「よりによって…」と思うか、「ネタになる!」と思うか。自分専用媒体を持つと不運をネタに変えられる!





今日のポイント
ちょっとした不運を
「よりによって…」と捉えるか
「これはネタになる!」と捉えるか。
すべてはそれで決まる!
ブログ・メルマガがあると、不運が全てネタになる!

感謝!雑誌連載スタート!

 

実は私、
雑誌に連載を持っているんです。

 

札幌地域で20,000部以上発行している
『さっぽろ経済』という雑誌に
3ヶ月間の集中連載。

いや〜、うれしいですね!

 

 

何がうれしいって
「雑誌に連載を持っている」
という言い方、
なんかカッコいいじゃないですか。

 

毎日ブログに文章を書いている私として、
「雑誌連載」はなんとしても実現したい
「夢」でした。

 

ありがたいことです。

『さっぽろ経済』は紀伊國屋書店の
札幌本店でも売っています。

1冊250円と
たいへんリーズナブル。

 

さっそく自分でも買って読みました。

 

自分の掲載されている雑誌を、
書店で買う。

 

ちょっとしたドキドキ感がありました。
(自意識過剰です)

あれ、雑誌が送られてこない…。

 

さて、
『さっぽろ経済』という雑誌は
札幌商工会議所の「広報誌」という
側面を持っています。

 

札幌商工会議所の会員さんに
毎月送付されている雑誌でもあるんです。

 

だいたい月の中旬に届きます。

 

ところが。

 

なぜか知り合いから

「『さっぽろ経済』、見ましたよ!」

という声をまったく聞かないんですよね。

 

不思議だな〜、
と思っていました。

 

それに、なぜかうちの事務所にも
『さっぽろ経済』が届かないのです。

 

商工会議所の年会費、
きちんと4月頭に払ったのに、なぜ?

 

 

そう思い、
4/23に
札幌商工会議所に電話をして聞いてみました。

 

 

すると、予想外の返答が。

「実は今月号なのですが、
業者さんの関係で
発想が遅れているんです…。

明日発送なんですよ」

 

そんな返答でした。

 

ちょっとした驚きでした。

『さっぽろ経済』が
その月の下旬になっても届かない。

こういうことって、
これまでなかったように思います。

「よりによって
自分の連載が始まった時に
限って起きるなんて…」

一瞬そう思いました。

ですが、すぐに
発想を変えました。

 

「自分の連載が始まった号に限って
発送が遅れる…。
うん、これはネタになる!」

 

私にとっては「ちょっと不運」な内容です。

でも、この内容を人前で話したり、

文章で書いたりすると
立派なネタになるのです。

 

「ちょっとした不運」はいいネタになる!

 

知り合いのちょっとした「残念な話」って
聞くと意外と面白いですよね。

 

今回の「発送遅れ」問題も、
ちょっとしたネタになると実感したんです。

 

発送が遅れることで、逆に注目される。

 

しかも。

「発送が遅れる」のって、
まんざら悪いことばかりではないことに
気づきました。

 

いつもより発送が遅れているということは
「あの雑誌、いつ来るんだろう・・・」
という思いを引き起こします。

 

「焦らし」が入ってくるのです。

 

…ということは
いつもより「注目度」も上がるわけですね!

 

そういう「注目度」が上がった状態で届く雑誌のほうが、
インパクトが大きんじゃないか。

 

そう感じました。

 

「よりによって…」と考えるか、「ネタになる」と考えるか。

 

「よりによって、なんでこんな時に…」

そう思ってしまうと、
もう発想がネガティブになってしまいます。

 

でも、
「せっかくだから、これをネタにしよう」
と思えると
すべてが前向きになります。

 

現に、こうやって記事に書くネタを
無償で提供してもらったわけですから
うれしい限りです。

 

それに、
「焦らし効果がある」というのも
記事を書いていてはじめて気づいた視点です。

 

いつもきちんと定まった時期に届くからこそ、
ちょっとした発想の遅れが
「注目度」を高める効果になるのです。

 

これ、私から商工会議所さんに
感謝状を出してもいいレベルかもしれないとも思いました。

 

今日のポイント

 

今日のポイントです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ちょっとした不運を
「よりによって…」と捉えるか
「これはネタになる!」と捉えるか。
すべてはそれで決まる!
ブログ・メルマガがあると、不運が全てネタになる!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

 

自分専用媒体をもっていると、あらゆるものをネタにできる。

 

ブログやメルマガ、
YouTubeなどの
「自分専用媒体」をもっておくと、
こういう時に楽しいです。

 

ちょっとした不運を、ネタにできるからです。

 

 

自分にとっての不運って、
実は周りから見るとけっこう「笑いのタネ」に
なるんですよ。

 

自分にとっての「ちょっとした不運」を書くことで、
周りが楽しんでくれるなら
それで十分「モトを取った」ことになります。

 

(ちなみにSNSだと
「札幌商工会議所、許せない」
という糾弾系の内容になりがちなので、
読んでいてツライのです)

 

生きている中でのちょっとした不運に
いちいち「よりによって…」と思っていると
辛くなります。

 

そういうものほど
「ネタになる!」と考えて
発信していく方が楽しいはずです。

 

たとえば海外旅行でスリに遭った経験も、
「よりによって…」という不運なネタです。

 

でも、飲み会の席で言うと
笑いのタネになります。

 

 

こういうふうに「不運」を
楽しく活用していければいいのだろうと考えます。

 

メルマガ・ブログなどの
自分専用メディアをもっていると
ちょっとした「不運」を感じた際に役立つわけです。

 

…ともあれ、
『さっぽろ経済』は4/24発送開始となります。

 

札幌商工会議所の会員さんは
おそらく4/25・4/26あたりに届くはずです。

 

その15ページに私の連載がバッチリ載っていますので、
お楽しみに!

ではまた!


「文章、ぜんぜん書けない…」

「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、
文章アドバイザー・藤本研一がお届けする
2つのメルマガです!

毎日届く
文章アドバイザー・
フジモトのカクロンか、

7日間限定の
7日間で文章の基礎が学べる
特別無料メルマガ講座か。

あなたはどちらを購読しますか?
あるいは両方 購読しますか?

どちらも【無料】
朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


fourteen − fourteen =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください