

 なのでお気軽にお問い合わせいただければ幸いです)

 

ではまた!


☆メルマガ登録後1通目が届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合