札幌に住んでいるのに地元のアンワインドホテルに泊まってみた。札幌の風景が違って見えた。





今日のポイント
自分が住んでいる街を、
違う視点で見てみよう。
観光客になったつもりで見ると、
新たな発見がある!

 

先日、札幌のとあるホテルに宿泊しました。

Unwind Hotel(アンワインドホテル)というホテルです。

☆ホテル アンワインド サッポロ↓
http://www.hotel-unwind.com/

ここはキャンプの【ロッジ】をテーマにしたホテルです。
中島公園駅が最寄りです。

部屋の中が木目調のほか、
朝食にこだわりがある、
・・・とのことで行ってきたのです。

 

ブログなどでの反応を見ても、
このホテル、人気が高いんですね〜。

 

以前から気にはなっていました。

 

ですが、なにぶん札幌に住んでいるので
泊まる理由がどこにもないのです。

それでも、
「いつか行ってみたい!」
という思いが強い場所でした。

 

そんなわけで、
思い切って行ってみたのです。

 

結果的には
行って【正解】でした。

 

ビジネスホテルに少し
プラスαするくらいの金額でありながら
得難い経験ができたのです。

 

ロビーには
暖炉がありました。

薪のパチパチ言う音が
心まで暖かくしてくれます。

室内には、キャンプのロッジのように
アウトドアグッズの備品が揃っています。

壁にあるロッジ風の木目が
ホッとする気持ちをもたらしてくれます。

朝食は
部屋まで持ってきてくれました。

バスケットを開けると、
アツアツのスープが入ったスープジャーと
パン・ジュース・コーヒーが入っています。

部屋に据え付けのトースターで焼くのですが・・・
なんとトースターが【バルミューダ】製なんです!

 

トースター加熱時に蒸気を使うという
高性能トースター。

パンがふっくらと焼きあがり、
できたての味わいに変わります。

前からバルミューダのトースターの
話を聞いていたことがあり、気になっていました。

とても贅沢な時間を過ごせたように思います。

 

・・・

札幌にいると、
札幌のホテルに泊まることはほぼありません。

 

札幌にかぎらず、
地元のホテルって、
ほぼほぼ泊まらないですよね。

自分が住んでいる場所近くのホテルって、
【イベント】【会食会】【パーティー】でしか
利用しないもんです。

 

考えれば当たり前ですが、
もったいないことだと思います。

 

地元にあるホテルに泊まってみると、
ふだんと違う街の景色が味わえます。

 

アンワインドホテルに泊まった時もそうでした。

 

最寄り駅は中島公園駅。

アンワインドホテルにチェックイン後、
歩いてすすきのの飲食店街に行きました。

 

なんだかまるで
【札幌観光に来た観光客】のような
気分に浸れました。

 

普段見ている景色とは
違う景色を観ることができるのです。

 

札幌の街が、
いつもと違って見えたのです。

 

これはちょっとした発見でした。

 

 

別に遠い所に行くだけが
旅行じゃないんだと実感したのです。

 

ふだん住んでいる街も、
ホテルに泊まってみることで
違う表情を発見できるのです。

 

私にとっては、
7年前に初めて札幌に来たときのような
気持ちになりました。

 

今日のポイントです。

自分が住んでいる街を、
違う視点で見てみよう。
観光客になったつもりで見ると、
新たな発見がある!

 

自分が住んでいる街にも、
まだまだ自分が知らない味わいがあるはずです。

 

それを見つけるためには
【ふだんとちょっと違う行動を取ること】
が必要でしょう。

 

今回の記事ではホテルに泊まることでしたが、
ほかにもいろんな方法があるはずです。

 

ふだん住んでいる街を
観光客のように観てみることで、
意外な発見があるはずです。

 

その発見がビジネスチャンスに繋がったり、
仕事のアイデアにもつながっていくはずですよ!

 

ではまた!


「文章、ぜんぜん書けない…」「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、【フジモトのカクロン】メルマガです。

文章アドバイザー・藤本研一が365日毎日【無料】朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

 

はじめての方はこちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


one × five =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください