ダメ元でいいから受験チャンスを増やす!それが大学院攻略のカギ。




今回のポイント
試験のチャンスがあるのなら
「ダメ元」でもいいからチャレンジを!
本番慣れをすることで自分の夢に一歩近づこう!

「ダメ元」で大学院を受けるのはアリ?

  

いま、大学院進学対策を
一緒に進めている受講生の方が
いらっしゃいます。

 

 

この方、Aさんとします。

  

Aさんは昨年12月、
「来年度、試験に挑戦したい」
という思いでうちの塾にお問い合わせをくださりました。

  

本来、Aさんは
本年2022年9月に行われる
試験を受ける予定でした。

…ところが、
希望なさっている大学院を調べてみると
この方が受ける大学院には
毎年9月と1月の年2回
募集があるようでした。

今年9月の試験より前に、
もう1回のチャンスである「1月」の試験が
受験可能なことをAさんと確認し、
この「1月」の試験にも挑戦することになったのです。

有り体に言えば
「ダメ元」での受験、です。

9月の試験を「本番」と定め、
今回の試験は「ダメでもともと」、
試験本番の雰囲気に慣れるために
受験することとしたのです。

(余談ですが、
 Aさんのめざす大学院のように
 9-10月と1-2月など
 年2回募集が行われる大学院は
 結構多いです)

合格が見えてきています!!!

当初はそういうところから対策を始めたのですが、
小論文・面接の練習を重ねる中で
Aさんはどんどん実力を伸ばしていかれています。

  

回答の内容を見てみると

「これはダメ元どころから
 合格可能性が十分にあるのでは…!」

という段階まで
学習を進めていらっしゃっています。

実際、Aさんは忙しい中でも
過去問を解き続け、
努力を着実に積み重ねていらっしゃっています。

  

「ダメ元」どころか
希望する大学院に
1月試験で合格可能性が見えてきたAさん。

  

試験に向けてのラストスパート、
一緒に取り組んでいきましょう!

  

今回のポイント

試験のチャンスがあるのなら
「ダメ元」でもいいからチャレンジを!
本番慣れをすることで自分の夢に一歩近づこう!

「ゆとり」がありすぎると間延びする!

さて、私は昨年12月Aさんと体験授業をした際、

「来年9月の試験に向かって
 ゆったり学習を進めていきましょう」

とお話することも可能でした。

  

ですけど、その場合
けっこう「間延び」してしまいます。

もちろん、
8−9ヶ月かけて完璧に準備することも
可能ではあります。

ですけどその場合
モチベーションは上げるのは意外と大変です。

ゆとりがありすぎて
なかなか本気になれない可能性もあるからです。

ダメ元受験のメリット

ところが、
今回「ダメ元」でもいいから受けてみると
当日に向かって学習を進めていけますし、
試験が直近になるのでやる気も高まります。

それでいて「ダメ元」だからこそ
気楽に試験を受けることも出来ます。

  

「ダメ元」なので
受からなくてもある意味「当然」ですし、
仮に受かれば万々歳、です。

 

「ダメ元」合格率、意外と高いです!

…これまで大学院進学をめざす
社会人の方を何人もご指導し、
一緒に合格を勝ち取ってきましたが、

意外と「ダメ元」で挑戦した試験に
合格なさったケースはかなり多いです。

「ダメ元」の推薦試験で合格!Bさんのケース

昨年 医療系の大学院対策を一緒に進めたBさんのケースも
同様でした。

Bさんの受けた大学院の試験では
「一般試験」の1ヶ月ほど前に
「推薦試験」がありました。

当初Bさんは一般試験しか受験しない予定だったそうですが、
調べてみるとBさんに
「推薦試験」の受験資格が十分にあることがわかりました。

なのでBさんと相談し、
一般試験より前に
それこそ「ダメ元」で挑戦してみることにしたのです。

もともとは受験するチャンスを2倍にすることを
目的としていましたが、

Bさんは見事「推薦試験」を受けるだけで
合格を勝ち取ることができたのです。

これも「ダメ元」で受けてみたからこその
成果であるように感じています。

(Bさんにも推薦試験で合格を勝ち取れたこと、
 たいへん感謝していただくことができました)

…試験戦略上、
「ダメ元」受験を勧めるのには
もちろんリスクはあります。

試験まで「間延び」するのは意外とキケン!

ですが、大学院受験の戦略において
試験まで「間延び」するのは
意外と危ういのです。

  

(仕事でも
 納期まで時間がありすぎると
 ついつい何もしないまま直前まで放置してしまうケースが
 ありますよね…)

  

目標達成を1年前倒しできるのが最大のメリット

さらにいえば、
人生の時間は限られています。

もし通学するのに支障がないのであれば
入学が1年先になるよりは
すぐに入学できたほうが時間効率も高まります。

冒頭で述べたAさんの当初の予定では
2022年9月受験→2023年4月入学と
かなり期間が先になる予定でした。

ところが今月行われる
2022年1月受験に合格した場合は
2022年4月入学となります。

ある意味1年早く
大学院に入ることが可能となるのです。

だからこそ「ダメ元」で受けてみたほうが
早く目標達成をすることができる可能性もあり
有益、なのですね。

ラストスパート、一緒に頑張りましょう!

  

いまAさんと
今月の試験対策を一緒に進めています。

「ダメ元」受験の予定が
着々と準備が進み
合格が狙えるような状態まで学習が進んでいます。

ラストスパート、
一緒に頑張っていければ幸いです!

ではまた!