あなたは誰のために勉強していますか?センター試験と社会人の勉強に思うこと

冬の北海道。冬のセンター試験!

 

こんにちは、
作文・論文アドバイザーの
藤本研一です。

 

昨日1/14(土)から
大学入試センター試験がはじまりました!

昨日は
作文教室ゆう/理数教室ゆうの
受験生の応援に
試験会場まで行ってきました!

 

なんと朝は外気温「-10度」。

寒い中での試験でしたね〜。
受験生の皆さん、本当にお疲れ様でした!

(毎年、センター当日は
めちゃくちゃ冷え込みます。
何ででしょうね・・・?)

今日はその2日目。

2日目はしんどいです。
ぜひ休憩しながら取り組んでいってくださいね!

 

 

さて、
受験生が頑張っているのを
普段目にすると

「自分も成長しよう!」

そういう思いになります。

 

そのため
昨日1/14も、読書会を
開催しました。

『ぼく、学級会の議長になった。』読書会(読書会企画 第40)

長年 仲間とやっている読書会が
読書会@札幌」です
(あいかわらず、正式名称は未定のまま)。

☆これまで読んできた本一覧はこちらです。
これまで読んできた本

 

勉強する目的は?

今の時代、
常に学び続けることで
自分がもっと他の人の役に立てるのだ
と思います。

 

そう、
勉強すること・学ぶことは
「誰かの役に立つ」
のが目的なのです。

 

これ、勉強する際に意識すると
役立ちます。

 

「自分が稼ぎたいから」
「自分が偉くなりたいから」

という理由だと、
意外と勉強をがんばれません。

 

勉強に取り組んでいても、
あんまりそういう人を
「サポートしていきたい!」
と思ってもらえません。

 

でも、
「〜〜の人のために、力になりたい!」
と「想い」をもって
勉強する人は
周りから支えてもらえます。

 

受験関連の仕事をしていると
思いますが、

たとえば
「親に医者になれと言われているから
仕方なく勉強してる」
人をサポートしたい気には
あまりなりません。

あるいは
「めっちゃ儲けたいから
医者になりたい!」
人も、あまり教えたくなりません。

 

そうではなく、

「骨折で入院しているとき、
すごく心細かった。
でも、看護師さんの笑顔のおかげで
なんとか乗り切ることができた。
だから、看護師や医者になりたい」

という人こそ、
塾関係者は
全力で応援したくなるのです。

 

これ、
社会人の方が勉強する上でも
役立つ発想です。

 

よく本屋には

「年収アップの勉強法」

やら

「収入が倍になる!勉強法」

やらの本があります。

 

私も、こういう本を
読むことがあります。

確かに「役立つ」
本です。

 

でも、
大事なのは

「年収を上げる」のも
「収入を倍にする」のも、
何のためにそうしたいのか、
です。

 

知り合いで、

「日本の教育を変えるために
お金を貯めまくって
学校を作る!」

のを目標にしている人がいます。

 

こういう人は応援したくなります。

でも、単に「豪遊したいから、
そのために勉強する」
人を応援したくはなりません。

 

 

自分だけのために
「年収アップのため

必死に勉強している」
人って
見ていて痛々しいのです。

 

 

それこそ、
「お金がほしい」から
ただ勉強しているように見えます。

 

周りからも、

「あいつがあんだけ色んな
本を読んだり、
セミナーに出たりしてるのは
要は金儲けのためだろ?」

と思われます。

あまり、周りが応援してくれなくなります。

 

でも、

「自分は〜〜をして、
困っている人を助けたいから
いま勉強している」

と言っている人がいると、
周りとしては応援したくなるのです。

 

少なくとも
「このあと講座があるので・・・」
と定時で帰社したときの反応は
180度変わってきます。

勉強をするとき、
周りからのサポートが
必要不可欠です。

 

周りからサポートがもらえるのは
「自分のため」に勉強している人ではありません。

 

「誰か」のために
自分が力を付けて
なんとかしていきたい。

そういう「想い」を持っている人なのです。

 

私自身は
作文・論文指導を通し、

学んだ人が
自分の未来を変えていけるようにしていきたい、
と思っています。

そのため
私もさらに学んでいこうと思います。

 

今日のところは以上です。
ではまた!

お問合わせはこちらからからどうぞ!

http://nomad-edu.main.jp/www.school-edu.net/asc

 

 


☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください