作文の書き方㊺言葉にできないモヤモヤを大事にしよう。

小田和正(おだかずまさ)の名曲「言葉にできない」。

スクリーンショット 2016-02-15 20.05.53

以前、保険のCMで使われいたのが印象的です。

聞いたことはあるでしょうか?

あなたに会えて ほんとうによかった
嬉しくて嬉しくて 言葉にできない

LaLaLa LaLaLa…
言葉にできない

聞いていると、なぜか胸にこみ上げる曲です。

「嬉しい」という言葉では表現できない「嬉しさ」が伝わってくる。
「言葉にできない」というフレーズのインパクトが大きい。

多くの人にとって共感できる要素でしょう。

よく考えると、感情を言葉にするのが仕事の作詞家にとって、
「言葉にできない」というフレーズを入れるのは相当勇気がいるはずです。

そういった意味でも、意欲的な曲でしょう。

 

ところで、小学生の絵日記を思い出してみてください。

Z

小学生の絵日記はどの日も「たのしかった」記述ばかりです。

「花火大会にいきました。たのしかったです」
「スイカをみんなで食べました。たのしかったです」

「たのしかった」のは事実です。
ですが、それ以外の要素が「たのしかった」という言葉では伝わりません。

伝わらないのですが、小学生にとってはそれ以外に表現が出来ない。

それこそ、「言葉にできない」のです。

 

 

作文の指導において、「言葉にできない」は禁句のようです。
言葉にするのが作文だからです。

でも。

私は「言葉にできない」という表現もアリだと思います。

人間、なにか大きな感動を感じることがあります。

大学に受かった!
就職が決まった!
昇進した!
結婚した!

逆に、大きな絶望を感じることもあります。

彼女に振られた!
志望校に落ちた!
留年が決まった!

大きな感動も、大きな絶望も、言葉にしてしまうと陳腐です。

「めっちゃ感動した!」
「ものすごく落ち込んだ!」

そんな時は、ちょっと待ってみるといいのです。

言葉にしようとするけど、なんか違うと思う。
言葉にすると、嘘くさく感じる。
言葉にすると、安っぽくなってしまう。

そんなモヤモヤを大事にして、しばらく自分の中で寝かせるのです。

数時間後かもしれません。
数日後、あるいは数年後かもしれません。

寝かせた分、自分の中でしっくりくる「言葉」で表現できるようになります。

例えば、「志望校に落ちた!」という大きな絶望を例に考えてみましょう。

志望校に落ちた当時は、「もう何も考えられない…」「悔しい…」「絶望…」くらいしか言葉が見つかりませんでした。

しばらく寝かすと、次のような表現を書けるようになりました。

 志望校に落ちたことで、僕は文字通り「目の前が真っ暗」になった。今までの勉強は何だったんだろう。そんなふうに思った。
あまり考えたくないのが「不合格」という言葉だ。いままで何時間も勉強してきたのだから、「不合格」というのは本当に辛かった。
合否結果を電話で聞いたのも良くなかった。
「残念ながら、不合格です。」
何度も耳に届いた。本当に何も考えたくなくなった。

「絶望」になる前後の状況を書いています。
また、ちょっと客観的に自分を見れるようになっています。

作文を書くと、自分を少し客観的に見ることが出来ます。
「言葉にできない」ということも、少し寝かせて言葉にしてみると、自分を少し離れた場所からアドバイスできるようになります。

 

「言葉にできない」ことはたくさんあります。

「言葉にできない」と、モヤモヤします。

そのモヤモヤを大事にして、文章を考えてみましょう。

 


☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください