確実に速く結果を出したいなら、勉強にお金を使おう!〜独学のメリット・デメリット〜





今日のポイント
キャリアアップのための勉強の秘訣!
お金を使うことで
結果を確実に・速く得やすくなる!

いつか英語ができれば…

「いつか英語ができるようになりたい」

そう思うことって多いですよね。

でも、だからといって
英会話教室に通うかどうかと言うと
ちょっと考えてしまいます。

 

「う〜ん、何万円もかかるのか…。
どうしようかな…?」

悩んでしまいますよね。

 

社会人が確実に速く結果を出したいならお金を出して勉強しよう!

 

私の持論は
「社会人が確実に速く結果を出したいなら、
 お金を出して勉強したほうがいい」
ということです。

 

お金を使うというのは、
「結果」を確実に速く買う、
ということなのです。

 

「文章の書き方」の例

例えば私の専門である
「文章の書き方」を例にしましょう。

 

ひたすら日々文章を書いていると、
上手くなることもあります。

 

でも、人によっては
書けば書くほどますます下手になる人も
います。

 

それよりは
「文章の書き方」の本を
読んだほうがいいわけです。

 

でも、「文章の書き方」の本を読んでも、
ちっとも身につかない人もいます。

 

「言っていることはわかるけど、
実際にどう文章を書けばいいかわからない…」

そういう方もいますよね。

 

そんな場合、
本だけではなく
文章の講座を受けるといいわけです。

 

本来だったら
「文章の書き方の本を読み
 工夫しながら1年過ごす」
ことで身についた技術が、

たった1回の講座で身につく、
ということもあるかもしれません。

 

講座の費用は「それなり」ですが、
それでも圧倒的に速く
「結果」を得ることができるわけです。

 

実際、先日 現職の看護師の方が
体験授業にいらっしゃいました。

「大卒」の資格を取るために
いま放送大学で単位を取っているとのこと。

しかしながら、論文をどう書いていいかわからず、
途方に暮れていたそうです。

1時間、体験授業を行ったところ、

「論文をどう書いていいか
1年間悩んでいたんですけど、
たった1時間でどうやればいいかわかりました!」

という感想を述べてくださったんです。

 

本を読んだり教材を見たりして1年を過ごすよりも、
札幌駅前 作文教室ゆうで1時間相談したほうが
より「結果」につながったわけです。

 

結果をどれだけ速く得たいですか?

 

実は勉強にお金を使うとは、
結局「結果」をどれだけ速く得たいか、
にかかってくるのです。

 

「まあ、ゆっくり上達して、
死ぬまでにできるようになればいいや」

という思いでしたら
わざわざ本を買う必要も
講座を受ける必要もありません。

 

でも、

「半年後の試験に絶対合格したいから
なんとしても力をつけないといけない」

という場合、
悠長に準備はできません。

すぐに準備に取り掛かり、
お金を出して誰かに教わるほうがいいのです。

 

 

人間、自分一人で実力をつけるのは
なかなか大変です。

 

なおかつ、確実に力がつくかと言うと
その保証はありません。

 

 

確実に、なおかつ速く結果を出したいなら
【お金を出す】がキーワードになります。

 

お金を出して本を読んだり、
お金を出してやり方を教わったりする必要があるのです。

 

 

その方が自分のスキルが高まる可能性も高いです。
間違ったやり方をやっていたら
正せることも多いです。

 

独学の最大のメリット・デメリット

 

でも、勉強するのに
そんなにお金をかけられない人もいますよね。

 

その場合は自分一人で独学するというのも
重要な選択肢です。

独学をする最大のメリットは
【お金がかからない】というところです。

自分一人だけで勉強すればいいので
お金はかからないわけです。

 

でもその分、
確実性と速さ(スピード)が問題になってきます。

 

宅建のケース

例えば「宅建」という資格があります。

宅地建物取引士の略称が「宅建」(たっけん)です。
(旧 宅地建物取引主任)

 

宅建の資格って、
テキストを買って独学することもできます。

通信添削教材で
勉強することもできます。

それだけでなく、
宅建専門の予備校や塾もあります。

 

どれが一番安上がりかと言うと
それは独学です。

たしかに独学で受かる人もいます。
ですが、誰もが独学で受かるわけではありません。

その証拠に、
独学で3年かけて
ようやく受かる人もいるのです。

でも、
お金を払って予備校に行く場合はどうでしょうか?

当然、予備校に行っていても
まったく合格しない人はいます。

 

でも、独学よりは合格率が上がります。

半年行くだけで合格できる人も
います。

 

…ということは独学をした「3年間」という期間を、
予備校にお金を出すことで「半年」に短縮できた、
といえます。

 

 

予備校に通うお金を払うことで、
本来「3年間」かかる結果を
「半年」で得ることができたわけです。

 

 

このように、勉強にお金を使うことって
結局は結果を
どれだけ確実に・どれだけ速く得たいか、
にかかわってくるわけです。

 

今日のポイント

 

今日のポイントです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
キャリアアップのための勉強の秘訣!
お金を使うことで
結果を確実に・速く得やすくなる!
・・・・・・・・・・・・・・・・・  

 

この内容、言えば「当たり前」のことかもしれません。

 

ですが、意外と実践できていないことも多いです。

 

 

たとえば、
「いつか英語ができるようになりたい」
という人がいます。

(私のことです)

 

でも、「いつか英語ができるようになりたい」と思い、
自力で海外のサイトを開いても
なかなか英語って読めないですよね。

 

「社会人のための英語入門」
みたいな本を買ってきますよね。

 

で、3日ほどやったら
飽きてしまうことって多いです。
(やっぱり私のことです 笑)

 

…であれば、社会人向けの
英語教室・英会話教室に
お金を払って通えば、

本だけを買うよりも結果が
確実に・速く出そうですよね。

 

 

結局、勉強とお金の関係は
「結果を確実に速く出したいかどうか」
に関わってくるわけです。

 

ぜひ皆さんの今後のヒントとして
お役立て頂ければうれしいです!

 

☆本日の内容、
動画にもまとめていますので
よければどうぞ!

ぶっちゃけ映像には何の工夫もないので(笑)、
通勤や家事の合間に音声だけ聞くのもオススメですよ!

 

ではまた!

☆キャリアアップ直結の勉強法。
もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

知ってトクする!キャリアアップ直結の勉強法をお伝えします!


「文章、ぜんぜん書けない…」「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、【フジモトのカクロン】メルマガです。

文章アドバイザー・藤本研一が365日毎日【無料】朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

 

はじめての方はこちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


11 − five =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください