ストレスを貯めず、仕事・勉強の能率を維持するためのマイルール。プリンタインクを交換したら、その場でインクの追加発注を。




今回のポイント
在庫の数を決め、
無くなったら「その場」で発注or購入する。
勉強・仕事がしやすくなる「仕組み」づくりを
全力で行う!

 

急いでいるときに限ってプリンタのインク切れ…!

 

「今日中に資料を印刷して提出しないといけないのに
なぜかプリンタのインクが切れている…」

 

 

大学院入試の出願など
資格試験の対策をするときや
仕事での大事なプレゼン前などには、

なぜか「起きてほしくないトラブル」が
急遽行ってきます。

 

 

その1つがプリンタのインク切れです。

 

 

家や職場のプリンタって、
必要なときに限ってインク切れになります。

 

 

 

慌てて倉庫を調べてみても
インクの在庫がないことも多いです。

 

 

 

急いで印刷しないといけないのに、
室内にはインクの予備が残っていない…!

 

こうなると
めちゃくちゃ焦ることになります。

 

私も何度も経験…

 

かくいう私、
何度もそういう「ピンチ」に襲われていました。

 

 

…まあ、以前の事務所は
ヨドバシカメラ札幌店の道向かいだったので
そんなときでもダッシュでヨドバシに駆け込めば
だいたい揃っていたわけですが(笑)

 

 

私は今年6月から事務所を移転しました。

北12条の新事務所は
ヨドバシカメラからは遠くなってしまいました。

 

そんなわけで
急にインクが切れると
めちゃくちゃ困ることになるわけです。

 

 

(地下鉄からの直線距離は近くなったので
受講生の方に
通塾していただきやすくはなっています)

 

 

突然のインク切れでも慌てないためのマイルール。

 

 

ただ、いまの事務所では
あるルールを定めています。

 

 

それは

「プリントインクの替えを
モノクロインクもカラーインクも
常に1セット用意しておく」

というルールです。

 

 

 

このルールを定めていると
インクの在庫で
困らなくなるのです。

 

どういうことかというと、
インクが切れてプリンタのインクを交換したら
「その場」でAmazonから追加発注するようにしているのです。

 

 

すると数日で追加のインクが来ますので
常に1セット在庫を確保することができるのです。

 

 

常に1セット在庫を確保し続ける!すると仕事・勉強の能率が維持できる!

 

 

以前はインクが切れてから買いに行っていたわけですが、
これだと時間のロスも大きい上に

「もし、お店でも売ってなかったらどうしよう・・・」

という不安も生じてしまいます。

 

 

なので、
プリンタのインクを替えたら
「その場」で追加発注をするというルールは
仕事や勉強の効率を維持する上でも役立つのです。

 

ネットで買うと間違って買ってしまうリスクも減らせる!

 

その上。

 

 

ネット経由で買っていると
自分の購入履歴から探すだけで
手軽に発注できるのもいいですね。

 

 

お店でインクを買うときって
インクを間違って買ってしまうケースが時折あります。

 

買ってきてから

「あ、このプリンタのインク、
メーカーは合っているのに
この機種には使えなかったんだ…」

と悔しい思いをすることがあるのです。

 

 

(私は2度ほど経験したことがあります)

 

 

ネットでその場で発注すると
こういうミスも起こらないので
精神的にもラクなのです。

 

 

ここまでのまとめ

 

 

ここまでをまとめます。

 

 

家や事務所でストックしておく在庫数を決めておき、
その数を下回ったらその場で発注するという仕組みは
仕事や勉強の効率を維持する上で役立ちます。

 

 

たとえばペンや付箋紙、
ノートや消しゴム、輪ゴムやカッターなど
「在庫」の数を決めて用意しておくと

「あ、○○が切れちゃっている・・・」

と焦ることもなくなります。

 

 

 

ちなみにこれ、
うちの家の中でも実施しています。

トイレットペーパーや冷蔵庫の中の卵なども
一定個数以下になったら買いに行く、というルールを
自分で決めているのです。

一度決めておき、
それ以下になったら発注or購入するルールを定めておくと
どんなときでも焦らずに済むので便利なのです。

 

 

今回のポイント

 

 

今回のポイントです。

 

 

在庫の数を決め、
無くなったら「その場」で発注or購入する。
勉強・仕事がしやすくなる「仕組み」づくりを
全力で行う! 

 

仕事や勉強をしやすくなるための「環境」整備を!

 

 

今回はあんまり「勉強」系な内容ではなく
どちらかといえば「整理整頓」に関するような話となりました。

 

 

でも、今回のように
仕事や勉強しやすくなるような「環境」を用意するのって
効率を維持する上でも有効なのですね。

 

そのなかでも
「プリンタのインクの在庫を常に1セット用意する」のは
カンタンにできる割にストレス削減効果も高いので
オススメですよ!

 

 

 

ぜひこの機会に
考えてみていただければ幸いです。

 

 

試験直前のインク問題はけっこう焦る!

 

 

ちなみに、
プリンタのインク問題は

「大学院の出願期間」

にも頻繁に起きることになります。

 

 

大学院の出願書類って
手書きだけではなく
PCで作成するものも多いです。

 

人によっては家のプリンタを
使うのはずいぶん久しぶり、
という人もいらっしゃるかも知れません。

 

久々にプリントする場合、
おまけにカラープリントする際、
印刷がきれいに出ないことも多いです。

 

あるいは私のように
インク切れに悩むこともあるかも知れません。

 

 

大学院進学対策は
余裕を持って行うべき、というのは
こういう点にも現れてくるのです。

 

不調時はすぐコンビニに走れ!

 

なお、
プリンタのインクが急に切れたり、
またプリンタが急に不調になったりしたときは
USBメモリ片手にコンビニ向かうほうがいいです。

 

大手のコンビニ(セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートなど)ですと
コンビニのコピー機から
USBメモリやネット経由で
資料をプリントできるサービスが用意されています。

 

これ、
たまに知らない人がいらっしゃるのと
プリンタ不調時に慌ててしまい
冷静な判断ができなくなることもあるので
念のために書いておきました。

 

お役立ていただければ幸いです。

 

 

直前期のトラブルには冷静に対応を!

 

試験の直前期って、
なぜか多くのトラブルが起こります。

 

急に仕事が忙しくなって勉強時間が取れなくなったり、

本番に着ようと思っていたスーツを
クリーニングし忘れていたことに気づいたり、

今回のようにプリンタのインク切れで
出願書類を印刷できなかったりと様々です。

 

 

こういう時、
一度 深呼吸して落ち着くことが大事ですよね。

 

その上で冷静な判断をしていきたいものですね!

 

(こういうふうに焦らなくても良いためにも、
大学院の準備は【半年前】くらいには
はじめておくのをオススメします!)

 

ではまた!


☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください