看護の大学院に行って専門看護師の資格を取る!大学院に行くのは究極のキャリアアップにつながる!

今回のポイント
大学院進学が有利になる職種は
たくさんある!
そういう職種なら、
思い切ってチャレンジしてみては?

 

大学院に行くのって、一体何の役に立つのか?

「大学院に行くのって、
 いったい何の役に立つの?」

こういうご質問を
伺うことがあります。

 

「社会人こそ大学院に行こう!」
と私は常々言っていますが、
こういうご質問、しょっちゅう受けています。

 

 

 

大学院への進学。

 

 

勉強になる・
学ぶ楽しみが得られるという側面は
もちろんあります。

 

 

ですが、
「仕事で評価が高まる」
「職場での待遇が良くなる」
「給料が上がる」
という側面ももちろんあるのです。

 

 

大学院に行くことがプラスになる職種はたくさんある!

 

大学院進学が
プラスになる職種って
実はたくさんあります。

 

 

看護師さんはまさに
その1つです。

 

 

いま看護の大学院に行き
「専門看護師」の資格を目指す方って
増えています。

 

 

まだまだ取っている人が
少ない資格ではありますが、

「専門看護師」の資格を取り、
職場においても中心的存在として
活躍なさっている人も多くいらっしゃいます。

 

 

専門看護師になるには
指定を受けた看護の大学院に
2年間通う必要があります。

 

(5年以上の実務経験のほか
筆記試験や書類審査などに
合格することが必要です)

 

 

勤務先の病院によっては
看護の大学院への進学を
奨励していることも
あるようです。

 

 

「専門看護師になるための受験勉強。何からはじめたらいいの?」

 

ただ、実際に大学院に行く勉強を始めると
「何から始めればいいかわからない!」
という人も多いかもしれません。

 

その上、どこかで学ぼうとしても
夜勤などが入る関係上、
予備校のような場所で学ぶのは
大変です。

 

「忙しいから通塾は無理だな…」

そう思う方も多いようです。

 

もちろん、
欠席した授業では
映像授業でのフォローがある場合もあります。

 

ですが、
仕事から家に帰ると疲れて寝てしまいがち。

 

 

なかなか大学院進学に向けての勉強って
進めにくいものなのです。

 

 

独学も意外と大変…

 

 

通信添削の学習や参考書で独学する、
という方法もあるでしょう。

 

 

ですがその場合、
そもそも家でやる気がせず、
教材を買うだけでお金がムダになることもあります。

 

 

その点、私の塾ですと
1対1の授業なので、
予定も自在に組むことが出来ます。

 

 

オンラインでの授業も可能ですし、
札幌駅前なので仕事帰りなどに
気軽に寄ることもできます。

 

 

そういった私の塾の強みを活かし、
これまでも看護師さんの大学院合格者を
何人も輩出してきました。

 

 

私の塾が
「大学院に行きたい!」
という方のお役に立てれば幸いです。

 

 

専門看護師の資格を取って、
あなたの転職を有利にしましょう!

そして自分を高く売りましょう!

 

その上、
大学院で学んだ内容を元に
専門看護師として
職場で患者さんに貢献していけるのであれば、
みんなのためにもなりますね!

 

 

 

今回のポイント

 

今回のポイントです。

 

大学院進学が有利になる職種は
たくさんある!
そういう職種なら、
思い切ってチャレンジしてみては? 

 

 

大学院進学って
別に「見栄」や「プライド」のために
するものではありません。

 

 

そうではなく、
大学院進学こそ
究極のキャリアアップにつながる、
と私は考えています。

 

 

まだまだ一部の仕事かもしれませんが、
今後 仕事に出てから大学院で学び直す、
というルートも
これから増えていくと思われます。

 

 

思い切って、大学院に行ってみる!

そのチャンスを活かしていくのも
いいかもしれませんね!

 

ではまた!

「文章、ぜんぜん書けない…」「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、【フジモトのカクロン】メルマガです。

文章アドバイザー・藤本研一が365日毎日【無料】朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

はじめての方はこちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください