作文の書き方116 ピアノも文章力も、1日休むと取り戻すのに3日かかる。

今回のポイント
文章は毎日書かないと力が落ちる!
少しでいいから毎日コツコツ
書き続けませんか?

 

文章力って、すぐに落ちてしまう…!

 

 

受講生の方から、
あるメッセージを頂きました。

 

「さいきん、文章を書かなかったので
なんだか書くのが
下手になった気がするんです…」

 

こういう話、
この方に限らず
聞くことが多いです。

 

 

文章を書く力って、
しばらく書かないでいると
カンタンに下がります。

 

 

私の経験上ですが、
1日だけでも
意外と落ちます。

 

 

慣れのようなものかもしれませんが、
あまり文章を書かない日があるだけで、
文章表現の感覚が
鈍ってしまうのですね。

 

 

だからこそ、
ブログやFacebook、
日記など、

 

無理矢理でも「毎日書く機会がある」ものって
文章力の維持に欠かせません。

 

ピアノもバイオリンも、すぐに力が落ちる!

 

 

全く次元は異なりますが、
ピアニストやバイオリニストの方も
同様のことを言いますね。

 

「1日休むと取り戻すのに3日かかる」

というセリフや、

「1日練習しなければ自分が分かる。
2日練習しなければ批評家に分かる。
3日練習しなければ聴衆に分かる」

という感じのセリフを言う人も実際にいます。

 

(だからといって
闇雲にやればいいというわけでは
ないのですが)

 

 

 

これは文章を書く際にも
当てはまってきます。

 

 

特にブログや論文などを書く場合、
しばらく書かないでいると

「あれ、どう書いたら
いいんだっけ…」

と一瞬フリーズすることがあります。

 

 

 

私はブログやメルマガに関しては
毎日書いているのでフリーズしないのですが、

私自身
論文のように堅い文章をイチから書き出すと
一瞬困ることがあります。

 

 

だからこそ、
「日々書く習慣をつける」ことって
文章力を高める上で欠かせないのです。

 

 

毎日続けることで
「感覚」を磨くことが出来るからです。

 

 

今回のポイント

 

今回のポイントです。

 

文章は毎日書かないと力が落ちる!
少しでいいから毎日コツコツ
書き続けませんか?  

 

 

 

他の人が読む可能性のある文章を、日々書いていく!

 

毎日書き続ける際、
オススメなやり方があります。

 

 

それは
「他人」が読む可能性のある文章を
書くことです。

 

つまり、ブログやSNSのほか、
手紙やハガキなどを書くことで
効果が高まるのです。

 

 

日記など自分だけを対象に書く文章だと、
「他人」が読む可能性が少ないので
ちょっと「危機感」が下がります。

 

 

ちょっとだけですが

「これくらいでいいや」

という「甘え」につながってしまうのです。

 

 

だからこそ、

【誰かが読む可能性のある文章を、
毎日コツコツ書く!】。

 

 

これが文章力の維持・向上に
役立っていくのですね!

 

 

かくいう私が
毎日ブログなりメルマガなり書いている理由は、
書かないとまさに文章力が落ちるのを
実感しているからです。

 

「文章アドバイザー」を
名乗っている私にとって、
まさに死活問題なのですね!

 

(あるいは、今の水準よりも
文章力を下げないためです…)

 

 

コツコツ、続けよう!

 

 

文章力は書かないと
あっという間に落ちてしまいます。

 

 

だからこそ、
毎日【コツコツ】続けるのって
大事です。

 

 

文章力を高めるのも大事ですけど、
まずは今の力を落とさない努力、
やってみてくださいね!

 

試験に「記述」がある場合、毎日文章を書く練習を!

 

同様の理由から、
大学入試や採用試験に
「作文」「小論文」がある場合、

毎日ちょっとずつでもいいから
「文章を書く」練習を
忘れないようにしてみてくださいね!

 

 

ではまた!

 

☆月980円からの
文章添削サービスもやっています。

コツコツ書く力を高める機会に、
お役立てください↓

「文章、ぜんぜん書けない…」「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、【フジモトのカクロン】メルマガです。

文章アドバイザー・藤本研一が365日毎日【無料】朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

はじめての方はこちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください