ひと味ちがう作文教室ゆうの教材〜100マス作文で書く力が大幅アップ!〜





100マス作文で上がる「書く」力〜気付き力・書き出す力・まとめる力〜

「作文教室ゆう」では毎回使用している教材があります。

それが100マス作文。
「100マス足し算」などは有名ですが、
作文の「100マス」というのはめずらしいのではないでしょうか。

現在、鳥取県の小学校の校長を勤めていらっしゃる、
三谷祐児先生が考案した教材です。

作文が苦手な子。
書けない子。
「なんとかしてあげたい」との思いから考えついたものです。

100マス(以上)枠の原稿用紙に、3分間で作文を書いていく。
そしてその内容を1分で「五七五」の形でまとめるという実践です。

作文教室ゆうはこの度、なんと三谷先生ご本人から「この教材、どんどん使ってください」とお墨付きを頂いています!

この100マス作文、単なる教材とはひと味違います。

日々の実践の中で、3つの力が学べるのです。

9k=

(1)気付き力

毎回「テーマは自由」でいきなり書き出します。
迷っている時間はありません。

そのなかで、「何を書くか」普段から考える意識が学べます。
それこそ、作文に必要な「ネタ探し」の力を自然に学んでいけるのです。

 

(2)書き出す力

100マス作文では「良い文章」を書く必要は全くありません。

作文がニガテだという人は、「はじめからちゃんとした文章を書かないといけない」と思い込んでいます。

実際は書き始める中で、書きたいことは見つかるものなのです。

作文が書けないという辛さを軽減するトレーニングです。

buj0082-001-1

(3)まとめる力

100マス作文の目標は3分間で100文字の文章を書けるようになること。

3分で書いた後、「内容を1分でまとめる」というトレーニングを行います。

これにより、自分の言いたいことをキチッと整理する力も学ぶことが出来ます。

まとめる力。
言い換えれば「要約力」「論理力」です。

ダラダラと長く説明しても、人には伝わりません。
「要するに、言いたいことはこれ!」と示すことで人に伝わります。

学校だけでなく、仕事の場でも「内容をまとめる力」が必要となります。

100マス作文ではこんな要約力・論理力も身につけられるのです。

しかもこの100マス作文、1回の学習では5分ほどしかかかりません。
やり続けることでどんどん力が高まっていきます。

他にも100マス作文の効果、いろいろあります。
こちらのブログもご覧ください。
作文のコツ㊶作文を書くと、ネタ探しの習慣が身につく。

作文教室ゆうの体験授業に行こう!

作文教室ゆうの教材は、他とは一味ちがいます。
ぜひ作文教室ゆうの授業、体験に来てくださいね!
お問い合わせ

 

こちらもオススメ!

小論文学習サイト紹介。
作文のコツ⑦作文こそ、口ベタ人間の生きる道!
作文のコツ⑫「一人」を決め、その人のために書く!

おかげさまで、人気ブログランキング
「国語科教育」部門 第1位!1日ワンクリックを願いします!


教育・学校 ブログランキングへ

 

 


「文章、ぜんぜん書けない…」「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、【フジモトのカクロン】メルマガです。

文章アドバイザー・藤本研一が365日毎日【無料】朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

 

はじめての方はこちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


12 + 3 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください