つらくても「もうひと頑張りできるかどうか」で全ては決まる!触発を受けることを大切に!

今回のポイント
つらくても
「もうひと頑張りできるかどうか」で
勝負は決まる!
継続するためには「触発」を大事にしよう!

 

10回の腹筋。一番効果があるのは何回目?

 

 

「腹筋を10回する時、
 一番筋肉がつくのは何回目か」

こういう話を聞いたことがあります。

 

腹筋を10回する時、
一番筋肉がつくのって、
いったい何回目でしょうか?

 

 

映画俳優でもあり
州知事も務めた
アーノルド・シュワルツェネッガーは

 「12回目だ」

と言ったといいます。

 

 

 

このエピソード、
かなりインパクトがあったので
いまだに覚えています。

 

(反則のような答え方なので…)

 

 

「追加してどれだけできるか」で勝負が決まる!

 

 

腹筋を10回やる。

それだけではなく
「あと2回」意識して多く行う。

 

これをやるかどうかで
長期的には大きな差がでてくるのですね。

 

 

似たような話は
いくつもあります。

 

マーケティングや営業の世界で
「神様」といわれる人物に
ブライアン・トレーシーがいます。

「セールスに限界はない!」
という通り、

世界中のセールスパーソンの
販売形式を一変させるほど、
セールスや営業の世界に影響を与えた人物です。

 

ブライアン・トレーシーは
こう書いています。

「契約がとれそうにないと思っても、
あきらめないでもう一度努力しよう。
(…)
私は若い頃、最高の契約は
どういうときにとれるかを学んだ。

最高の契約がとれるのはいつも、
長く感じていた日の終わり、
その日歩いたなかでいちばん長い通りの
いちばん端で、
最後に電話をかけた相手だった。

大きな契約はもうひと頑張りした
先に待っているのだと、
何度も実感させられている」
(『ブライアン・トレーシーが教える
最強の営業』Kindle版No.530-535)

 

 

こういうのを読んでいると、
「結局は忍耐強く取り組めるかどうか」
が大事なのだと気づきます。

 

365日の更新、ブログ5年目、メルマガ4年目、Youtube動画2年目!

 

卑近な話になりますが、

 

私はブログの365日まいにちの更新を
つづけて5年目となっています。

 

メルマガも4年目、
Youtube動画のまいにち投稿も
2年目です。

 

 

 

続けていると、
嫌になることが
なんどもあります。

 

それでも、
「もうひと頑張りするかどうか」で
結果は違ってくることを実感しています。

 

 

今回のポイント

 

つらくても
「もうひと頑張りできるかどうか」で
勝負は決まる!
継続するためには「触発」を大事にしよう! 

 

忍耐強く取り組むために必要なこと。

 

結局は
忍耐強く最後まで行えるかどうか。

 

 

何事もこれで決まります。

 

 

仕事はもちろん、
勉強にも当てはまります。

 

大学院進学にむけての学習はもちろん、
進学後の学習も
結局は「忍耐強く取り組めるかどうか」に
かかってくるのです。

 

(大学院は大学の学部以上に
中退率が高いことは
知っておくべき事実でしょう)

 

 

「忍耐強く取り組む」ために
必要なものがあります。

 

 

それが「触発を受ける」ことです。

 

正直、
腹筋をしたり、
「あと1回営業電話をし」たり、
毎日ブログを書いたりするのって
ホントツライです。

 

 

それでも、この状態を乗り越え、
継続していかなければ結果なんて出ないでしょう。

 

 

続けるためには
「触発」が必要なのです。

 

 

例えば何かのセミナーや勉強会に出たり、
研修を受けたり、

あるいは同じく
毎日ブログをしていたりする人の記事を読んだりして

「ああ、自分ももうちょっと
続けてみよう!」

と触発を受けるのが必要なのですね。

 

 

 

先日まで東京で3日間のセミナーを受けてきましたが、
研修内容だけではなく
「触発」も受けることができ、
有意義だったなと思っています。

 

 

「触発」という点では
私が毎日やっているブログやメルマガ・Youtubeも、

「フジモトもやっているから
自分もちょっとやってみようかな」

と触発を受ける機会として
活用いただければ幸いです。

 

メルマガはこちらから登録可能です↓(無料です)

…ということで今日もよろしくおねがいします。

 

ではまた!

 


☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください