TEDX Youth@Sapporoに参加して高校生からやる気をもらった。年下から学ぶ勇気を持て!

今日のポイント
高校生・大学生たちの活躍を見に行こう!
触発とアイデアを受けて
自分の活動につなげよう!

TEDX Youth@Sapporoに参加!

 「高校生って、すごい!」

純粋にそう感じた機会がありました。

2/17、
TED✕(テデックス)Youth@Sapporo
というイベントに行ってきたんです。

☆公式サイト
 https://tedxsapporo.com/event/tedxyouthsapporo-2019/

 

札幌の高校生たちが主催した
プレゼンのイベントです。

 

 

TED Talkについて
お詳しい人もいらっしゃいますよね。

TED Talk

各界の専門家が
自分の発見・考えを
15分間でプレゼンする、
というイベントです。

 

Youtubeにも大量に
動画が上がっています。

 

どの動画もプレゼンが上手く、
話す内容も興味深いです。

 

 

観るだけで勉強になります。

 

 

今回参加した
TED✕Youth@Sapporoはそんな
TEDの派生イベントです。

 

 

高校生たちが主催するという
新しさもあります。

 

 

私、ふだん高校生を対象に
小論文の講座も行っています。

慶應義塾大学小論文専門!通塾コース

 

高校生たちには
「新聞を読んで、
社会に関心を持とう!」
と声掛けをしています。

 

今回のイベントの運営を行った
高校生たちは
立派に社会に関心を持ち、
「自分たちに出来ること」
を行っていました。

 

 

プレゼンターのスピーチも
もちろん素晴らしかったのですが、
札幌にこれだけ熱意のある
高校生たちがいたことに
改めて感動しました。

 

 

高校生って、
本来にはめちゃくちゃ
「忙しい」んです。

 

学校や部活、
人によっては家事の手伝いや
アルバイトを行います。

そのほか受験勉強をしたり、
友人と映画や食事に行ったり、
恋人とデートに行ったりと
非常に忙しいんです。

 

 

その上 塾や予備校に行くなら
ホント休まるヒマなんて無いかも知れません。

 

 

私自身も
高校時代、
慌ただしく過ぎていきました。

いつも何かしら活動して
とにかく忙しかった気がしています。

 

 

ふつうに高校生活を送っていても忙しい中、
こういうイベントを開催・運営できる。

 

これって相当スゴいことだと
思うのですね。

 

社会人なら
「仕事」として関われます。

 

 

お金さえかければ
当日のスタッフも
それなりにスムーズにそろえられます。

 

 

そうではなく、
今回は高校生たちが
「持ち出し」もしながら
企画をし、運営をしたわけです。

 

一社会人として、
素直に「すごい」と思います。

 

当然、高校生なので
運営上の不備などがあったかも知れませんが、
私自身ほとんど気になりませんでした。

むしろ頼もしい思いがしてきています。

 

今日のポイント

今回のポイントです。

・・・・・・・・・・・・・・・・
高校生・大学生たちの活躍を見に行こう!
触発とアイデアを受けて
自分の活動につなげよう!
・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

 

社会人になると、
意識しない限り
普段関わるのも
社会人だけになってしまいます。

社会人になると
極端に視野が狭くなる人・
極端にやる気がなくなる人も
多くいます。

 

 

これって、もったいないことです。

 

 

このイベント、私は
知り合いと参加しました。

「もっと高校生のような熱意で
仕事を頑張らないといけませんよね」

と互いに言い合っていました。

 

社会人こそ、高校生・大学生主催のイベントに行こう!

 

高校生だけでなく、
大学生の主催するイベントも
探せばたくさん見つかります。

 

 

札幌でもしょっちゅう行われています。

 

時間が空いている限り、
私も顔を出しています。

 

 

北海道大学の大学祭なども
マメに参加しています。

 

それは高校生・大学生の姿から
自分自身 元気をもらえるからですね。

 

 

「年下」から学ぶ勇気を持て!

 

人間、何かを教わるのは
必ずしも「年上」からだけとは
限りません。

 

自分の「年下」、
特に10も20も下の世代からも
学べることがあるのです。

 

 

ちょっと探すだけで、
高校生や大学生のやっているイベントは
たくさん見つかります。

 

それらに顔を出し、
定期的に触発を受けていく。

 

それがあなたのやる気を
引き出してくれるはずです。

 

注意事項!先輩風を吹かせるな!

 

この手のイベントに行く時、
一つだけポイントがあります。

 

それは
先輩風を吹かさないこと。

 

 

「もっと勉強しないといけないよ」

「そんなコトしていても、
社会はもっと大変だよ」

「君たち、甘いよ」

 

高校生・大学生のイベントで
ときおりこういう教訓を
ひたすら話す大人を見かけます。

 

見ていると、
私自身うんざりします。

聞かされている高校生・大学生たちも
うんざりしているのが
伝わってきます。

 

別にこういう教訓って
いま伝える必要はないのです。

 

むしろ参加する以上、
高校生・大学生たちから「謙虚に学ぶ」姿勢を
大事にしていくことが必要でしょう。

 

 

そりゃ高校生・大学生のイベントなんですから
探せば穴くらい見つかるでしょう。

穴を探すよりも、
「このイベントから、
自分は何を学べるか」を
謙虚に探していくことです。

 

 

それがあなたを
もっと高めてくれるはずですよ!

 

 

真に勉強上手な人って、
自分より年下の先生から
学ぶことの出来る人なのです。

 

 

私もそういう大人でありたいと思っています。

ではまた!

「文章、ぜんぜん書けない…」「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、【フジモトのカクロン】メルマガです。

文章アドバイザー・藤本研一が365日毎日【無料】朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

はじめての方はこちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください