祝!今年も早稲田大学に合格者を出しました!早大スポーツ科学部に出題される、小論文の力を高めるには?





今日のポイント
小論文の力をつけるなら、
必ず誰かに添削してもらうこと!

 

「早稲田大学のスポーツ科学部に
 合格しました!」

 

11/17午前中に、
先日の推薦入試で合格した
受講生の方が作文教室ゆうに
報告に来てくれました!

 

 

高校3年生の
女子の生徒さんです。

 

Aさんとしましょう。

 

 

このAさん、
こんかい無事、第一志望である
早稲田大学のスポーツ科学部に
合格を勝ち取ることができました!

 

 

早稲田大学は私・藤本の母校です。
後輩を送り出せたわけですので、
うれしいですね〜!!!

これで2年連続で
早稲田大学に合格者を出したことになります。

 

高校生受講生が10人ほどの
小さな塾として
すごい結果だと言えるのではないでしょうか?

(作文教室ゆうは1対1添削なので、
そんなに大勢は教えられないのです)

 

Aさんが
作文教室ゆうに初めていらっしゃったのは
今年の8月です。

 

推薦入試の対象となり、
試験をうけることになったそうです。

でも、試験で出題される小論文がニガテなので
困っていらっしゃいました。

(早稲田ではスポーツ科学部などの
推薦入試および一般入試に
小論文が出題されます)

 

体験授業にお越しくださった際、
イチから小論文の書き方や
問題の解き方をお伝えしました。

  「ぜひ、藤本先生のところで学びたいです!」

と、すぐに入塾を決めてくださいました。

 

 

そこから月2回の頻度で
作文教室ゆうで小論文講座を
受講なさっていました。

何度かの練習後は
過去問演習も行っていきました。

 

  「この問題、どう書けばいいかわからないんです…」

そんな相談をSNSで
伺ったこともありました。

 

 

でも継続する中で
着実に実力をつけていかれました。

 

 

「試験当日、
全部書き終えても、
なんと時間が余ったんです。

まわりの人の話を聞いてみると、
全然書けなかった人も多かったみたいです。

 小論文の練習をしていて
   ホント良かったと思いました!」

そんな感想を話してくださいました。

 

小論文って、
自力で勉強するのが難しいです。

 

自分で書き上げるのも大変ですし、
書いたところで

  「この答案って、
何点くらいになるんだろう?

どう直したらもっとよくなるのだろう?」

 

と、途方に暮れてしまうのです。

 

だからといって、
高校の先生はみんな忙しく、
細かく小論文を添削してくれる人は
少ないものです。

私も大学受験の際、
添削してくれる先生探しで
困っていました。

(適切に添削してもらった現文のN先生には
いまだに感謝しています)

それに、国語の先生だからといっても、
慶應大学や早稲田大学レベルの
過去問を添削できるわけではないのです。

 

その点、作文教室ゆうには
慶應義塾大学小論文対策コースもあるので
専門的に指導が可能です。

慶應義塾大学小論文専門!通塾コース

 

その上、作文教室ゆうでは
小論文の1対1添削指導を行っています。

細かく添削することが可能なので
小論文の力が一気に高まるのですね!

(これまで、2時間だけ
 作文教室ゆうで小論文の講座を受けただけで
 試験に合格なさったケースもあります

 

今日のポイントです。

・・・・・・・・・・・・・
小論文の力をつけるなら、
必ず誰かに添削してもらうこと!
・・・・・・・・・・・・・ 

 

小論文の力って、
自分一人ではぜったい伸びません。

書いた文章を誰かに見てもらうことが
必要です。

これは友人でもいいですし、
家族でもいいです。

 

仕事先や学校でも
構いません。

 

自分以外の人に読んでもらい、

「これって、どういう意味?」
「この文章、ちょっとクドくない?」

などと率直な意見を聞くことで
はじめて文章力・小論文の力は高まるのです。

むろん、文章の専門家に見てもらうほうが
より適切なアドバイスをもらうことができることでしょう。

(あ、これ、別に作文教室ゆうに来ないといけない、
ということではありませんよ! 笑)

 

おかげさまで小論文指導の点で
多くの方に作文教室ゆうをご活用いただけるようになりました。

 

イベントで知り合った国語の先生から、

「藤本先生のお名前、
小論文指導について調べた際
ネットで拝見したので
以前から知っていました」

と言ってくださることも先日ありました。

 

この小論文指導というサービスが
いま実施できているのは
支えてくださっているみなさんのおかげです。

 

ともあれ、
今回 早稲田大学スポーツ科学部の推薦入試で
合格者を出せて本当に嬉しいです。

 

 

Aさんの笑顔も
とても輝いていました。

お母様も安心なさったようでした。

 

 

私が作文教室ゆうを開業したのは
「書く」力がないせいで
人生損している人を応援するためです。

また、「書く」力を高めることで
人生を良くしていきたい人を
サポートしていくためです。

今後も小論文のように
「書く」力で人生を変えていける人を支えられるよう、
努力していきたいと思います!

 

☆下は修了時にAさんに書いていただいたアンケートです。
 

ではまた!

☆別の記事も読めば、
さらに情報を得ることができます。

総合的な小論文対策の仕方を
知ることができるのです。

こちらに「知っておきたい小論文対策のやり方」を
まとめていますのでご覧ください↓

知るか知らないかで人生が変わる!小論文試験対策の基本〜大学入試・大学院入試・就職試験・転職試験対応〜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【キャリアアップ文章アドバイザー・フジケン(藤本研一)の近況】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

11/17(土)の午後から、
高校2年生の男子の生徒さんが
理数教室ゆうの
体験授業に来てくださいました。

この方、私の知り合いのお子さんです。

「数学でつまずいているんですが、
予備校だと映像授業ばかりで
   細かいところを教えてくれなくて困ってたんです」

 

そんな内容を話してくださいました。

 

理数教室ゆうは理科と数学専門の塾です。

講師は熊谷優花さん。
私の嫁さんでもあります 笑。

 

もともと大手塾講師をしていたこともあり、
教える力について定評があります。

 

 

理数教室ゆうも
完全に1対1の指導なので、
細かいところまで詳しくお伝えすることができます。

 

いわば「家庭教師を塾で行う」ようなもの。
しかも学生アルバイトが多い家庭教師と違い、
プロの講師が対応するわけです。

 

今回体験授業に来てくださった生徒さんも、

「普通じゃ教えてもらえない
細かいところまで教えてもらえたので
とてもよかったです」

と言ってくださいました。

 

この生徒さん、
行きたい大学の試験に
数学が出題されるということで
悩んでいらっしゃいました。

 

行きたい大学があるのに、
苦手科目のせいで夢を断念するってつらいですよね。

 

だからこそ、理数教室ゆうが
お役に立てれば幸いです!

☆理数教室ゆうの詳細はこちら!↓

小中学生から高校生・社会人の方の
理科・数学授業を完全マンツーマンで行います。

札幌駅前 マンツーマン指導 理数教室ゆう

 

最後までお読み下さり、ありがとうございます!

 


「文章、ぜんぜん書けない…」「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、【フジモトのカクロン】メルマガです。

文章アドバイザー・藤本研一が365日毎日【無料】朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

 

はじめての方はこちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


twenty − 16 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください