やる気が無いときは、「元ネタ」のある書類作成から始めよう!

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

今日のポイント
作るべき書類が「ゼロ」から作るものと
「元ネタ」から作るものとがある場合、
まずは「元ネタ」がある方から作っていく!

 

何もやる気がしないとき。

締切が近いのに、
なぜか気乗りがしないとき。

 

そんなときって、
ありませんか?

 

特に北海道では
地震&停電で先週の仕事が遅れた分、
バタバタしている人の中で
こういう思いになっている人も
いるかもしれません。

 

私は先週の商工会議所の講座や
企業研修を振替する関係上、
今週はバタバタです。

 

でも、そんな時にも
気乗りしないときってあるものです。

 

 

そんなとき、
私が優先して行っている仕事があります。

それが
「レジュメ」づくりです。

 

ちょうど今週金曜日に
【札幌駅前ドラッカー読書会】を
実施します。

☆詳細・申込みはこちら!

ドラッカー『チェンジリーダーの条件』Part2読書会レジュメ

2018.08.28

 

ドラッカー読書会では
毎回私が作ったレジュメを配布しています。

 

このレジュメも、
おかげさまで評判が高いです。

 

このレジュメでは
ドラッカーの本のうち
重要な部分を整理しています。

 

まとめるなかで
私自身
「ドラッカーはこういうことを言っていたんだ!」
と発見があります。

 

このレジュメづくりですが、
すでにある書物の内容を
まとめるという単純な作業なんです。

 

ふだんの企業研修の資料づくりや
小論文対策講座で使用する資料は
それこそ「ゼロ」から作らないといけません。

 

また、いまお読みくださっている
ブログ&メルマガの記事も、
毎回「ゼロ」から作らないといけません。

 

ゼロから作るのって、
けっこう気持ちがしんどいんです。

 

でも、レジュメづくりは
ドラッカーの本という「元ネタ」を
整理するだけなので
わりと気持ちがラクなんです。

 

レジュメづくりのように
「元ネタ」を整理するタイプの資料づくりを行っていると、
不思議とやる気も高まってくるんです。

 

それこそ「ゼロ」から作らないといけない資料作りも
やる気が湧いてくるのです。

 

 

「ゼロ」から作るべき書類も、
「元ネタ」から作るべき書類をつくるなかで
やる気が高まってくるのです。

 

今日のポイントです。

・・・・・・・・・・・・・・・・
作るべき書類が「ゼロ」から作るものと
「元ネタ」から作るものとがある場合、
まずは「元ネタ」がある方から作っていく!
・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

「ゼロ」から何か書類を作るのって
本当に大変です。

だからこそ、そんなときは
「元ネタ」から作れる書類をまず
作成していくほうがよいのです。

 

私の場合、レジュメづくりが
「元ネタ」から作る書類になりますが、
人によっては様々あるはずです。

 

請求書の「型」に、
名前と日付を変えて作成する書類もありますし、
日報・月報のように
フォーマットがほぼ同じ書類もあります。

 

どうしても気乗りしない時は
意識的に「元ネタ」から作れる書類を
優先してみるといいですね!

 

うんうんと唸って
「ゼロ」から作るべき書類に手をかけるよりも、
「元ネタ」から作れる書類を先に手がけるほうが
所要時間が短くて済むのです。

 

その証拠に、
今回の記事も
「ドラッカー読書会」のレジュメ作り中に
書くネタが見つかったのですぐ書き終わりました。

 

これをパソコンの前で
「どうしよう・・・。
    今日の記事、何を書こう・・・」
と思っていたら
数時間経っても記事が仕上がっていなかったことでしょう。

 

ぜひ気乗りしない時は
「元ネタ」のある書類作成から
始めてみてくださいね!

ではまた!

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

「文章、ぜんぜん書けない…」

「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、
キャリアアップ文章アドバイザー・
藤本研一がお届けする2つのメルマガです!

毎日届く
キャリアアップ文章アドバイザー・
藤本研一の書く技術か、

7日間限定の
7日間で文章の基礎が学べる
特別無料メルマガ講座か。

あなたはどちらを購読しますか?
あるいは両方 購読しますか?

どちらも【無料】
朝8:00にお届けします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


eighteen + 18 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください