世界最高齢プログラマー若宮正子さんに学ぶ、人生100年時代を楽しく生ききるワザ!変身資産を築け!『ライフシフト読書会』開催しました!


今日のポイント
人生100年時代を楽しく生ききるため、
「見えない資産」を築いておこう!
「生産性資産」「活力資産」「変身資産」、
持っていますか?これからどうやって増やしていけますか?

 

いま20代の人のうち、
「100歳」の誕生日を迎えられる人って
何人に1人だと思いますか?

 

なんと、これ、
【2人に1人】
なんですね!

 

 

医療技術も上がるほか、
家事の負担が減ること、
社会が豊かになったことが
要因だそうです。

 

ということは
これをお読みのあなたも
【100歳】の誕生日を迎える日が
やってくる方も珍しくない、
ということです。

 

すごい時代ですよね!

 

 

…でも、ちょっと考えてみてください。

定年退職になるのは
現状では60歳です。

いまは希望者には
【再任用】制度があり、
65歳まで働けます。

年金受給開始が
65歳です。

 

…定年退職後も【40年】、
年金受給開始後も【35年】、
人生が続く可能性が高いわけです。

これだけの期間、
ボーッと過ごすのは
「もったいない」気もします。

 

逆に、ボーッとしていると
生活費だけがかさんでしまい
「老後貧乏」という言葉が
チラついてきてしまいます。

 

 

おまけに、あなたが【100歳】になる
可能性が高いということは、
あなたの親も【100歳】を迎える
可能性があるということです。

例えば、私のケースですと
私が【70歳】のとき、
私の父は【100歳】となります。

 

…まさに老老介護という言葉が
頭に浮かんできます。

 

 

ということは、
老後を迎えた際、
自分一人や自分と配偶者を支えるだけでなく、
自分の親も支えている可能性を
考える必要があるわけです。

 

 

どうでしょう?

本当に「年金」だけで大丈夫でしょうか?

 

 

さいきんは吉野家やイオンでも
高齢で働いている定員さんを目にします。

 

 

定年後も
「年金」プラス何かで収入を得る必要が
ありそうです。

 

 

だからといって、
歳をとってからも働き続けるのは
不安です。

 

 

 

じゃあ、今のうちから
どうすればいいんでしょうか?

 

 

なにを用意すればいいんでしょう?

…実はこれをテーマにした
読書会を開催しました!

 

それが【『ライフシフト』読書会】です。

 

人生100年時代を楽しく生ききる
知恵を学ぶ読書会を開催したんです。

 

講師はもちろん私・藤本が務めました!

会場は赤れんがテラス。

赤れんがテラス5階にある
【テラス計画】様主催のイベントです。

 

20名近くの参加者に来ていただく、
賑やかな会となりました!

 

 

この会でもお話したのは、
人生100年時代を生き抜くには
「2つの資産」が必要だ、ということでした。

 

 

2つの資産、それは
「見える資産」と「見えない資産」です。

 

「見える資産」というのは
要するに【お金】です。

 

預貯金や株式投資、
不動産などなど
「お金」にまつわるものです。

 

こちらについては、
銀行や保険屋さんと相談しておくのが
必要ですね!

 

 

読書会で重視したのは
2つ目の「見えない資産」のほうです。

 

実はお金だけ(見える資産)あっても、
人生100年時代を楽しく生きることは
できないのです。

 

 

だってそうですよね。

いくらお金だけあっても
友人ゼロ・やることもゼロだと
あっというまにボケて
お金を「使う」ことすらできなくなるからです。

 

楽しく人生100年時代を生き切るには
「見えない資産」が必要なのです。

 

この「見えない資産」を、
『ライフシフト』という本では
3つあげていました。

 

【見えない資産1「生産性資産」】

 

「生産性資産」とは、
仕事の知識やスキル、
コミュニケーション能力など、
これらを使って新たな仕事ができるという「資産」です。

 

特に60歳で定年になった後、
アルバイトや起業をするためには
「いままでの仕事の経験」や
「スキル」の有無がポイントとなります。

 

「人が仕事で生産性を高めて成功し、
所得を増やすのに役立つ要素のことだ。
スキルと知識が主たる構成要素であることは
言うまでもないが、
ほかにもさまざまな要素が含まれる」(127頁)

 

生産性資産を高めるためには、
いまの仕事でのスキル・技能を
積極的に高めておくことが必要なのです。

 

【見えない資産2)「活力資産」】

 

見えない資産には
「健康」や「人間関係」が必要になります。

 

特に、お金だけあっても
「健康」を害していたら
せっかくの老後を楽しめなくなります。

 

お金だけあっても
友達も家族もいなければ
いっしょに遊びに行くことも
旅行もできません。

 

これは切ないですね〜。

「大ざっぱに言うと、
肉体的・精神的な健康と幸福のことだ。
健康、友人関係、パートナーやその他の家族との
良好な関係などが該当する。
長期追跡調査によれば、
活力資産を潤沢に蓄えていることは、
良い人生の重要な要素の一つだ」(127頁)

そのため、健康維持のために
ジム通いやスポーツに取り組むことが必要でしょう。

 

他にも会社以外の人とも
人間関係を作る努力が必要です。

 

 

そうそう、家族(特に配偶者)と仲良くするのも
重要です。

家族をないがしろにして働き続けても、
後々損することにつながりそうです。

 

「熟年離婚」も流行ってますから…。

 

 

【見えない資産3)「変身資産」】

 

「もう私、歳だからこういうのはムリなの…」

「もういまさら勉強しても、遅いし…」

 

こういうセリフ、
口に出す人、いませんか?

 

よく口に出す人は要注意です!

 

 

人生100年時代では
「新しい自分になる」
「新しいことにチャレンジする」ことの価値が
高まるのです。

 

 

つまり、定年退職後
「新たに〜〜を勉強する!」
「思い切って起業にチャレンジする!」
など、自分が「変身」することが重要になるのです。

この変身資産って、
とっても大事なんです。

「100年ライフを生きる人たちは、
その過程で大きな変化を経験し、
多くの変身を遂げることになる。
そのために必要な資産が変身資産だ。

自分についてよく知っていること、
多様性に富んだ人的ネットワークをもっていること、
新しい経験に対して開かれた姿勢をもっていることなどが含まれる。

このタイプの資産は、
旧来の3ステージの人生ではあまり必要とされなかったが、
マルチステージの人生では非常に重要になる」(127頁)

 

社会が大きく変わるので、
「新たな資格」「新たなスキル」を
手に入れるよう、学び続ける(変身する)ことが
重要になるのですね。

 

今日のポイントです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
人生100年時代を楽しく生ききるため、
「見えない資産」を築いておこう!
「生産性資産」「活力資産」「変身資産」、
持っていますか?これからどうやって増やしていけますか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

…さあ、ここまで
「生産性資産」「活力資産」「変身資産」の3つを
見てきました。

 

 

このなかで、いちばん大事なのは何だと思いますか?

 

それは
「変身資産」です。

 

今の自分で満足するのでなく、
どんどん「新しい自分」にチャレンジすることが
必要になるのです。

 

この思いさえあれば、
どんなに社会が変わっても
楽しく生ききることが
可能なのです!

 

たとえば、いま社会は大きく変化しています。
いま専門スキルを持っていても、
時代が変化すると不要になるかも知れないのです。

 

 

たとえばかつては銀行では
「そろばんを使いこなす力」の高い人が
評価されていました。

 

でも、電卓やパソコンの登場で
単に計算能力の高い人は
必要なくなりました。

 

同様に、いま人工知能(AI)など、
コンピュータの発達が著しいです。

人工知能に「置き換えられる」仕事をしている場合、
「それ以外」のスキルを学んでいることが
必要でしょう。

 

次の時代に対応したスキル・知識を学ぶには
「変身資産」が必要となるのです。

 

この「変身資産」を有効に活用している人が
いらっしゃいます。

 

 

それが若宮正子さん。

定年退職後からパソコンを習い始め、
なんと83歳にして
「世界最高齢のプログラマー」として
アップル社から認められたという人物です。

 

この方も、60歳で退職したときに
「よし、パソコンを勉強しよう!」
としたからこそ、
いまの活躍につながったのです。

(この方のお話を11/23に聞いてきました!
エネルギッシュなおばあちゃんでした!)

 

ともあれ、
「生産性資産」「活力資産」「変身資産」を
すでにたくさん持っている方はこのままでもいいでしょう。

 

あまり持っていないという方も、
これから少しずつ準備していけるといいですね!

 

 

『ライフシフト読書会』でも、

 

「本の内容と照らし合わせて、実際の生活に生かしていきたいです!」

「今後、少しは未来のことを具体的に考えていきたい」

「場当たり的に過ごしてきてしまい、
今日100歳まで何年あるのか、
その時家族は何歳なのか書き出してみて
焦ってきた」

 

などなど、とても好評でした!

読書会と参加者同士での話し合いを通して
今後の人生について考える機会となりました!

 

終了後の懇親会も、
もりあがりましたね!

(お一人は遠方からの参加のため、
なんと懇親会に出るためだけに
札幌に宿をとって参加してくださいました!
本当にありがとうございます)

 

なお、「変身資産」の核となるのは
科学的な「勉強の仕方」です。

 

どうやって勉強したらいいかについては
次回の『ラーン・ベター』読書会で
一緒に学んでいきましょう!

 

ご希望の方はこちらからお申し込みくださいね!

☆公式ページ

本を通じてこれからの人生を考える!人とつながる!ハタラク計画読書会@赤れんがテラス

 

☆Facebookはこちらです↓
https://www.facebook.com/events/333913490504981/

ではまた!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【キャリアアップ文章アドバイザー・フジケン(藤本研一)の近況】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

11/23(金)は久々にセミナーに参加しました。

「日経Wアカデミー 人生100年時代の生き方編in札幌」
という講座です。

参加料15,500円。

安かったような、高かったような・・・。

印象的だったのは
「世界最高齢プログラマー」である
若宮正子さんの講演です。

高卒で銀行員になった後、
定年まで勤め上げます。

親の介護をしながら
他の人と関われる「インターネット」に目覚め、
パソコンの独学をはじめます。

それが進んでいき、
「プログラミングを学ぼう!」
と決意。

83歳にしてアップル社が一目置く
プログラマーとなられたそうです。

すごい経歴ですね!

何歳になっても挑戦が大事なんだな〜と
実感しました!

現在と同じ「危機感」があったことを
実感しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フジケンの注目記事
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日経MJに
「AIがバイト面接」という記事がありました。

☆記事です↓https://school-edu.net/wp-content/uploads/2018/11/46503495_184821985788247_2037240045194182656_n.jpg
(日経MJ 2018年11月21日 13面)

なんとバイトの新規面接を
「AI」が行う、ということです。

吉野家などでは
試験的に導入されていくそうです!

要するにAI(人工知能)に向かい、
「志望理由」を話し、
AIからの質問に答える、
ということです。

これ、言い換えると、
ロボットが人間を「選別」する、ということです。

すごい時代になりましたね!
考えてみると「怖い」ことのようにも思います。

AIと「会話」して、
その話し方や内容から脂質を分析していくそうです。

…ということは、
AI時代になるほど、
「機械が認識できる喋り方」
という新たなコミュニケーションスキルが
必要になりそうです。

つまり、「長々としゃべる」人や
「なにを話しているかわからない」人は
大幅減点ということです。

人間と違って
「なんとか相手の言いたいことを探る」
という努力を、AIはしてくれないからです。

(なまりが強いとそもそも
言語と認識されないかもな…)

これからの時代のために、
「AIが分かってくれるような喋り方」を
練習していたほうが良さそうですよ!


「文章、ぜんぜん書けない…」

「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、
文章アドバイザー・藤本研一がお届けする
2つのメルマガです!

毎日届く
文章アドバイザー・
フジモトのカクロンか、

7日間限定の
7日間で文章の基礎が学べる
特別無料メルマガ講座か。

あなたはどちらを購読しますか?
あるいは両方 購読しますか?

どちらも【無料】
朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


two + two =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください