またまた取材に来てもらいました!札幌市の広報誌「しみさぽ」掲載です!

札幌市の広報誌「しみさぽ」の取材を受けました!

 

こんにちは、
文章アドバイザーの
藤本研一です。

 

ここのところ、
取材ラッシュです!

 

「北方ジャーナル」、
「北海道新聞朝刊」、
そして「Air-G」と、

自分の知っているメディアからも多数
取材を受けています。

 

本当にありがたい限りです。

 

8/4(金)も、
さらに1件、
取材に来ていただきました!

それが
札幌市エルプラザの
機関紙「しみさぽ」です。

 

市民活動サポートセンター
出しています。

 

ビブリオバトルと文学サロン

 

今回は
「ビブリオバトル」と
「文学サロン」という

2つのイベントについて
紹介していただくことになりました!

 

ありがたいことです。

 

 

「日本ノマド・エジュケーション協会」は
札幌市の市民活動団体登録をしている
団体です。

 

登録から5年以上経っています。

 

その間、
数限りないイベントを
行ってきました。

 

教員時代から
続けてきています。

 

教員時代を経て、
独立後も
活動をしてきました。

 

ということは、
もうかれこれ6年近く
行っているわけです。

 

結構続けてきたな〜
と思います。

 

うちの団体は「本のイベント」をする団体だ!

 

今回の取材の中で、
改めて
「日本ノマド・エジュケーション協会」の
活動を振り返ってみました。

 

 

現在も活動しているものを
整理すると・・・

 

うちの団体は
【本のイベント】
をする団体だと
整理できたのです。

 

 

確かに、いまは

 

…という3つの
読書会を開催しています。

 

現在も行っているイベントですと、

札幌ワカモノ文学サロン

・ふうしゃエッセイ講座

 

……というものも行っています。

 

また、それ以外に
「作文教室ゆう」という塾と、
大人のための「書き方」講座@札幌」も
行っているわけです。

 

私のやっていることって、
けっきょくは

「本や文章」に
つながることをやっているんだな

と、改めて知ることができました。

 

自分が一体何をやっているか、一度考えてみよう

この気付き。

私にとっては
けっこう衝撃でした。

 

自分のやっていることが
「本・文章」に集約できることに
はじめて気づいたからです。

 

 

意外と自分がやっていることって、
意識することはあまりありませんでした。

 

けっこう場当たり的にやってしまったり、
既にやっていることを継続しているだけだったり
するからです。

 

 

慌ただしくバタバタと
仕事・イベントに取り組んでいるからこそ、
改めて

「自分は一体何をやっているのか」

整理して考えてみる。

 

その時間が大切なのだと気づきました。

 

文学サロンの紹介は…

なお、今回の取材、
「ビブリオバトル」の部分を
私・藤本が紹介し、

「札幌ワカモノ文学サロン」の部分は
一緒に行っている
石山広尚さんに紹介してもらいました
(写真の右から二番目の方です)

☆石山さんは
作家を目指し、
いまブログなどで修行中です。

ブログ タブンダブン

 

来月あたりの
「しみさぽ」に掲載されるはずですので、
お楽しみに!

 

8/22のワカモノ文学サロンには取材が入ります!

なお、今月8/22(火)の
「札幌ワカモノ文学サロン」にも
「しみさぽ」の方の取材が入ることになりました。

 

「写真に写ってもいいよ」という人を中心に、
取材いただこうと思っていますので
どうぞよろしくお願いします。

 

【札幌ワカモノ文学サロンvol.4】

【日時】平成29年8月22日(火)20:00-21:30

【場所】作文教室ゆう札幌駅前校

〒060-0807
北海道札幌市北区北7条西5丁目6-1
ストーク札幌201

JR札幌駅北口徒歩1分。
☆ヨドバシカメラ様 道向かい。
ミアボッカ札幌駅北口店様 上。

【参加料】1,000円(会場費)

【内容】作品の相互批評など
☆ご自分の作品がある場合、
ぜひお持ちください。

☆Facebookからのお申込みはこちら!

FBイベント

 

[contact-form-7 404 "Not Found"]

ではまた!


☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください