社会人が参考書で国語を勉強すると学習ペースがアップする!




 

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

大人が読むと、学習参考書は面白い。

 

こんにちは、
作文・論文アドバイザーの
藤本研一です。

いま、
北海道学習塾ゆうの生徒に
国語の授業を行っています。

 

作文塾ですが、
「国語」も授業、
きちんとやれるんです!

 

(当たり前・・・?)

 

生徒に提示した
参考書。
いま国語の理解に役立つ
ものとして、
こんな参考書を
提示しました。

 

 

 

 

これ、
私が受験生の頃から
売っている本ですが・・・・

 

ものすごく分かりやすい!!!

 

 

「抽象」の意味を、分かりやすく説明できますか?

 

例えば、
「抽象」
ってどんな意味か
説明できますか?

 

 

 

広辞苑だと、
こんな定義です。

 

抽象
事物または表象のある側面
・性質をぬき離して
把握する心的作用。

 

 

・・・意味わかりますか?

 

私は
「なんとなく」
しかわかりません!

 

 

文章を読んでいて
わからない単語に出会ったとき
「辞書を引きなさい」
と言いますが、

 

「難しい辞書」を
引いてしまうと
かえって
わからなくなってしまうのです。

 

 

でも、
ことばはちからダ!』は
違います。

 

抽象
共通の性質をつかむこと!(24)

 

これ、
本当に
「その通り!」
だな、と気づきます。

 

例えば、
タマやミケなどという
名前の付いた生き物の集まりを
「抽象化」すると
「ネコ」になります。

 

一つひとつの
小さな違いは無視して

「同じルール」
「同じ性質」で
まとめることを
「抽象」という。

 

 

すごく分かりやすい!

 

そんなわけで、
この本は
大人が読んでも役立つのです!

 

実は
中学や高校で学習する内容って、

社会人になって勉強し直すと
意外と面白んです。

 

「これって、こんな意味だったんだ!」

 

昔よりも理解できるようになるのです。

そして分かると
面白くなる!!

 

ただ。

それには
「良い参考書」に出会うのが
必要です。

 

難しいだけで
つまらない参考書はいっぱいあります。

 

ではどうやったら
良い参考書
分かるのでしょう?

 

参考書リスト
まとめてある本が
便利です↓

 

 

実際、
先程の
ことばはちからダ!』は

9割受かる勉強法』に
書いてあったものです。

 

役立つ!!!

 

勉強の基礎には国語力がいる!

 

例えば
社会人の方が

「この資格に受かりたい!」

と努力をします。

 

一生懸命努力しても、
結果が出ない。

 

 

そんなとき、
自分に国語力があるかどうか、
いま一度考えてみてください。

 

基礎的な概念を、
キチンと理解していますか?

(先程の「抽象」のような概念を
キチンと理解できているでしょうか?)

文章の読み解き方を
身につけていますか?

(実は、文章って「二項対立」などの
ルールにのっとって説明されています。
そのルール、身につけられているでしょうか?)

 

それを見てみる。

そして恥ずかしがらず
学習参考書を買って解いてみる。

6e8f19bcdd6c546cdb2291ac5edebfca

すると
勉強のペースがあがるはずです!

 

数学にも国語力が必要!

 

縁遠い関係と思われている
数学と国語。

実は
数学にも国語力が必要です。
例えば
「背理法」という
分野があります。

 

「背反」などという
概念の理解は
国語の分野なのです。

実は数学力の
土台は

国語力

なんです!

 

 

実は、
私もそのことに
最近気づきました・・・
(遅い・・・)

先日の
ブログ記事、
読まれましたか?
中学数学なんてこの3つの力でOK、ではどう学ぶ?

 

そこにも載っていますので、
ぜひ!

 

 

ではまた!

教育・学校 ブログランキングへ

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

好評配信中!7日間で文章の「基礎」が学べる!無料メルマガ講座

□ 日々、報告書やメール処理に追われてる・・・。
□ もっと早く書けるようになれば仕事がラクなのに・・・。
□ 転職・進学の書類を書けるようになりたい・・・。

…そんなあなたのための「書く」技術をお伝えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA