急に時間ができた時、 ムダに過ごしていませんか? 自分の仕事にかかる時間を、 手帳に書いておくと、 仕事の効率3倍アップ!

今日のポイント
時間が急にできたとき、時間が有効活用できるワザ!
あなたの仕事に、どれだけ時間がかかるのか。
一度計測し、手帳に書いておこう!

 

この記事、
いま成田空港の第三ターミナルで書いています。

第三ターミナルはLCC(格安航空会社)専用の
ターミナルです。

なんだか工場のように
無機質な空間です。

 

でも、なぜかそれがかっこよく感じます。

 

 

新千歳空港行きの飛行機が
大雪のため1時間遅延となりました。

 

今回のように
急に1時間、
時間が空くことって、ありますよね。

 

急なキャンセルや
予想以上に仕事が早く終るときなどです。

 

そんなとき、最近、
こんな思いがふと湧いてくるのです。

  「あ、1時間空いたから、ブログが書ける!」

お読みいただいている
この記事を書くのって、
大体1時間くらいです。

 

1時間 空くたびに
こういう発想をしています。

 

すると時間をムダにしなくても
済むのです。

 

 

そんなわけで、
遅延になった
この時間でブログを書いています。

 

待合室のソファがわりと柔らかく
快適です。

サクサク仕事が進みます。

 

 

さて、今回のように
急に時間ができるときって、
ありますよね。

 

ふだんから意識していないと、
急に時間ができたとき、
ムダにしてしまいやすいものです。

ただネットサーフィンするだけで終わってしまったり、
スマホのどうでもいいニュースを読むだけになってしまったり。

 

そんなことって、ありがちです。

でも、「これだけの時間が空いたら、〜〜をする」
リストを作っておくと、
時間を「ムダ」にせずに済みます。

 

自分が普段行っている仕事に、
どれだけ時間がかかるのか。

これをキチッと算出してみるのです。

そして
リストにまとめ、手帳に書いておくのです。

そうすると、
急に時間ができたとき
無為にすごさなくても済みます。

 

空いた時間に応じた仕事を
行うことができるのです。

 

 

ちなみに、私の時間リストはこんな感じです。

  10分空き:メールチェックと返信

15分空き:新聞を一通り読む

30分空き:大学受験生の受講者の予習

1時間空き:ブログを書く  等

 

こういうリストを手帳に書いておくんです。

すると、
時間が急に空いたとき、
ムダにせずに済みます。

 

意外と
  「自分が仕事を処理するのに
   どれだけ時間がかかるのか」
測っていない人が多いです。

 

そういう場合、

「30分かかる仕事を
15分空いたときにはじめてしまい、
中途半端に終ってしまう」

「何をしていいかわからず、
結局時間をムダにしてしまう」

…ということが起きてしまいます。

まずは自分が普段している仕事に
かかる時間を計測してみましょう。

そして、そのリストを手帳に書いておきます。

 

時間が急にできたとき、
空いた時間の量に合わせた仕事を
行っていくのです。

 

単純ですが、それだけで
仕事の効率は大幅に上がるはずです!

 

…この記事を書いているうちに、
なんとさらに30分遅延することが
発表されました。

 

…帰れるのか、不安になっています。

 

 

ともあれ、
ではまた!

「文章、ぜんぜん書けない…」「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、【フジモトのカクロン】メルマガです。

文章アドバイザー・藤本研一が365日毎日【無料】朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

はじめての方はこちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください