もうすぐ暑中見舞い!久々の人にハガキを送ろう!新たなビジネスのチャンスもそこにある!

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

今日のポイント
久々の人にハガキを書く!
すると再び連絡がもらえる!

 

最近、
暑くなったり涼しくなったり。

まったく、安定していません。

 

 

でも、そろそろ【暑中見舞い】を
出す時期がやってきました。

 

暑中見舞いは
だいたい7/6の小暑(しょうしょ)の頃から
8/6の大暑(たいしょ)頃までに送るのが
ルールだとされています。

 

 

郵便局では暑中見舞いハガキとして
「かもめ〜る」が6/1から販売されています。

   「今年こそは暑中見舞いを書こう!」

という方はそろそろ用意を始めたほうがいいですね!

 

 

…とはいうものの、
暑中見舞いに何を書いたらいいか、わからない。

 

そもそも、ハガキに何を書けばいいかも、
さっぱりわからない。

 

 

そんな人も多いですよね。

そんな声も受け、
6/12(火)は「ビジネスハガキ&一筆箋講座」を開催しました。

ビジネスハガキ&一筆箋講座の詳細はこちら!
http://nomad-edu.main.jp/www.school-edu.net/post_lp/hagaki

 

ビジネスで活用すると大きく役立つツールが
ビジネスハガキです。

 

そんなビジネスハガキの有効な活用方法をお伝えした講座となりました!

 

 

以下は講座内でお話した内容です。

 

●●美容院に行ったら…●●

 

たとえば、あなたが美容院で
髪を切りに行ったとします。

行ったら髪が短くなり、
さっぱりしますよね。

 

 

2〜3ヶ月もしたら
美容院からハガキが来ます。

担当してくれた美容師さんから
名前入りでお礼ハガキが来ました。

 

2〜3ヶ月もしているので
「そろそろ、また髪を切ろう」
と思っていたタイミングでした。

 

そして、ハガキを受け取ったことをきっかけに
美容院に再び行くことになるのです。

 

 

 

…こんなことって、ありませんか?

 

 

けっこう美容院から、
「そろそろ髪を切りませんか?」
というようなハガキが届きますよね。

 

 

この場合、ハガキというのは
一度来たお客さんに
美容院の存在を思い出してもらうための
ツールになっています。

 

いわば、
リマインダーツール、
と言えるでしょう。

 

 

美容院のハガキが
2〜3ヶ月おきに来るのは
ちょうど髪が伸びる時期だからです。

 

 

髪が伸びる時期に、
美容院の存在を思い出してもらう。

 

すると再度の来店になるのです。

 

 

 

いま美容業界はどこも
「ホットペッパービューティー」などの
割引クーポンに手を出しています。

お客の方も、
美容院に行く際は
割引クーポンが効くお店を探し、
来店します。

 

毎回まいかいクーポンを使うので
リピーターになってくれません。

だからこそ、
クーポンを使って他のお店に移られる前に
再度ハガキを出して
自分のお店の存在を思い出してもらうのです。

 

 

美容師の業界も必死なのです。

 

このように、
お客さんに
自分のお店を思い出して欲しいタイミングで
ハガキを出すといいのです。

すると再来店につながっていくのです。

 

美容業界はもちろん、
他の業界でも行っていけるといいですね!

 

●●再来店につなげるハガキのポイント●●

 

こういう、再来店を呼びかけるハガキを書く際、
コツがあります。

そのコツとは、
「ぜひお越し下さい」
と言わないことです。

 

人間って、意外とあまのじゃくです。

「ぜひお越し下さい」
と言われると行きたくなくなります。

「誰にも言わないでください」
と言われると
急に誰かに言いたくなるの同じです。

 

 

そうではなく、
「暑くなりましたね」
「体調は大丈夫ですか?」
などというメッセージを書いて送るのです。

 

するとお店の存在を思い出してもらえます。

 

 

 

ハガキに限らず、
自分のお店を思い出してもらえる
仕組みづくりって、とても大事です。

 

 

たとえば、以前はよく関わっていたのに
なぜか最近関わっていないという友人、
いませんか?

 

 

いちど関わらなくなると、
なぜかパッタリと交流がなくなります。

 

 

意外とこういう人って、
いるもんですよね。

 

 

 

お店でも、
以前はよく来ていたお客さんが
なぜか急にパッタリと来なくなることって
けっこうあります。

 

 

そんなとき、しばらく交流がなかった人から、
突然メールやハガキが来たらどうでしょう?

「久々に会おうかな」

という思いになってきますよね。

 

以前よく関わっていたので、
もう一度会えばすぐに交流が復活するのです。

 

 

 

会社の経営も同じです。

以前関わりのあったお客に、
ぜひハガキを出してみましょう。

「お元気ですか?」
だけでも構いません。

 

ハガキを出すと、
なぜか突然電話がかかってきます。

 

新たな発注があることも
しばしばです。

 

 

●●「久々の人」にハガキを書こう!●●

 

そんなわけで、
この機会に、
「久々の人」にハガキを書いてみてはいかがでしょうか?

 

ビジネスの場合、
新たな発注につながることもあります。

 

プライベートの場合、
より親しくなることもできるでしょう。

 

一度懐かしい人に連絡を取る期間を
設けてみてもいいですね!

 

ちょうど郵便局では
暑中見舞い用の
「かもめ〜る」が発売中です。

☆かもめ〜る
http://www.post.japanpost.jp/kamome/

 

お年玉付き年賀はがきのように
当選番号もついています。

届いた後、
番号が発表される
9/3(くじの日の翌日)までは
確実に手元においてもらえるのが
かもめ〜るのいいところです。

 

 

ぜひ1枚、送ってみてはいかがでしょうか?

 

 

「ビジネスハガキ&一筆箋講座」の
受講者の方からも、

  「時間があっという間に感じました」

と言っていただける講座となりました!

ご参加いただき、ありがとうございます!

 

 

 

手書きハガキの大事さって、
実は大きいです。

 

 

ぜひあなたも実感してみてくださいね!

ではまた!

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


6 + six =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください