社会人が小樽商科大学大学院アントレプレナーシップ専攻(OBS)でMBAを目指すなら、独力にこだわらないほうがいい理由。




今回のポイント
正しいやり方を知らないと、
時間とお金のムダになる。
大学院を目指すなら、他者からのアドバイスを!

 

「小樽商科大学大学院でMBAを取りたい!」

 

☆本日の内容は動画でもお伝えしています。
動画にしかない内容もありますので
気軽に聞き流してみてください。

 

「小樽商科大学大学院で
MBAを取りたいんだけれど、
なにからはじめていいか分からない…」

 

そんな声を
時折お聞きすることがあります。

 

北海道で唯一!働きながらMBAが取れる大学院

 

北海道で唯一
「働きながら」
MBAが取れる大学院。

 

それが小樽商科大学です。

 

☆公式サイトはこちら↓
https://obs.otaru-uc.ac.jp/

 

(北海道大学でも
MBAは取れますが、
夜間の講義ではないので
社会人に優しくないのです…)

 

小樽商科大学は
サテライトスクールが
札幌駅前にあります。

(写真はwikiより)

 

大丸百貨店 道向かい・
紀伊國屋書店の上の階
(3階)に入っています。

 

 

この小樽商科大学の
サテライトスクールは、

なにげに私の経営する
「札幌駅前 作文教室ゆう」からは
歩いて2分ほど。

 

めちゃくちゃ近いです。

 

 

MBAで将来へ飛躍!

 

小樽商科大学大学院の
商学研究科の「アントレプレナーシップ専攻」
(通称OBS)では
MBAを取ることが出来ます。

 

経営学修士を意味する
MBA。

 

 

転職や起業の際、
役立つ資格として人気が高いです。

 

社会人の方、
特に経営を本格的に学びたい方・
キャリアアップを目指す方にとって
MBA取得は今後の飛躍に役立ちます。

 

そのために受験を検討する人は
毎年多数いらっしゃいます。

 

 

社会人が大学院受験をするのが大変な理由。

 

ですが。

 

 

小樽商科大学に限らず、
社会人の方が大学院を目指すのって
けっこう大変なんです。

 

何かというと
「時間捻出」という
苦労があるからです。

 

 

大学院進学を志す場合、

「これまで自分はどんな活動をしてきたか」
「なぜ自分はこの大学院に行きたいか」
「大学院で何を研究誌たいのか」
「修了後、なにをしたいのか」

について、
資料にまとめる必要があります。

 

これらを「研究計画書」や
「志望理由書」として
提出する必要があります。

 

(小樽商科大学の場合は
これらをまとめて
6,000字以内で書く必要があります)

ただ、忙しい社会人の場合、
これだけの内容を一人で考えるのは
至難の業。

 

 

おまけに、

「どういうふうに書いたらいいか、
よくわからない」

「論理的にまとめられない…」

と書き始めてから悩みだす人も
いらっしゃるかもしれません。

がんばって作成できたところで
ひとりよがりなものになってしまうと、
合格率が下がってしまう結果となります。

 

 

 

それだけではなく、
小論文試験の対策や
口述試験(プレゼンテーションと質疑応答)の対策など、
やるべきことはたくさんあります。

 

 

すべてを1人で対策するのは
非常に大変かもしれません。

 

 

 

 

…こういった理由から、
小樽商科大学ビジネススクールへの
進学を考える方からのお問い合わせを
ここのところ毎年頂いています。

 

そして、毎年合格者を輩出しています。

 

塾・予備校を使うのは「ズル」ではない!

 

 

なお、たまに誤解している人がいるのですが、
大学院進学に際し、
私の教室のような塾を活用するのは
別に不正でも「ズル」でも
何でもありません。

 

札幌には数が少ないだけで、
東京・大阪あたりでは
当たり前のように「MBA受験予備校」が
存在しています。

 

 

別にうちの教室にいらっしゃっても、
「代わりに書類を作る」
などと言った不正を行うわけではありません。

 

あくまでその方の志望理由や
小論文・面接対策がうまくいくよう
アドバイスや講義を行うだけです。

 

 

大学院進学って
ゼロから自分で行うと
めちゃくちゃ時間と手間がかかります。

 

その上、
自分で書いた内容が
本当に「志望理由書」や「小論文」として
ふさわしいものかどうか、
大学院に出願するまで全くわかりません。

 

 

忙しい社会人の方が
自分の時間を割いて取り組んでいても、
それが無駄な努力になる可能性すらあるのです。

 

正しいやり方を知ると合格できる!

 

私の教室には以前

「2年連続で大学院に落ちたので、
今年ダメなら諦めようと思っています」

と相談に来てくださった社会人の方が
いらっしゃいました。

 

この方は3ヶ月の講義の末、
無事第一志望の大学院に合格なさいました。

 

 

正しいやり方を知ることで、
夢を実現できる。

 

その方の笑顔から学ぶことができました。

 

 

今回のポイント

 

今回のポイントです。

 

正しいやり方を知らないと、
時間とお金のムダになる。
大学院を目指すなら、他者からのアドバイスを! 

 

独力で挑戦することよりも大事なのは…

 

正しいやり方を知らないと、
結局は何年も不合格が続いたり、
最悪の場合 自分の夢を諦めたりすることに
なってしまいます。

 

独力で挑戦するのって
価値が高いかもしれませんが、
それでは時間がかかりすぎることも多いです。

 

 

実際、スキーやスノーボードも
独力で学ぶことができますが、

インストラクターに学んだほうが
早く安全に上達することが可能です。

そんなわけで、
私の教室での講義やアドバイスが、
必要な方のお力になれれば幸いです。

 

 

ではまた!

 

☆正しい文章の書き方を学ぶには
12/13スタートのこの講座もオススメですよ!

 

 


☆メルマガ登録後1通目が届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合