Thank you for the …〜自分を救ってくれるもの〜

最近、過去の自分のブログを読み返しています。

別ブログ「日本ノマド・エジュケーション協会ブログ」にも書いた、「自分史」を書いている関係上です。

人生の途中でも、自分史を書こう。

images-2

読み返すと思うこと。

それは私が「作文」に救われていたことです。


私のどん底時代。

それは先行きの見えない大学院生時代です。


同世代は大卒でバリバリ働いている。


そんな横で、仕事もせず、

日々大学の図書館に通い、
たまに読書会をやっている。


「この研究でいいのだろうか・・・」

「これで博士課程に行けるんだろうか・・・」


日々、悩み多き日々を送っていました。

いまも「悩み多き日々」ですが、
当時は「それ以上」でした。


「研究」か「仕事」か。

修士課程で終えるか、博士課程も行くか。


悩みばかりでした。


そんな私を救ってくれたのが「作文」なのです。


私は悩み多き日々のモヤモヤを、

ブログやPCに書きなぐっていました。

images-4

不安も、絶望も、
かすかな希望も、何もかも。


書くことによって、感情が浄化されたのか、

いまだにこうして生きています。


「書く」ことがなければ、

私は「絶望」の闇で死んでいたかもしれません。

(そして、これは多くの大学院生、
特に博士課程の院生に共通する要素です)


ABBA
の名曲「Thank you for the music」。


私の手元にあるABBAベストでは一番最後に入っている曲です。

So I say
Thank you for the music
The songs I’m singing
Thanks for all the joy that’s bringing
Who can live without it?
I ask it all honestly
What would life be?
Without a song or a dance
What are we?
So I say
Thank you for the music
For giving it to me
だから言わせて
音楽をありがとう
わたしの歌う歌を ありがとう
もたらされる喜びを ありがとう
それなしで生きられる人などいるの?
本気で聞いてみたい
そんな人生だったら どうなってしまう?
歌やダンスがなければ
わたしたちは どうなっていた?
だから言わせて
音楽をありがとう
わたしに音楽をくれて ありがとう

http://einzelzelle.blogspot.jp/2013/11/thank-you-for-music_11.htmlより)


正直、訳が微妙なところもありますが、

感じが伝わるのではないでしょうか。


あまり言っていませんが、

私が「作文教室ゆう」をやっている理由でもあります。


私は「作文」、なかんずく「書く」ことによって救われました。


だからこそ、「作文」に感謝しているんです。


Thank you for the writingです。

images-3

「作文」によって救われた以上、
「作文」によって救われる人を増やしたい。
そして「作文」に恩返ししたい。
「作文」が楽しい、という人を増やしたい。


なぜなら、「作文」によって救われる人もいるはずだから・・・。


これは何も「作文」でなくてもいいのです。


知り合いで、言葉ではあまり思いを表現できないけれど、

音楽」で表現できる、という人がいます。


プロのアーティストにも

「トークが残念」な人もいますが、
それは「語り」が残念な分、
音楽によって救われていると言えるのです(ABBAもそうでしょう)。


写真」で表現しているという人もいます。


」で表現している人もいます。


究極、「作文」でも「絵」でも「写真」でも「音楽」でもいいです。


自分を表現し、

自分の感情を表し、
「救われた」感覚を持てるもの。


それを持つ人生は手堅いです。

それがない人生は、ある意味辛いです。


私は「書く」ことによって救われました。

だからこそ、「書く」ことによってしか救われない人の苦悩を、少しでも軽減していきたいのです。


そんなわけで、「作文教室ゆう」をやっているわけです。

 

 

 

作文教室ゆうの講座をご自宅でも!
月3,000-からの通信添削コースがあります!
作文教室ゆう通信添削コース

作文にはコツがある・・・やばい、作文書く手が止まった・・・元図5-300x201




おかげ様で、人気ブログランキング、
国語科教育部門第1位!
1日ワンクリックをお願いします!


教育・学校 ブログランキングへ





☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください