自分は何もしていないのに、人に「頑張れ!」って言ってません?正しい励まし・応援の仕方とは?

今回のポイント
人に投げかけられるのは、
「自分もやっているから、
一緒に頑張ろう!」
という言葉だけである。 

 

受験本番、到来!

 

いま、受験の本番シーズンです。

 

うちの塾にも、
受験生の方が多く来てくださっています。

 

 

受験生の皆さん、
応援しています!

 

 

英会話教室NOVAの昔のCM

 

そんな時に思い出すのが
昔やっていた「駅前留学NOVA」のCMです。

 

1998年頃にやっていた
NOVAのCM。

(不祥事が起きる前の時期です)

 

 

これ、私がけっこう好きだったCMなのですね。

 

 

そのCMとは
高校の英語の授業の1シーンです。

 

 

ある女子生徒のナレーションが入ります。

 

「私の学校の英語の先生は留学生なんです。
だから英語の発音はバツグン。

でも先生の本当の留学先は
駅前のビルにあるんです。

そこで外国人の先生と
英会話のレッスンをしてるんだって。

だからだよね〜。

先生も頑張っているんだ!
(だから私も頑張ろう!)」

 

…ざっとこういう内容の
CMです。

 

 

 

子ども心に見て、
なんか「先生」に憧れました。

(それにしても、いまCMを見ると、
この先生、けっこう老けていたのですね…)

 

学校の先生といえども、
ずっと勉強し続けている。

 

 

この様子を見た上で、

 

 

「先生も頑張っているんだね。
だから私も!」

という思いが現れた
CMとなっています。

 

 

このCMだと、
英語の先生が
「いま」勉強している様子を知っているからこそ、

「よし、自分も頑張ろう!」

という触発を受けています。

 

 

仮に、この英語の先生が
どんなに英語が上手であっても、
「いま」ほとんど勉強していなかったら
触発が得られなかったはずです。

 

まして、
「昔 英語を勉強していた」
「昔 留学していた」
という過去の栄光だけを自慢していたなら、

こういう

「先生も頑張っているんだね。
だから私も!」

という思いにはならなかったはずです。

 

自分が頑張っているからこそ、「一緒に頑張ろう!」ということができる。

 

実はこのCM、いまの私の信条にも
つながっています。

 

 

自分が何もせずに
人にだけ

「頑張れ!」

と言っても説得力がありません。

 

 

私自身が日々
ブログ・メルマガ・動画を
ひたすら毎日作り続けているのは、

まさに

「自分もやっているから、
一緒に頑張りましょう!」

というメッセージを伝えるため、
なのです。

 

 

その上で、

「フジケンさんも頑張っているから
一緒に頑張ろう」

と思ってもらえたら嬉しいから、
なのですね。

 

今回のポイント

 

今回のポイントです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・
人に投げかけられるのは、
「自分もやっているから、
一緒に頑張ろう!」
という言葉だけである。  

 

安易に「頑張れ」「応援しているよ」と言う前にすべきこと。

「頑張れ!」

「応援しているよ!」

 

よくこういうセリフを
言うことがあります。

でも、結局これって

「言っている人がどう振る舞っているか」

で全く意味が変わってくるのです。

 

 

 

私は塾を経営する立場です。

また、講師業として
いろんな団体でお話させて頂く機会も
多いです。

 

 

そのときに、

「あ、この人、
口だけだ」

「この人は、自分がやってもいないことを
人にやらそうとしている」

 

と思われたら、
何を言っても響きません。

 

 

だからこそ、
大事なのは

「私もやっているから、
一緒に頑張りましょう!」

と、自分が何かをやりながら
言うことが必要なわけです。

 

受験生と一緒に建築の本を読み切った話。

 

つい先日も、
建築学部への編集を目指す受験生と一緒に、
建築家の本を読みました。

 

 

「次の授業までに、
この本を読んできてね」

 

そう言うだけでなく、
私も実際に購入し、
最後まで読みました。

 

 

読みやすい本だったから良かったのですが、
そうでなければ地獄だったかもしれません 笑

 

 

「私も読むから、
一緒に頑張ろう!」

そういうメッセージを伝えるためにも、
最後まで読むことにしたわけです。

 

 

ともあれ、
私がこうやってブログやメルマガ・YouTube動画で
(クオリティはともかく)毎日アップしているのは

「フジケンもやっているから、
私も頑張ろう!」

と、読んでいる方に
一人でも思っていただければ嬉しいからです。

 

誰かのためには頑張れる!

 

人間、自分1人のためには頑張れませんが、
誰かのためには頑張ることが出来ます。

 

 

そんなわけで、
私の情報発信、
あなたの「触発」につながれば
幸いです!

 

ではまた!


☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください