「キレる」以外の怒り表現、持っていますか?語彙力が増えれば上司とのコミュニケーションも変わる!





今回のポイント
便利な言葉を封印する。
知っている言葉(語彙)を増やすことで
自分の思い・気持ちを適切に伝える努力を!

 

キレるときって、どんな時?

 

突然ですが、
あなたにとって
「キレる」時ってどんなときでしょうか?

 

日常の中で
「キレる」こと。

また「イラッ」とすること。

 

意外と多いです。

 

 

人によっては
何でもかんでも「キレる」人も
います。

 

列の割り込みでキレて、
コロナでの仕事減少でキレて、
家族との関係でキレるという状態。

 

特に高校生になると
何でもかんでも1日中
「キレて」いることが多いですね。

 

 

この時、大事なことがあります。

 

それは
「キレる」という感情を表現する「別の言葉」を
1つでも増やしていく、
ということです。

 

いつでも・どこでも使える「便利」な言葉ほど注意して使う!

 

「キレる」という言い方は
いつでも・どこでも使える
「便利」な言葉です。

 

何でも使える
便利な言葉って、
使う際は注意が必要です。

 

なぜかと言うと、
概念が1つしかないと
言い方が極端になるからです。

 

 

「キレる」と言っても、
100%の「キレる」もあれば
50%の「キレる」もあります。

30%の「キレる」もあれば
5%の「キレる」もあります。

 

この「キレる」の幅が
曖昧なままで使っていると、
聞き手の理解もばらばらになってしまうのです。

 

 

つまり、
「キレる」という言葉だけだと
100%の「キレる」なのか
5%の「キレる」なのかで
意味が違うわけです。

 

なんでも「キレる」と
言っていると、
この%部分がイマイチ伝わらなくなるのです。

 

「キレる」以外の言葉も使っていく!

 

だからこそ、
何でもかんでも「キレる」で
説明するよりも、

  「その言い方は角が立ちますね」

  「どうもしっくり来ないんです」

  「その言い方は
   口が過ぎますね」

  「あの人の言い方は
   耳に当たります

などと「別の言い方」を
学ぶほうがいいのです。

 

 

こういったほうが
適切に感情を伝えられます。

 

 

「キレる」という言い方は
便利です。

 

 

便利だからこそ、
なんでも使わないように
気をつけないといけませんね。

 

今回のポイント

 

今回のポイントです。

便利な言葉を封印する。
知っている言葉(語彙)を増やすことで
自分の思い・気持ちを適切に伝える努力を!  

 

 

「キレる」しか語彙がないと、
それは何でもかんでも
「キレる」ことになります。

 

コロナウィルスへの対応に「キレ」たり、
マスクの在庫がないことに「キレ」たりするだけ、
です。

でも、
もし他の言葉(語彙)を持っていたらどうでしょう?

 

コロナウィルスへの対応に
「煮え切らないものを感じ」たり、

マスクの在庫がないことに
「焦り」と「不安」を感じたりすることが
出来るようになるわけです。

 

「キレる」しか語彙がないと、
ホント1日中「キレ」て終わってしまいます。

 

多様な言い方を学んでいく!

 

「キレる」と言いたいところを、

  「ムッとする」
  「義憤を感じる」
  「違和感を覚える」
  「耳に当たるように感じる」
  「角が立つ」

などと
多様な言い方を出来るようになると
ちょっと物事の見方が変わってきます。

 

上司に対して

 「私はキレています!」

と言ったらある意味
「始末書」ものかもしれませんが、

 

 「○○部長の言い方は
耳に当たります」

と言えば
相手にも受け入れやすく
自分の感情を示すことができます。

 

別の言い回しをすればコミュニケーションも良くなる!

 

日本の教育においては

 「自分の意見を持ちましょう」

「思ったことを何でもいいましょう」

とは教えています。

ですけど、

 「相手に受け入れやすい語彙で
自分の気持ちを伝えましょう」

とは教えていません。

 

その結果、
何でも率直に言って
「角が立つ」物言いをしていたり、

反対に
自分の感情を抑え込み、
常に「いい人」を演じようとしたりするだけの
結果になることも多いのです。

 

 

これはほんとうの意味で
良いコミュニケーションを取っているとは、
いえません。

 

だからこそ、
「キレる」だけで済ますのではなく、

もっと違う表現・
もっと違う言葉で説明する習慣、
作ってみてはいかがでしょうか?

 

 

ではまた!


「文章、ぜんぜん書けない…」「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、【フジモトのカクロン】メルマガです。

文章アドバイザー・藤本研一が365日毎日【無料】朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

 

はじめての方はこちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


eight − 3 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SNSでシェア