早稲田大学のOB/OG会で講演を行いました!ダメ出ししてくれる関係を大事にしよう!





今日のポイント
あえて「挑戦」の場を作る!
ダメ出しをしてくれる
場を求めていく!

 

「藤本さん、
もっとこういうふうにしたほうがいいよ!」

先日、
札幌稲門会で
講演を30分行いました。

 

稲門会(とうもんかい)というのは、
早稲田大学OB/OGの会のこと。

 

早稲田の「稲」から
名前が付いています。

 

40名近くの諸先輩方の前で
【これからの時代を楽しく生ききる
アウトプット力の磨き方】
というテーマでお話しました。

売上ゼロの開業当初を、
ブログの365日毎日更新という
「アウトプット」だけで克服した。

 

この経験をもとに、
「社会人として、
どのようにアウトプットしていくか」
「なぜアウトプットは大事か」
をお伝えしていったんです。

 

おかげさまで
反応は上々。

 

「プレゼン、さすが
 うまいですね!」

そう言っていただけました。

 

それだけではなく、
ありがたいことに、
講演について
「ダメ出し」ももらったんですね。

 

 

講演内容について
「もっとこうした方がいいよ」
とアドバイスをもらいました。

しかも、そのアドバイス、
的を射たものでした。

 

ありがたいアドバイスを受けたな、
と感謝しています。

 

こういうふうに
「ダメ出し」してもらえる関係って、
ありがたいことだと思います。

 

 

なぜかというと、
講師業って
他の人から「話し方」
「内容」について
アドバイスをもらうことが少ないからです。

 

 

事前の配布資料については
「もっとこういう内容を入れて下さい」
などと依頼を受けることもあります。

 

ですがなかなか
話し方・プレゼンについて
アドバイスをもらうことは
少ないものです。

結果、もっと良くなる点があっても
そのまま、ということになります。

 

特に何年も講師業を行っていると
話し方・振る舞い方も
だいぶ上達してきます。

だからこそ、
久しぶりにアドバイスを受けることができ
勉強になったのです。

 

 

実は講演前、
珍しく緊張していました。

私、講座や講演では
ほぼ緊張しないんですけど、
今回はちょっと話が別でした。

 

早稲田の卒業生の会で、
なおかつほぼ私が一番若輩という
中での講演だからです。

 

 

こういう場には
経営者としても大先輩にあたる
方々がいらっしゃいます。

 

 

久々のドキドキする場だったからこそ、
学びも多かったです。

 

 

挑戦してよかった。

 

そう思っています。

 

今日のポイント

 

今日のポイントです。

・・・・・・・・・・・・・・・・
あえて「挑戦」の場を作る!
ダメ出しをしてくれる
場を求めていく!
・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

不思議なんですけど、
ダメ出しって
「誰にされるか」で
反応が変わります。

 

イヤな人からダメ出しされても
「絶対に聞かない!」
と意固地になる人もいます。

 

反対に、
信頼関係のある方からのダメ出しなら
「ありがたいアドバイスだ」
と感謝して受け止められるのです。

 

 

今回も、
大学の大先輩からのダメ出しでしたので
素直に話を聴けました。

 

こういう関係性って
ホント貴重だなと思います。

 

 

あなたにも、
こういう「ダメ出し」をしてくれる関係、
ありますか?

 

 

大学の先輩・後輩のようなつながりの
良さはここにあるのだと思います。

 

 

諸先輩方から受けたアドバイスを元に、
もう一歩、講師として成長できそうです。

 

貴重な場を下さったことに
感謝を申し上げます。

 

ではまた!


「文章、ぜんぜん書けない…」「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、【フジモトのカクロン】メルマガです。

文章アドバイザー・藤本研一が365日毎日【無料】朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

 

はじめての方はこちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


five + 16 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください