企業の採用側から教えてもらった、入社試験の作文&履歴書のコツ

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]




社長の勉強会に、参加!

昨日10/25、札幌の経営者の方々の
勉強会・懇親会に
参加させていただきました。

 

集まっているのは
社長ばかり。

 

「個人事業主」で塾経営者なのは
私くらいだったことでしょう。

 

名刺交換と挨拶をさせていただきました。

実際に人を雇い、
経営に当たられている方々って
独特の雰囲気があります。

 

ひよっ子経営者として、
私も勉強になりました。

 

ご挨拶の際、色んな人から

「作文の塾? 面白いね!」

と言っていただけました。

 

ありがたい限りです。

 

名刺に

「作文・論文アドバイザー」
と書いてみるもんですね!!!

 

就職試験の履歴書&作文って・・・

 

懇親会の中で
こういう社長の方に出会いました。

「うちの会社では、
毎回【これまでの自分 これからの自分】
というタイトルで作文を書かせています」

 

このタイトルで、
60分で800字書かせるそうです。

images

それだけで、
人柄や目指すものなどが見えてくるそうです。

 

実際、
「これまでの自分」というテーマで
「書くことがない!」と思う人はいません。

 

同様に、
「これからの自分」を
全くイメージできない人も、
ほとんどいません。

 

ですが、
入社試験でこれを問うということは

自然に過去の自分の自己PRと、
入社後の決意

を書くことになるのです。

 

たまにこれに気づかない人もいるそう。

会社に入ることを一切考えず、
採用側にとって
「どうでもいいこと」
ばかり書く人もいるのです。
(趣味面の話など)

 

入社試験の「作文」のポイントとは?

私も
前職が高校教員だったのでわかりますが、

採用試験に
「作文」を課す所は
結構あります。

 

どの作文も、
テーマは色々。

 

ですが、
見ているのは

「この会社でやっていけるか」
「この会社で何をしていくか」

という点です。

 

どんなテーマでも、

「この会社で働きたい!」
というメッセージを込める必要があるのです。

 

これ、意外と見落としがちな点です。

 

みんな
「自分だけの視点」
で書いてしまいます。

 

誰も、
「会社への貢献」
「会社に何で貢献できるか」

書いていないのです。

 

ドラッカーのマネジメントでは

「組織への貢献」
「自分はどの点で貢献できるか」

を意識するよう問いかけます。

 

企業の入社試験の作文でも、
「貢献」が見られているのです。

 

究極の話、
会社は「利益」を上げてナンボの世界。

会社の売上なり利益なりに
貢献できる人ならば
いくら積んでも欲しいくらいです。

 

 

でも大部分の人は、
ほんとに
「自分のことだけ」
しか書かないんですね・・・。

 

ビジネスは、お客様があってのもの。

「自分のことだけ」しか
考えていない人を
本当に採用したいでしょうか?

 

だから企業の採用試験の作文では
「会社に何で貢献できるか」
一言でもいいので盛り込むことです。

 

それだけで他の人よりも
数倍優れた作文となります。

 

履歴書への想い

 

別の方から、
履歴書についても伺いました。

 

「うちでは履歴書は手書き限定にしています。
これを言わないと、いま7割がパソコンなんです。
手書きだと、その人の思いやクセも気づくことができます」

 

手書きというのは
その人のクセを如実に表すものです。

gatag-00013369

書き方・文字の間隔などに
読み手への配慮が表れます。

 

読み手に配慮した文章は
パッと見で分かります。

 

読み手に配慮できる人は、
お客様にも配慮ができそうに感じます。

 

だから採用されるわけです。

 

手書きで修正液を平気で使うのは
「配慮」不足の表れなのです。

 

また、
手書きだと「志望理由」のコピペも
すぐ気づくそうです。

「自分は~~に興味があり」って部分、
会社によって変えているよね。

そういうことにも
気付けるそうです。

 

また、読み手への配慮は
やっぱり意識されます。

 

「単に履歴書だけでなく、
短冊みたいな紙を付けていると
ちょっと違うな、と思いますね。

その紙がちょっといい香りが付いていたりすると
もうポイント高いです。」

こういう、読み手への配慮って
ホント大事ですよね〜。

 

大事な部分の太字や下線は同じ理由で大事ですよ〜。

 

 

採用の時期には
何人・何十人もの履歴書を読み、
その分だけ面接もするのが企業の採用側。

 

大変さと同時に、
「書く」点で
志望者を見ていることに気づきました。

 

書く力って、就職・再就職の際にも
必要なんだな〜って
改めて思いました。

 

☆ なお今週土曜、
履歴書講座をやります。
興味のある方はこちらからからどうぞ。

 

履歴書一緒に書きます。仕事が半年以上続いたことがない、あなたに。

 

 

ではまた!

 

 

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

「文章、ぜんぜん書けない…」

「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、
キャリアアップ文章アドバイザー・
藤本研一がお届けする2つのメルマガです!

毎日届く
キャリアアップ文章アドバイザー・
藤本研一の書く技術か、

7日間限定の
7日間で文章の基礎が学べる
特別無料メルマガ講座か。

あなたはどちらを購読しますか?
あるいは両方 購読しますか?

どちらも【無料】
朝8:00にお届けします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


7 + 19 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください