公立高校入試にも、作文の学習が必要だ!





公立高校入学試験の過去問を見ると、作文の力の必要性が見えてくる

高校入試にも、作文力が必要だ。

高校入試というと、ただ「出ている問題への答えを書けばいい」、という印象があります。

例えば「本能寺の変が起きたのは西暦何年?」というように
覚えたことをそのまま答える、というイメージがあるようです。

でも、過去問を見ると、決してそうではないことがわかります。

手紙や文章を「まとめる」力、「書く」力が出題されているのです。
そう、入試にも「作文力」がひつようなんです。

北海道公立高校入試問題を見てみましょう

n1298530765

平成25年度の公立高校入試問題 国語の「学校裁量問題」を見てみましょう。
学校裁量問題とは、高校ごとに出題する・しないを決められる問題のことです。

問題

次はある中学校で開かれる学校発表会のチラシ(A)と、生徒が書いた保護者への案内文(B)です。
これを読んで、(1)・(2)に答えなさい。

h25koukou

(1) (B)の案内文の原稿の――線「皆様によい……お越しください」は、「毎日練習していますが」と「ぜひお越しください」との言葉の関係が不適切です。この文の内容を変えないように、「していますが」の部分を適切に書き直しなさい。

 

(2) (A)のチラシの内容をもとに、(B)の(    )に入る表現を考えて、一文で書きなさい。

 

さあ、これで問題は以上です。

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

まずは答えを見てみましょう。



 

 

 

答え合わせ

(1)していますので

 

(2)ビデオ撮影はできますが、ご飲食はできません(のでよろしくお願いします)

☆ ( )は無くても可。

国語の入試にも、作文力が必要だ。

いかがでしたでしょうか?

わりとカンタンな問題でしたね。

 

ただ、考えていただきたいのは「緊張している中学3年生」がこれを解くということです。

一度もこういった問題をやったことがない中3生が、スラスラ解けるでしょうか?

落ち着いて解くためには、練習が必要ですね。

 

国語の入試問題というと、「文章の読み取り」や「漢字」が出る、というイメージを持つ人が多いようです。

実は、今回出題したような「きちんとした文章を書く」という出題もあるんです。

これは作文力を見る問題、と言ってもいいでしょう。

公立高校入試にも、作文力を見る問題が出題されているんです。

 

でも、世の中の塾でも学校でも、「作文力」についてはキチンと教えてくれません。

この「作文力」を問う問題は、
単に塾や学校で「国語の読み取り問題」を解く中では学べない力が必要です。

もし授業で扱っている場所があったとしても、一斉に大勢を対象に教えています。

一人ひとりが書いた内容をきちんと見る余裕があるでしょうか?

だからこそ、「作文力」を少人数で学べる塾が必要になってくるのです。

「作文力」は学校でますます必要になってくる!

PAK69_penwomotunotedesu20140312_TP_V

実はこういった「自分で文章にする力」「書く力」は、今後の学校でも大きく評価されるようになってきます。

 

この前の学習指導要領改訂により、アクティブ・ラーニング型の授業が実施されるようになりました。

 

これまでの「授業を聞いて、ただ覚える」教育とは全く違います。

アクティブ・ラーニングとは、「子どもたち自身が調べ、まとめ、議論し、発表する」教育に切り替えていくのです。

 

調べたり、まとめたりする際に必要な力こそ、「作文力」力なのです

作文教室ゆうでの学びはアクティブ・ラーニング型の教育にも対応しているのです。

 

この「作文力」力って、そんなすぐには効果が出ないものです。

ですが続ける中でじわじわ、力がついてきます。

そしてアクティブ・ラーニング型の授業もこれから少しずつ増えてきます。

作文教室ゆうで学んだ力が現れてくる頃、学校でも多く扱われるようになるのです。       

 

授業でアクティブ・ラーニング型の教育が増える以上、今後「作文力」を問う出題も増えていくはずです。

このような問題を練習するには作文塾に行く必要があるのです。

作文教室ゆうは作文を基礎から、分かりやすく、楽しく、少人数で指導しています。

体験授業は随時実施中です。

高校入試対策としても学んでみませんか?

札幌圏の方は札幌駅前校の通学
遠方・全国の方は通信添削コースもございます。

作文教室ゆうの通信添削コース図

お問い合わせはお気軽に、
050-3557-1392または以下のフォームからお問い合わせください。

 

おかげさまで、人気ブログランキング
「国語科教育」部門 第1位!1日ワンクリックを願いします!


教育・学校 ブログランキングへ

 


「文章、ぜんぜん書けない…」「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、【フジモトのカクロン】メルマガです。

文章アドバイザー・藤本研一が365日毎日【無料】朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

 

はじめての方はこちらもご覧ください。

3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    5 × 5 =

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください