キミも、書くのがもっと楽しくなるよ!〜「作文教室ゆう」の目指すもの〜

皆さん、「書く」のは好きですか?

こっそりノートに「小説」を書いている人もいるでしょう。

LINEやTwitter、ブログで「書いて」情報発信している人も多いはず。

images-2

小学校1年生の時、
毎日の日記が好きでした。

日記を書いて、先生が赤ペンで返事を書いてくれる。

楽しかったですね〜!

 

 

書くのって、楽しいし面白いんです。

 

 

・・・でも「作文」になると、みんな極端にキラいになります。

 

私も「作文教室ゆう」のチラシを配っていますが、

「作文、キライ!」

そんな一言を(よく)言われてしまいます。

最近は慣れましたが、グサッとは来ますね。

 

「作文の塾で〜す」と言うだけで、
「作文、大キライ!!!」と叫ばれてしまいます。

 

作文嫌いって、相当深刻なんですね。

 

・・・それにしても、なんで皆「作文」がキライなんでしょう?

「書く」のは楽しいのに?

 

その理由を、ここの所考えていました。

 

結果的に、分かりました。

 

みんな、自由に「書く」のは好きなんです。
でも、学校の授業で「作文をムリに書かされる」のがイヤなんです。

images-3

 

 

 

考えてみれば、それだけなんです。

 

自由にやるのは楽しくても、
いざ先生から「〜〜しなさい」と言われると極端に嫌になる。

 

作文にかぎらず、思い当たります。

 

 

では、どうやれば「作文」の「キライ」を乗り越えられるのでしょう???

 

 

それは「書く」ことの楽しさを思い出すことです。

 

そう。

書くのって、すごく楽しいんです。

作文も、本当はもっと楽しいんです。

 

そういったことを「作文教室ゆう」として、
日本中の人に知ってほしいと思っています。

images

 

 

 

だから「作文教室ゆう」では、
何よりも「書く」楽しさに気づける教材・授業を行っていきます。

 

ゲーム感覚でもあれ、
「書く」のが楽しくなればあとは自然と上達していくことができます。

 

「書く」のが楽しくなれば、
「書く」のが好きになります。

「書く」のが好きになれば、
自然と「作文」も得意になります。

そして「作文」も楽しくなります。

 

そのための方法論を、「作文教室ゆう」は提供していきます。

入試に必要な作文・小論文も、
「書くことの楽しさ」の延長上に上達していくと考えています。

 




さて、「書く」のをさらに楽しくするためのコツがあります。

それは「みんな」で書くこと。

 

一人で「書いて」いても、ダレてしまいます。

「いつか本を出そう!」という人が結局本を出せない。
その理由はここにあります。

 

書いた文を、まずは講師に読んでもらう。
家で、保護者にも読んでもらう。

そして慣れてきたら塾の生徒同士でも読んでもらう。

いろんな人に読んでもらい、
コメントをもらうと
書くのはもっと楽しくなります。

 

一つだけルールを設けていればいいんです。

それは「決して、ダメ出ししないこと」「必ずどこか、褒めること」。

 

入塾の際にお渡しする資料にも、
「お子さんの作文を読んだら、
必ず、どこか1点でもいいので褒めてください」と書いてあります。

 

「よく漢字で書けたね〜」でも、
「よくまとまっているね〜」でも、
「最後の行まで書けたね〜」でもいいのです。

 

周りから褒められると、
大体の場合「嬉しい!」と思えます。

周りからの賞賛があれば、
もっと作文、うまくなりたい!」となります。

 

そうなれば、放っておいても作文は上達します。

 

 

「作文って、本当は楽しい!」
「作文はみんなで書くと面白い!」

 

この2つのメッセージを伝えていくこと。
それが「作文教室ゆう」で私が目指していることです。

キミも、書くのがもっと楽しくなるよ!

images

作文教室ゆうへのお問い合わせは050-3557-1392または
こちらまで!
(インターネットを利用した添削指導、ただいま準備中!)

 

ブログランキング参加中!1日ワンクリックをお願いします↓


教育・学校 ブログランキングへ

「文章、ぜんぜん書けない…」「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、【フジモトのカクロン】メルマガです。

文章アドバイザー・藤本研一が365日毎日【無料】朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

はじめての方はこちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください