中学・高校の数学を学び直したい社会人の方へ

社会人になって、「数学」をやり直す必要が出てきた!どうする?

 

こんにちは、
文章アドバイザーの
藤本研一です。

 

現在、私の妻が講師を務める
「理数教室ゆう」には
小学生・中学生はもちろん
社会人の方も通っていらっしゃいます。

 

これまで
中学・高校で
数学をやってきたけれど、

「数学は嫌い!」
「数を見るのも苦手!」

と逃げてきた方も
多いはずです。

 

かくいう私・藤本も
その一人。

 

「数学なんて
社会に出たら使わない!」

 

そう思ってきました。

 

ですが。

 

自分の「これから」を
考える際、

数学が必要なことに気づくことがあります。

例1)
看護学校に入ろうと思うけど、
入試に数学Ⅰ(高校1年程度の数学)が出る・・・!」

例2)
「そろそろ大学
入り直したいと思うんだけど、
数学が入試に出るだなんて・・・」

例3)
経済学を勉強し始めたけど、
数式の意味がわからない・・・。

もう一度、数式とその計算の仕方を
学び直したい・・・」

例4)
「大学に入って、
数学の授業の意味が
わからなさすぎる・・・。

イチから学び直したい」

 

こんなことって、
ありますよね。

 

理数教室ゆうには
こんな理由から
社会人の方も通って来てくださっています。

 

なかなか、
社会人の方が
数学を学び直せる場所はありませんでした。

 

 

 

理数教室ゆう3つのポイント

 

ポイント1)1対1で、プロによる指導

 

数学の学習は
「どこでつまづいているか」
を知ることが大事です。

 

つまづいているところから
やり直すことで
数学の力を伸ばすことができるのです。

 

でも、
「つまづいているところから
学ぶ」ためには、
1対1でなければなりません。

 

1対1で指導するからこそ、
わからない点を気軽に質問できます。

 

1対1で指導するからこそ、
必要な段階から学ぶことができるのです。

 

それに、
1対1なので、
急に仕事が入った時なども

授業の振替を行うことができます。

(振替は1回のみ可能です)

 

なお、講師は
大手進学塾で授業も担当していた
プロ講師が行います!

 

大学生のバイトではないので
安心ですね!

 

確実に力をつけることができますよ!

 

ポイント2)札幌駅前でアクセス便利!

 

社会人の方が学ぶ際、
教室が遠いと通学が大変です。

 

理数教室ゆうは札幌駅前
徒歩1分のため、
気軽に通うことが可能です!

 

理数教室ゆうアクセス

〒060-0807
北海道札幌市北区北7条西5丁目6-1 ストーク札幌201号室

☆ JR札幌駅北口徒歩1分。
ヨドバシカメラ様道向かい。ミアボッカ札幌駅北口店様上。

作文教室ゆう/理数教室ゆう札幌駅北口校

 

ポイント3)通い方も相談可能!

 

社会人の方は忙しいですよね。

 

「今月は毎週通えるけれど、
来週は2回くらいしかいけなそう」

 

仕事の忙しさによって
通学可能な日も変わってきます。

 

そんな声にお応えし、
理数教室ゆうでは
通学日数・曜日を
自由に変えること
ができます!

 

【通塾可能な時間帯】
月曜〜金曜
10:00-22:00

☆すでに受講希望者がいる場合、
ご希望に添えないことがございます。
予めご了承ください。

☆前月の間に受講可能な日数や曜日を
お伝え下さい。

 

受講料は1時間3,500円から

 

受講料は
1時間3,500円〜

となっています。

 

 

他には
入塾金10,000円、
教材費(実費)以外は
かかりません!

 

☆10~3月期のみ、
暖房代として月2,000円頂戴いたします。

 

 

お問合わせはこちら!

 

[contact-form-7 404 "Not Found"]

なお、
小中学生・高校生部門も含めた
理数教室ゆうの詳細はこちらを
ご覧ください。

http://nomad-edu.main.jp/www.school-edu.net/archives/2660

 

ではまた!

 

「文章、ぜんぜん書けない…」「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、【フジモトのカクロン】メルマガです。

文章アドバイザー・藤本研一が365日毎日【無料】朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

はじめての方はこちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください